MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
パーフェクト & ワンダフル 08:23

かつて庶民にとって、海外旅行は憧れであり、高嶺の花だった。
トリスを飲んで、ハワイに行こう!というコピーに私の親世代は夢を托したのだ。
太平洋は果てしなく広く、大西洋は遥か彼方だった。
未知の世界は地球の裏側から宇宙まで広がっていた。
アポロ11号が月に到着したその頃に私は生まれた。
地球上には広大な知られざる場所があり、冒険家達が地図無き場所に踏み込んでいった。
そこには見たことも無い世界があるはずだった。
少年達は冒険小説に胸躍らせた最後の時代だったのかもしれない。
地球に未知のエリアが無くなってゆくにしたがって、私たちの生活に空想の入り込む余地はなくなってしまったのだろうか。
今や宇宙まで神秘の世界ではなくなりつつある。
かつての少年達が胸躍らせ夢見た冒険旅行は今やちっぽけなコンピューターゲームになって現代っ子の両手に収まっている。

写真は先日、世田谷公園のフリーマーケットで見つけたトレイである。
かつての「憧れのアメリカ」からやってきた「お土産品」であろう。
「お土産品」がお土産品として機能した時代のお土産品である。
つまりこのトレイで「ラス・ヴェガス行ったんだって! お土産? わあ素敵、嬉しいわぁ」なんてやり取りが成立した時代である。
海外はあまりに遠く、ラス・ヴェガスはほとんど空想の都市だった。
もっとも、このトレイ「MADE IN JAPAN」なのである(笑)

懐かしく、楽天的にしてヴィヴィッドな色合い。
「ファビュラスなラス・ヴェガス」のホテル名を並べただけのチープで素晴らしすぎるパターン。
こんなにカラフルなのに、たったの5色しか使われていないんだ。
このままシャツに仕立てたいくらいだ。
考えただけでわくわくする。
きっとパーフェクトでワンダフルなアロハシャツが出来ることだろう。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| SHOPPING | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
エコエコエコエコ 22:15

誰かが言います。

エコ家電に買い替えましょう。
エコカーに乗り替えましょう。

エコって一体何なのでしょう。
私は、物を大事にするとか、資源を有効に活用するとか、使える物をゴミにしないとかそういうことかと思ってました。
この考えは違っていのでしょうか?
買い替える事による環境へのメリットもきっとあるのでしょう。
でも結果として、使える物を棄てるってことを国を挙げて推奨するってのはどうなんでしょう。
なんだか世の中でいわれる、エコ、eco、の多くがウルサく思えてくるのです。
だって結局、あれ買えこれ買えってことなんでしょ。

今使ってるものがあるのに、それらはまだぜんぜん使えるのに。
それを棄てて新しいのを買いましょうとか、少しですが援助してあげますからとか、言うんですもの。
ほらこっちの新しい方が格好良いでしょう、すぐに買っちゃいましょうよって、誘うんです。
あげくに、いつまでに買わないと駄目だからね、なんて言われても。

こっちも定額給付金なんてもらっちゃってるてまえ、その分を足しにして買っちゃおっかなんて思ったりして。
いや思わされちゃったりして。
地デジには2011年までに対応してね、とかそんなこんなが重なってるのはどうしてなんだろう?
世の中じつに上手く出来ている。
いや、上手く出来過ぎてやしませんか?

これじゃとても物を大事にするなんてことを子供には教えられないな。
親が使えるもの棄ててるんだから。
モノを大事にしようね、なんて言ったところで、おトーさんだってあんなにいっぱいあるのに買うじゃん!とか言われたら反論の余地ないな。
って、レコードのこと?
スイマセン…(笑)

あ〜あ。

とかなんとかいいながら地デジ対応液晶テレビを買ってしまった私。
ポイントで電子レンジも新調してしまった私。
次はデジカメだね、なんて勢いついちゃってる私。

でもやっぱうれしい(笑)
これでこそ現代資本主義社会の一員ってもんだ。
ハハ。



JUGEMテーマ:つぶやき。
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| SHOPPING | comments(4) | trackbacks(10) | posted by mono-mono
見た目で選んで何がワルい! 00:37

はじめての酒屋に入る楽しみは見たことのない焼酎に出会う楽しみだ。
ぐるっと並んだラベルを見回して、これはと思う1本を選ぶ。
これこそが未知との遭遇(笑)
いつものお店、いつもの焼酎という安心感はもちろん良いものだが、新しい出会いだって必要なのだ。
これと決めた銘柄と一生をともにする覚悟でつきあうのも良いだろう。
いろいろ探していろいろ試すのも良いだろう。
いずれにしろ楽しみ方は人それぞれ。
絞り込むもよし、あれこれ試すもよし。
人生いろいろってことだね。

ウ〜ンこれよこれ、なんつってお気に入りの銘柄をいつものように味わうのも格別だ。
勝手知ったるわが家みたいなもの。
でも時には新たな出会いが欲しいんだ。
人の家に行っての発見。
気付き。
刺激的な出会い。
ときに最悪のハプニング。
失敗だって成功だって、いろいろあっていいじゃない。

どんな香り?
どんなノドごし?
味わいは?
端麗?
濃厚?

これは私なりのやり方なんだ。
何かを求め続ける方法なんだ。
1つの銘柄にこだわることが「何も求めていない」というつもりはまったく無い。
定点観測。
掘り下げることで見えてくることもたくさんあることだろう。

結局のところどれもが己を知るに至る道筋ということ。
急ぐもよし、遠廻りするもよし。
自分のやり方でつらつらいきましょう。

たかが1本の焼酎。
されど1本の焼酎なんだなも。





JUGEMテーマ:焼酎


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| SHOPPING | comments(2) | trackbacks(2) | posted by mono-mono
烏賊 09:55

私はイカが好きだ。
焼いても刺身でもスルメでもさきいかでも好きだ。
足も好きだし、身も好きだし、ワタを使った塩辛なんてのも素晴らしい。
ご飯のお供によし、おやつによし、肴によしと完璧である。

レコード鑑賞のお供にだってぴったりだ。
ジャズによし、ロックによし、ブルースによし。
シティポップにもデキシーランドにも良く合う(と思う:笑)。
寒い夜、ちょいと炙ったスルメと音楽を肴に焼酎を一杯、二杯。
これが良い。

久しぶりに代官山の手拭屋さんを覗いたらこんな烏賊柄の手拭いがあるではないか。
素敵♥(笑)
イカ柄とは!
やられた。

紺地に白のドットも頂いた。
これは豆絞りといってよいのかな?
丸の、均一じゃないちょっとよれった具合が魅力。

「ところでこのお店なんていうの?へのぬ?」と聞いたら妻に笑われた。
「かまわぬ、よ。今まで知らなかったの?」だって。
そうです、何度も来てるのに今まで知らなかったのです。
すいません。

でもこれは読めないでしょ、普通。


JUGEMテーマ:アート・デザイン


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| SHOPPING | comments(4) | trackbacks(2) | posted by mono-mono
モダン・リヴィング(笑) 22:18

うちのリヴィングルームの一番大きな窓にカーテンがついた。
ここに住んで5年半だったか。
今までうちのリヴィングにはカーテンが1枚もなかったんだ。

これを見た娘の第一声が「雰囲気すいぶん変わるねェ」だった。
小1のくせに(笑)
でも確かに相当変わったね。
だってこの柄だもん。
存在感抜群。

このカーテンはIKEA製。
先日、港北店で購入しました。
ウチからだと田園調布駅前からの無料シャトルバスがとっても便利。
第三京浜使ってビューっと30分。
これはこの辺の方、利用しなきゃ損っすよ、マジで。
休日のシャトルバスは40分に1本くらいだったかな。

その他、普段使いのIKEA製グラスが割れて減ってきたんでそれを補充するという大きな目的があったのですが、同じ色が無かった。
残念。
廃版なのか、品切れだったのか。
仕方なく別の色で補充しましたが。
かねてからの懸案事項のポスターフレームってのもその場で思い出したもののサイズが分からず涙。
ちゃんと欲しいモノ考えといて行こうよ、自分(笑)

しかしカーテン他布地も充実のIKEAっす。
相当バリエーションありで楽しいですよ。
あれはどうだ、いやこっちが良いって迷いに迷ってこの柄になったのですが、駄目元でいける価格設定は助かりますよ。
徹底的に合理的なIKEAでは布は量り売り!
そんな売り方があるなんて、ビックリです(笑)


そしてレジまわりのどこか空港のような風情とか、広大な家具のストックヤードとか、数えきれないくらいのカートが並ぶ景色とか、もうその眺めだけでも嬉しくなります。

次回こそ大判のポスターフレームを買いたいっす。
是非!!



持田香織とSAKEROCK - 雨のワルツ



モッチーったらこんなソロとはにくいね。
っていうか、SAKEROCKったらこんなメジャーな展開!
やるねェ(笑)
しかし聴けば聴く程に良い曲だ。



JUGEMテーマ:アート・デザイン


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| SHOPPING | comments(8) | trackbacks(5) | posted by mono-mono
<< | 2/6 | >>