MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
震えるほどの激レア盤! 09:38

さくさくと棚のレコードを次から次へとチェックしていく手が思わず止まる。

  オオ! こ、これは!!

レコード屋さんに通いつめるようなモノ好きな人にならこの気持ちは分かっていただけるのではないか。
探し求めてやっと出会った1枚。
信じられないような値段で掘り出したあの1枚などなど。
それぞれに基準は違えども、やったね、というレコードとの出会いがあるから今日も中古屋さんに向かうではないでしょうか。
今日はどんなレコードと出会うことができるのかと期待に胸を膨らませて(笑)

手にしたレコードが、見覚えのある、いや、見覚えがあるなんてものじゃない、夢にまで見たジャケットではないか!なんてわなわなしてしまうような出会いがいままでに何度あったことでしょうか。
そんなのブツとの出会いはそうあるものではありませんがそんなことがあったらもう病み付きですよね。

私の好きな作家、村上春樹氏はジャズのレコードコレクターとしても、オーディオ好きとしても有名です。
「ひとつ、村上さんでやってみるか」の中で、読者からの「燃え立つ瞬間ってどんなときですか?」という質問にこんな風に答えています。

  このあいだチャーリー・マリアーノというジャズ・プレーヤー(秋吉敏子さんの前夫)の
  ”A Jazz Portrait of Charlie Mariano”というちょっと珍しいレコード(Regna)を25
  ドルで手に入れました。ぴかぴかのオリジナルでこの値段は法外に安いんです。これは
  けっこう嬉しかったですね。

なにせ、燃え立つ瞬間って質問に対する答えですから、クールを装う彼の言葉の端々から嬉しさが覗いている感じがしませんか?
この燃え立つ瞬間こそが「コレクター冥利に尽きる」ってヤツではないでしょうか。

この村上さん、作家として有名になる前にはジャズ喫茶のマスターだったことがあるのをご存知でしょうか?
当時のジャズ系の雑誌にもインタビューされたり広告を出したり、それなりに知られたお店だったらしいのです。
国立ではじめて、千駄ヶ谷に移転したとか。
「誰がジャズを殺したか」と題されたエッセイではその頃のことをこう語っています。

  僕は大学を出てから7年ばかりジャズ喫茶のようなものを経営していたので、その頃はほと
  んど朝から晩までジャズを聴いていた。もともと少しでも長い時間ジャズを聴きたくてその
  商売を始めたようなものだから、忙しくても仕事がきつくても、その当時はぜんぜん苦痛で
  はなかった。そこにジャズが鳴っていればそれでよかった。

彼の音楽好きはファンならずとも有名だと思いますが、このようなお店をやっていたことは今となってはあまり知られていないかもしれません。
80年代半ば頃(?)には作家活動に専念するためにお店は閉じてしまったらしいので私は行ったことはありません。
私が大学入学とともに上京したのは90年代ですから。


  専業作家になるために店をやめてからは、その反動で、一時期ほとんどと言っていいくらい
  ジャズを聴かなくなってしまった。(中略)しばらくはもうジャズのことはいいや、という
  のが正直な気持ちだった。店で使っていたレコードは3分の2くらいそのまま持ってきたの
  だが…。(後略)

ジャズから離れたくなった気持ちは分かる気がしますが、レコードを3分の1は処分してしまったのですねェ。
もったいない。
今やジャズ熱も復活してせっせと蒐集活動に励んでいる氏にも山も谷もあるということですね。
ちなみにお店時代に使っていたJBLのバックロードは今も大事にお使いだそうです。
リスニングルームの写真を見ると、D130のあたまがへこんでいるんですよね(笑)

ご紹介の写真は、村上氏がフェイバリット・ミュージシャンに挙げているスタン・ゲッツの1枚でございます。
なにせ村上さんは「私にとってスタン・ゲッツこそが ”ザ・ジャズ” である」といいきるくらいゲッツのファンなんです。

しかしこれをお読みのレコードコレクターの方々は「???」と思いでしょう。
「GETZ AU GO GO」なんてゲッツの中では比較的マイナー盤ではあっても珍しいものじゃないし、ジャケもぜんぜんきれいじゃないし。
今回のタイトルは「震えるほどの激レア盤!」にしてますからね。


このレコードは見開きになっていて、ゲッツ、アストラッドとともにライブをやっているジョビンが写っていますが、彼はレコードではギター弾いておりません。
ずるい!って思いません?
実は意外や意外、ケニー・バレルがギターなんですよね。
ケニー・バレルのガットギターのプレイは初めて聴きましたが、そつなくまとめてますね(なんて偉そうで分かったようこと言う私:笑)。
ゲイリー・バートンのヴァイブも入って気持ち良さ倍増ですし。
しかし、ボサ・ノヴァを吹いているゲッツってのも好きだなァ。
フワーと暖かい、ヴェルヴェットのような音色がじつにスムースで気持ちいい。
アストラッドはアストラッドでいつものように可憐です(笑)

ところでこの内ジャケの左上になにかありますね。
なんだろ?
拡大してみようっと。


なにやら、猫のスタンプが押されています。
PETER CAT と書いてありますね。

これ、ご存知ですか?
本日の「震えるほどの激レア盤!」とはこのスタンプがあるからなんですよ。

  レコード屋さんで見つけた自分を誉めてあげたい!(笑)

なぜなら、村上春樹氏のやっていたジャズ喫茶は「PETER CAT」。
これこそ、そのお店からの流出ものなんですから。
おそらく彼がお店を閉じた際に処分したモノではないか。
それから約20年の歳月と何人かの手を経て、今ここにやってきた!
しかも、スタン・ゲッツ盤ってのがファン冥利につきるお宝です。
いやァ、ほんと文字通り手に取って震えましたよ。
何せ「PETER CAT」印の「GETZ AU GO GO」は世界に1枚。
凄いもの見つけたもんだ。
これがたったの500円。
おそらくオリジナル盤だと思うのです。
若干のキズアリとはいえ、そもそも安すぎでしょう。
まあ、こんなスタンプが押されてるので、レコード屋さん的にはマイナス評価になるのでしょうけれど。
ウシシ、知らぬが仏ってものです(笑)

このレコードは彼のサイン本とともに家宝として大切にしていきましょう。
何せ、「猫好き・ジャズ好き・ゲッツ好き」の村上春樹的三拍子揃ったお宝ですからね!!


同じく、PETER CATスタンプを紹介なさっているブログを発見!
http://cxbussan.exblog.jp/4139009
こちらは15年前に見つけたそうです。


さーて、今日からゴールデンウィークだッ!
な〜にしよっかナァ。
ってチビ達に振り回されて何もできないんだけど(笑)
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(14) | trackbacks(59) | posted by mono-mono
「ひとつ、村上さんでやってみるか」問題 00:42
これってサッカーチーム!
村上春樹氏の新刊「ひとつ、村上さんでやってみるか」というのが出ている。
これは、期間限定のウェブサイトを窓口にした、読者とのメールのやり取りをまとめたシリーズ第3弾。

村上春樹ファンからすれば、ウェブサイトから直接本人とやり取りできるチャンスだし、幸運なファンは自分のメールが本になってしまうという幸運が待っている(かも?)。
村上春樹嫌いからすれば、なんだよこんなテキトーな内容で稼ぎやがってチェッ、というべき薄っぺらな本(かな?)。

かくいう私からしても、正直、村上サンは上手いことやるなァ、と思いながらも買ってるし(笑)
活字中毒気味な人間には暇つぶし(?)にはもってこいな1冊、ということにしておきましょう。
いや、ほんとどうでも良い内容で、決して人には薦めませんよ。
実際私、第2弾は買わなかったのですが、今回は時間をつぶさなければいけないようなしょうもない仕事があったものでつい買ってしまいました。
値段も1,400円と実に微妙な(巧妙な?)設定。

ウ〜ン、どこまでも上手いゾ!

読者メールとそれに対する村上氏のコメントから出来ている本なので、短いスパンで区切りが入りそれゆえ時間つぶすにはもってこい、週刊誌感覚でパラパラと読めるのがいいですね。
はじめからでも、見出しが気になったところからでも、読み方もご自由にどうぞ。

私が村上氏の軽い読み物で気になる話題といえば、オーディオか音楽の話。
ささっと拾い読みしても、いくつか出てきたのがレコードハントの話。
このウェブサイトが開設されていた2006年3〜6月のあいだ、彼はアメリカのケンブリッジに滞在していたということで、
  チャーリー・マリアーノの「A Portrait of Charlie Mariano」を
  25ドルで入手した
とか
  ベヴァリー・ケニーの「Sings for Playboys」のオリジナルのきれいな盤が
  5ドルだった
なんてどこまでほんと? なんて羨ましい話題がちらほら出てきます。

村上氏はこういいます。

  僕はお金さえだせば好きなものが買えるという風潮があまり好きではありま
  せん。どんなに珍しいものでも5,000円以上だすことはほとんどありません
  (年に2回くらい)。
      〜中略〜
  お金よりは身体をこまめに動かしてレコードを集めたいと思っています。

ほんとか? と突っ込みたい気持ちは取り敢えず置いといて、なかなかこんな台詞いえるものではないですよね。
いまだに暇さえあればレコード屋を巡る彼らしい発言ではないでしょうか。
お金もなければ、レコード屋を巡る時間もどんどん無くなりつつある私にはかなり羨ましい。
まあ、大金持ちの余裕の発言ともとれますが(むしろそっちか? だいたい、欲しいのは買い尽くしてるんだろ、なんて)。
最後に、こんなエピソードで。

  このあいだ「デイブ・ブルーベック・アット・ストーリーヴィル(Fantasy 
  10inch)」のオリジナル盤をたったの5ドルでみつけまして、
  盤質は汚かったんだけど、あまりに安いので「まあいいか」と買ってきて、
  ためしに毎日ごしごしと心を込めて磨いていたら、思いがけずきれいになって、
  ほとんどスクラッチなしできけるようになりました。

いい話ではないですか?

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(1) | trackbacks(2) | posted by mono-mono
「村上春樹」のサイン本 11:16

いやいや気が付けば今年もおわりですね。
私は昨日、仕事納めとともに「レコード買い納め」をしてまいりました(笑)。
今はその1枚「バド・シャンク・カルテット」のモノ盤聴いております。
さすがのウェスト・コースター、からっとしたトーンのアルトが実に清々しいですな。
小淵沢みやげのコーヒーのほろ苦さと良くあいます。
まさに至福の時間でございます。

続いては、デューク・エリントンの「ELLINGTON INDIGOS」。
6つ目のモノ盤でございます。
B面ラストの「TENDERLY」が実に素晴らしい。
ジミー・ハミルトンのクラリネットが静かにしずかに唄います。
それをそっと支えるエリントンさんのタッチがまたニクイ。
グッときます。
思わずニヤリとしてしまいます。
もっともこれは皆が寝静まった夜に一人じっくり聴きたい雰囲気ですね。

そうそう今回は村上春樹氏の話をするつもりなのでした。

以前の仕事場のとなりには彼の事務所がありまして、結構な頻度でお見かけしていたんです。
そこは都心の一等地に立つとても素敵なマンションです。
散歩帰り風だったり、ご夫婦での買い物帰り風だったり、ジョギングに出掛ける姿も見たことがありました。
もちろん、私はかなりなファンを自認しておりますので「サインほしいな」と思いながらすれ違っていました。
でも、なにしろエッセイなど読みますと「声をかけてほしくない」とか、「そっとしていてくれ」とか、直接的にではないまでも、そのようなことを書いていますので、

 スイマセン。ファンなんです。サイン下さい!!

なんてとてもいえませんよね。
もちろんこんなこと、他の有名人にもほとんどいったことないですが。
つまり、そんなすれ違いの(?)日々を過ごしていたんです(笑)

そういえばうちの妻とブルックスブラザースにいったら村上さん夫婦がいたこともありました。
妻は春樹氏に扉おさえてもらって喜んでおりました。

ではなぜ、この写真のサイン本があるのか?

これまた奇跡的な話なんですが、忘れもしません、明治公園のフリマでこのハードカバーを手に取ったら、

 「それサイン本ですよ」

ナンて言うじゃないですか!!
びっくりしてしまいましたよ。
しかもプレミアなしの中古値段。
ありがとうございました。
今時こんな話ってあり得るのかな?

それでは また来年。 良いお年をっ!!
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
<< | 2/2 |