MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
まったく新しい MONO-CLEANER 2.0 新発売 09:29

まったく新しい MONO-CLEANER 2.0 を使う前にお願いがあります。
あなたの大好きなレコードを、最初はクリーニングせずに聴いてほしいのです。
大好きなレコードに針をおろせば、大好きなメロディがいつものように流れることでしょう。

スピーカーから聴こえてくる、いつもどおりのその音をしっかり記憶してください。

それから、MONO-CLEANER 2.0 でレコードをクリーニングしてください。
「A」「B」、2種類のクリーナーを使ってしっかりと。
その後で、再び大好きなレコードを聴いてみてください。
目をつぶって、クリーニング前に記憶した音を思い出しながら、じっと耳を傾けてみてください。

きっと、あなたに笑顔が浮かぶことでしょう。
大好きなレコードとの新たな出会いに、あなたは驚くことでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


今から4年前、2008年に レコードクリーナーの MONO-CLEANER は発売されました。
オーディオ誌などに派手な宣伝をすることはありませんでした。
しかし、そのクリーニング効果を知ったレコード愛好家の間でじわじわと MONO-CLEANER の噂は広まりました。
その結果、オーディオアクセサリー界において「一つの事件」とまでいわれるほどのインパクトを与えることになりました。
そして今や、世界中のレコード愛好家に圧倒的な支持を頂く商品に成長しました。
その MONO-CLEANER がこのたび MONO-CLEANER 2.0 として再デビューすることになりました。

今度の MONO-CLEANER 2.0 は、アルコール・フリーです。
アルコール・フリーなクリーナーの実現により、どなたにでも安心してお使いいただける MONO-CLEANER 2.0 が誕生しました。
アルコール・フリー化は、さらに良い結果をもたらしました。
低価格の実現です。
安心してお使いいただけてその上低価格。
まさにレコード愛好家必携の MONO-CLEANER 2.0 と言えるのではないでしょうか。

アルコール・フリー、圧倒的なクリーニング性能の向上はもちろん、ボトルや意匠も徹底的に見直しました。
美しいクリスタルボトルはあなたのレコードライフに豊かな表情をもたらします。
そして、スプレーキャップの採用により使用感も格段に向上しました。
これが、まったく新しい MONO-CLEANER 2.0 です。
「革命的」なまでの進化を遂げた MONO-CLEANER 2.0 の登場です。


MONO-CLEANER 2.0 は、「A」「B」2種類のクリーナーで構成されています。
2種類のクリーナーでレコードを洗浄することにより最上の効果を発揮します。
「A」のクリーニング液で、雑音をもたらす汚れを浮かし落とします。
それから「B」の仕上水を使用することで、「A」で落ときれない微細な雑音成分を徹底的に除去します。
「A」のみの使用でも一定のクリーニング効果はありますが、「A」「B」2種類のクリーナーで洗浄することで初めて本来のクリーニング効果を発揮します。
まったく新しい MONO-CLEANER 2.0 を体験してみてください。
もしあなたが、MONO-CLEANER を知らないとしたら尚更です。

冒頭に掲げた、MONO-CLEANER 2.0 の効果を実感していただくためのお願いを実行してみてください。
あなたは、大好きなレコードとの新たな出会いに、きっと驚くことでしょう。



JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(8) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
JAZZ Sampler by MONO-RECORDS 10:34


モノ・レコーズがジャズ・コンピレーションをリリース、ということで遊んでみました。
画像をクリックするとジャケットデザインをご覧頂けます。
よろしければどうぞ。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
ボスの肖像 09:52

(画像をクリックすると大きなイメージをご覧頂けます)

ブルース・スプリングスティーンが苦手だ。
苦手だった、といったほうが正確かもしれない。
少なくともいまは、かつてのような苦手意識はなくなった、と思う。
しかしまだ、好きとは言い難い。
なんだか歯切れが悪い。
自分でもよく分かる。
私は、ブルース・スプリングスティーンを理解したいと思っている。
好きになりたいと思っている。
しかし、私はまだブルース・スプリングスティーンのファンではない。

ブルース・スプリングスティーンを素直に好きといえないのには理由がある。
出会ったときのが印象が悪すぎた。
大ヒット曲「ボーン・イン・ザ・USA」のイメージが強すぎるのだ。
この曲は、私が中学生の頃、84年にリリースされ大ヒットした。
キラキラしたキーボードによるリフ、明るいタイトなビートと彼のしゃがれ声が印象的だった。
この曲を私は、ミスター・アメリカによる高らかなアメリカ讃歌だと思って聴いた。
当時から十分にひねくれていた私には、鼻についた。
影のあるしゃがれ声と妙に明るいバックトラックに違和感を覚えた。
わざとらしいとすら感じた。
好きになれなかった。

この曲を聴くと喚起されるアメリカ讃歌のイメージは、誤解に基づいていることを後に知った。
歌われていたのは、アメリカの労働者が感じる社会への違和感だった。
「アメリカに生まれて最高!」としての「Born in the USA」ではなく、「こんなアメリカに俺は生まれたんだ」という叫びだった。
しかしこの曲は、私だけでなく、アメリカでも、世界中の人がそのように誤解していたようなのだ。
当時大統領選挙中だったロナルドレーガンは選挙のキャンぺーンソングに「ボーン・イン・ザ・USA」を使おうとした、というのだ。

高校生の頃通っていた輸入盤店のお兄さんがスプリングスティーンをずいぶん推していた。
「彼はほとんどパンクだぜ」と薦められたのを覚えている。
その言葉はピンと来なかったが、そのときはじめてスプリングスティーンの存在が気になった。
コアなロック好きである店員さんに「パンク」とまでいわしめる大メジャーなスプリングスティーン。
ちょっとした驚きだった。
スプリングスティーンの存在を少し見直したのだっだ。
しかし音楽を聴く気にはぜんぜんならなかった。

イギリス人作家ニック・ホーンビィが、音楽エッセイ集「ソングブック」でスプリングスティーンのサンダー・ロードを取り上げていた。
これも印象に残った。
ニック・ホーンビィは、映画化もされた小説「ハイ・フィデリティ」の作者だ。
趣味の良い品揃えのレコード店を経営する男が主人公の小説である。
主人公は物語の中でレコードについてこう語る。
「レコードの世界は、ぼくが住んでいる世界より、優しく、薄汚く、暴力的で、安らかで、彩りがあって、くだらなくて、危険で、ずっと愛にあふれている。歴史があり、地理があり、詩があり、そのほかにーーー音楽自体もふくめて、学校で学んでおくべきだったものが、数えきれないほどある」と。
つまり作者本人も相当なポップミュージック好きなのである。

おそらくぼくはサンダー・ロードを1,500回以上聴いてきた。25年として平均すると週に一回以上。きっとそんなもんだろう。

彼をそこまで惹き付けるのだ、気にならない訳が無い。
とはいえそれでもまだ、ブルース・スプリングスティーンだもんねえ、というのが正直な気持ちだった。

とどめは村上春樹だった。
オーディオ雑誌に連載した音楽エッセイをまとめた「意味がなければスイングはない」に「ブルース・スプリングスティーンと彼のアメリカ」という一遍がおさめられている。
それにより「ボーン・イン・ザ・USA」の誤解を知り、ブルース・スプリングスティーンの歌うアメリカとレイモンド・カーヴァーの描くワーキング・クラスの生活との共通性を知った。
村上春樹はこういう。

カーヴァーとスプリングスティーンはともに、80年代半ばから、それぞれに芸術的な転換を試みることになった。彼らがやろうと志したのは、一言でいえば、ワーキング・クラスの抱えた問題を、ワーキング・クラス固有の階層的問題としてではなく、より広範な、普遍的な問題として描くことだった。つまり時代的情景、階層的情景としての bleakness を世界的なパースペクティブの中で捉え、彼らの語る物語を、時代や階層を超えた「救済の物語」にまで昇華していくことだった。それはとりもなおさず自らを、人間的に、芸術的に、道義的に、もうひとつ上のステージに押し上げていくことでもあった。


スプリングスティーンが気になる、とか、スプリングスティーンを理解したい、などとぶつぶつ言っていたら妻は苦笑いしていた。
その苦笑いの意味するのは、スプリングスティーンを理解するもなにもないでしょう、でありまた、何いってんだか、であろう。
その気持ちはよく分かる。
私にもその気持ちがあったからだ。

私は図書館で、スプリングスティーンの四作目「闇に吠える街」を借りてきた。
このアルバムを聴き、ジャケットのスプリングスティーンを眺めていた。
このジャケット写真はモーテルの一室で撮られたのだろうか。
彼は少し疲れているように見える。
ここには、ミスター・アメリカ的、タフガイ的なスプリングスティーンはいない。

ふと彼のポートレイトを描いてみようと思いついた。
彼をもっと良く理解するために、何年も手にしていなかった絵筆を握り、彼を描いてみた。
頭に描いたイメージ通りにはいかなかったけれど、久しぶりにしては良い出来だと思った。
うん、悪くない。

このジャケットにはただの兄ちゃんとしてのスプリングスティーンが写っている。
そのありのままの姿をちらりとは捉えることができただろうか。
描くことで、等身大の彼にすこし近づけたような気がする。

次に聴きたいアルバムは「ザ・リバー」かな。


↓ ↓ 弾語りの初期デモヴァージョン ↓ ↓







JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
段ボールの活用法 11:09

レコードはかさばって重い。
その整理法の一つは段ボールを利用することである。
段ボールに詰めてきっちり閉じておけば重ねることが出来る。
重ねて積み上げれば垂直方向への収納が可能となり収納スペースは段ボール底面の面積で済む。
しかしこの方法の難点は聴きたいレコードを取り出すのにとてつもなく手間がかかることである。
日常的に聴くレコードの収納にはまったく向かない。
どの段ボールに何のレコードが入っているか、それもほとんどの場合分からなくなる。
その点で実用的な整理方法ではない。
つまりこの方法で整理されたレコードはデッドストックとなるのである。

レコードを入れた段ボールが最も活躍する場面は引越のときである。
ある場所からある場所へレコードを移動させなければならない。
重くかさばるレコードを段ボールがまとめてくれるのだ。
しかし一箱に入れるレコードを枚数が多ければ重くて運ぶのがつらいし、少なければ段ボールの数が果てしなく多くなってしまう。
どんな段ボールにレコードをつめるか、それが問題になる。
レコード専門店の専用段ボールを買うの簡単だ。
しかしレコードの数が多く、段ボールが数十個も必要ということなると買うことがためらわれる。
それでレコードが買える、と考えてしまうからだ。

ではどんな段ボールが引越のレコード移動に都合が良いか。
引越の予定はまったくないのだが、引越を繰り返して学んだことをまとめておこうと思う。
スーパーなどでもらえる段ボールでちょうど良いサイズは無いかと探し、試した結果である。
もっとも使用頻度の高い、LPサイズの段ボールについて、である。

いきなり結論からいうと、ペットボトル用の段ボールがちょうど良い。
なかでも「1.5リットル×8本」「2リットル×6本」用が良い。
どちらもLPの31センチに対して高さが数センチ足りないがそれはちょっとしたふた部分の加工で解決できる。
「1.5リットル×8本」のほうは幅が少し大きいがそれも問題になるほどではない。
余分なスペースに新聞紙などを詰めておけば中であばれなくなる。
もともとがペットボトル運搬用なので、ある程度の重量が想定されて段ボールが作られている。
レコード用引越用として完璧ではないか。

「1.5リットル×8本」「2リットル×6本」のどちらがより良いか。
「2リットル×6本」のほうがLPにジャストなサイズである。
また、奥行きが22センチ程度あるため7インチ盤の収納にも転用が可能である。
つまり、レコードを数多く所有しているものにとって「2リットル×6本」用はとても利便性が高い。
難点は、引越を前にして大量の段ボールを短期間に集めたい場合、「2リットル×6本」だけに絞ると集めにくくなることだ。
「2リットル×6本」の段ボールばかり集まるものではない。
また、コンビニなどで「ペットボトル2リットル×6本の段ボールをください」とお願いするのは私には勇気のいることだ。
お願いがマニアックすぎる(笑)。
なので「1.5リットル×8本」も集めるほうが効率が良い。
引越後、再びレコード棚におさめるものは「1.5リットル×8本」に入れ、段ボールストック用は「2リットル×6本」と区別して整理しても良いだろう。

わが家では「2リットル×6本」段ボールを7インチ盤用に加工して使っている。
自作のレコード棚の上に丁度6個収まる。
これは偶然である(笑)。
しかしペットボトルの段ボールをそのまま使っているとあまり美しくない。
スポーツドリンクやなんとか茶の箱が並ぶのだ。
なんとか良い方法は無いかと長年思っていたのだが、プリンタでラベルを作って貼ってみた。
それが今回の写真である。
中身がレコードかCDか、どんな音楽ジャンルかにチェック出来るようにした。
改良の余地がありそうだが、これはこれで悪くない。

これも「MONO-CLEANER」と一緒に売ろうかな(笑)。






JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
COLOR OF YOUR LIFE... MONO-RECORDS 10:58


ここのところ、こんなことばかりして遊んでます(笑)。





JUGEMテーマ:日々のくらし
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(2) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
<< | 2/13 | >>