MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
そこにJTがいない 13:46

私の聴く音楽の多くは、自分が生まれるより前やまだ幼かった頃に作られたレコードだ。
それらは30年40年以上前に録音された音楽である。
私は、そのころのレコードを聴いても古いとか懐かしいとかそんな風にはまったく思わない。
むしろ、現在のある種の音楽以上に刺激的だと思う。
レコードの「音」、つまりサウンドそのものも十分にヴィヴィッドなのである。
いまどきは、古いレコードの音を再現すべく録音に苦労しているミュージシャンも多いくらいなのだ。
私は古いレコードが大好きでたくさん聴く。

私が音楽を聴いていると、うちのチビ達が反応することがある。
カッコいいねと言ったり、踊り出したり、あのレコード聴かせてよと言ったりする。
古いレコードだけでなく、最近のCDにだってもちろん反応がある。
チビ達は、純粋に音楽にビビっと来た時に反応するのだ。
古い、新しい、という価値観とは無縁である。

キャリアの長いミュージシャンにはたくさんの作品がある。
20枚も30枚もリリースしていたりする。
そんな場合、古い作品を中心に集め、聴いていることが多い。
1枚目が良いよね、とか平気で言ったりそればかり聴いたりする。
最近の作品は後回しになり、それどころか聴く必要は無いくらいになっていたりする。
アーティスト自身が知ったらさぞ残念に思うだろう。
「現役なのに」と。

James Taylorのレコードを見つけた。
比較的新しい、といっても1988年リリースの「Never Die Young」である。
レコードからCDへと録音メディアが切り替わりつつある時代であるためか、はじめてレコードを見たように思う。
CDは持っていないし、いくつか知っている曲はあってもきちんとアルバムで聴いたことはなかった。
つまり作品としてこれを無視していた。
ジャケットも「知ってる」だけであった。
お恥ずかしい。

このレコード、オオカミのジャケットがどこかサウンドトラック風である。
おや、JTがいない。
過去の彼のレコードジャケットのほとんどには自分自身が登場している。
彼が格好良いから? とも思ったが、考えてみればソロアーティストの大半はそうである。
ではなぜこのアルバムでは彼が登場していないのか?
どうしてオオカミなのか?

アルバム内容と関係しているのかもしれないが、確かめていない(笑)






JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 13:46
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>