MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
この世に一冊しかない本 この世に一枚しかないレコード 10:22
川上弘美 サイン本
書籍は、単行本だろうと、文庫本だろうと、同じ作品であれば本の形態によって内容が変化することはない。
作家が表現した内容は原稿段階からなんら損なわれることなくそのまま本になる。
全ページコピーをとったものを読んでも、本の体裁が失われていても、読む人が受け取る情報は変わらない。
本を何度読んでも、破れたり物理的に擦り切れて文字が読めなくなったりしない限り、ずっと同じ内容である。
決して劣化しない。
1冊を何度でも読めるという、コストパフォーマンスの高さには驚くべきものがある。
本は何度でも楽しめる。

音楽の場合、少し事情が違う。
レコード、CD、あるいはデータなどにより作品として曲数や収録時間は同じでも、耳に届く「音」は異なる。
ビートルズの音楽がローリングストーンズになったりは決してしないが、収録メディアによって音の印象がずいぶん違ってくる。
音というより音質といったほうがよいか。

収録メディアによる音質の相違だけではない。
再生機器によっても音質はちがってくる。
同じCDを再生しても、パソコン、ミニコンポ、オーディオ装置で音質がちがってしまうのだ。
オーディオ装置の場合、CDプレイヤとアンプをつなぐケーブルによっても状況が変わる。
再生機器の電源のとりかたによっても音質はちがう、などといいだしてしまうと状況はさらにやっかいなことになる。

ここでいう音質の違いは一般的には誤差の範囲かもしれない。
一度聴き比べてみれば誰にでも分かる音の違いではあるが、そこまで求めないのが一般であろう。
しかし、ある種の人にとってそれらの違いはとてつもない差異なのである。
つまり、録音現場でのオリジナルから私たちの耳に届くまでの間にさまざまなハードルが横たわっている、ということだ。
レコードの場合、「聴くほどに擦り切れる」という風評があるが、きちんとした装置で再生する限りそのようなことは無いようだ。
ただし、SPの場合などはその限りではない。

書籍にしても、レコードやCDにしても、基本的には工業製品であるからすべての出来は均質であり、店頭に新品で並ぶものはすべて同じモノである。
手にして、読んだり聴いたり繰り返すうちに、折れたりちいさなキズがついたりする。
人から人の手に渡っていくこともある。
所有し、年月を経て、単なる工業製品だったものが、自分だけのかけがえのない「モノ」になっていく。
私は、この世に一冊しかない本とこの世に一枚しかないレコードをたくさん持っている。




JUGEMテーマ:読書
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BOOKS (AUTOGRAPHED) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:22
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>