MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
古書店にて 10:07

「なんだろう、あやしげな、ひび?」

古書店のおばちゃんは、私が差し出した本を手に取ってタイトルを読みあげた。
おばちゃんはカウンター越し、不思議そうにそう言った。
わざわざ声にまで出して。
お金を渡すと、裏表紙の値段を確認しながら、再び読み上げた。

「なんだろうあやしげなひび。ふうん」

おばちゃんにその本は、そうとうなインパクトを与えたらしい。
「で、いくらだっけ? ああそうそう200円のおつりね」だって。
今確認したばかりの値段すら意識から飛んでしまうくらい衝撃的なタイトルなのね(笑)。

「なんだろうあやしげな日々」の著者は、南陀楼綾繁と書いて、ナンダロウアヤシゲと読む。
彼のことを、知っている人は良く知っていて、知らない人はまったく知らないことだろう。
知っている人と知らない人の割合は、後者が圧倒することだろう。
南陀楼綾繁氏がなにしている人かといえば、ウィキペディアにはこう書かれている。


島根県出雲市出身の編集者、文筆家、蒐集家。本名は河上進。古書評論を得意とする。また、古書や本に関するイベント等を盛んに主催している。『季刊・本とコンピュータ』(トランスアート)誌の編集長をへて、現在はフリーの編集者。谷中、根津、千駄木の中心を通る「不忍通り」やそれに並行して走る小さな道には、個性的な新刊書店、古書店が多数存在していたことから、2005年「不忍ブックストリート」というプロジェクトを立ち上げ、現在、実行委員会・会員(他の会員は、往来堂書店、 古書ほうろう、オヨヨ書林、内澤旬子)。またそれと連動して、ブログ等で知合った市井の本好きたちが「ダンボール1箱」だけの本を持ち売り、古本として売るイベント「一箱古本市」も主催。


このペンネームの由来は、国立国会図書館に調べものにいき、昭和3年に刊行された「狂歌人名事典」の中でみつけたそうだ。
「いかめしく漢字が並んでいるのに、読み方を知ると脱力するというトコロが気に入って」この名前にしたのだそう。
南陀楼綾繁と書いて、ナンダロウアヤシゲ。
なるほど。

この本には、サインとともに著者をキャラクター化した「モクローくん」が直筆で描かれている。
このモクローくんを描いたのは、イラストルポライターの内澤旬子さん。
当時の奥様である。
いろいろ貴重な1冊である。

この本に引用されているこんな文章が印象に残った。
「幻の本」に出会った瞬間の心持ちである。


「有った! とうとう見付けた! 声にならない叫び! 金縛りとか、瘧(おこり)の症状とはこんな状態をいうのではないかと思った。突如体中に震えが来て、手を伸ばそうにも腕が動かない。震える手で支払いを済ませ、本を抱えて店を出たが、未だ足許がフラフラして、しゃがみ込んでしまいたいような気持ち」


こんな瞬間を私はまだ知らない。





JUGEMテーマ:気になる書籍
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BOOKS (AUTOGRAPHED) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:07
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>