MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ルディ・ヴァン・ゲルダー全仕事 17:10

ルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder, 1924年11月2日 - )は一般に音楽史上で最も重要なレコーディングエンジニアの一人と考えられており、古典的名盤といわれるものも含め、数百のセッションを録音したジャス史の影の伝説的人物である。

彼はジャズのレコーディングに今までになかったような明晰さを持ち込み、トランペッターのマイルス・デイヴィス、ピアニストのセロニアス・モンク、サックス奏者のウェイン・ショーターやジョン・コルトレーンといったジャズ界の偉人の作品を多く録音した。ゲルダーは多くのレコード会社と仕事をしたが、特にブルーノートと深い関係を持っていた。

ヴァン・ゲルダーの録音手法は、多くの場合、温かさと存在感のある音の仕上げを賛美されているが、この評価は全面的に共有されているわけではない。特に評論家は、ピアノの音が細く隠れがちなものになってしまうことに不満を表明している。評論家のリチャード・コックは、ヴァン・ゲルダーのピアノの録音手法は、しばしばピアニストの演奏と同じくらい独特のものであると書いている。

尚、彼はジャズだけでなく、1950年代から米VOX等のクラシックの録音も手がけていたが、このことは一般的には余り知られていない。


ウィキペディアで調べると「ルディ・ヴァン・ゲルダー」について、このように説明されている。
アメリカのジャズレコードを蒐集している人にとっては、演奏家以外での最重要人物のひとりであることは間違いないだろう。

ネットオークション「eBay」で高額落札された上位レコードを確認できる、「http://collectorsfrenzy.com/」というウェブサイトがある。
ここに登場するジャズレコードの多くはブルーノートレコードのタイトルであり、そのすべての録音はヴァン・ゲルダーが担当しているのである。

Lou Donaldson, "Lou takes off", BLP 1591, 47 west 63rd NYC, ear, RVG, rare, NM!

この一文は、5月12日に$408.99 USDで落札されたレコードのオークション出品タイトルである。
アルトサックス奏者Lou Donaldsonの「Lou takes off」というレコードである。
出品タイトル内の「RVG」という部分がヴァン・ゲルダーに関する記述である。

レコード盤の内周には音溝の刻まれていない無音部分がある。
そこにはレコード番号のみが刻まれている場合が多い。
ヴァン・ゲルダーがかかわったレコードには、彼のイニシャルあるいは名前が刻まれている。
彼は演奏の録音にかかわるだけでなく、レコードの原盤制作も行っているため、イニシャルの刻印はいわば品質保証なのである。
彼のイニシャルあるいは名前の刻印は、制作された時代によって手描きだったり活字だったりする。
オークションの出品タイトルは、このレコードには「RVG」と活字で刻印されている、という意味である。

ヴァン・ゲルダーのレコード会社とのつき合い方は独特である。
彼はフリーランスのレコーディングエンジニアなのだが、その仕事は特定のレーベルに集中している。
フリーランスでありながら、不特定多数のレコード会社とは仕事をしなかったようである。
50年代ならブルーノート、プレスティッジなどが中心であり、同時期の人気レコード会社のリバーサイドとはまったく仕事をしていないようである。
60年代になるとブルーノート、インパルス、ヴァーヴが中心で、プレスティッジの仕事は目立たなくなる。
70年代以降となると、インパルス、CTIといったところか。

特定のレコード会社と、とことん深くつき合うのが彼の流儀なのだろう。
コンセプトを共有できる少数の人とのみしか仕事はできない。
本人の姿を写真でみてみればいっぱつでどんな人なのかが伝わってくる。
彼はドイツからの移民であり、妥協を許さない職人といった、神経質そうな風貌である。
非常に気難しそうである。
もともとは検眼技師で、趣味がこうじてレコーディングエンジニアになった人物である。
ちなみにブルーノートレコードの創設者アルフレッド・ライオンも、ブルーノートレコードのジャケット写真の多くを手がけているフランシス・ウォルフもドイツからの移民である。
これは偶然なのだろうか?

今回入手したのは、CTIレコードのプロモーション盤である。

  JIM HALL / CONCIERTO (CTI 6060 S1)

チェット・ベイカー、ポール・デズモンドの参加が嬉しいレコードである。
もちろん録音はヴァン・ゲルダー。
全体の印象として、これぞ70年代ジャズといった趣の録音となっている。
「これぞ70年代ジャズ」と感じる、ベースの音などに顕著である。
オンマイク、あるいはピックアップからダイレクトに録音されているのだろうか。
楽器そのものの響きという感じがあまりしない。
そんな録音を私は実は少々苦手なのである(笑)。
演奏自体に耳を傾けてみれば、思いのほかオーソドックスなスタイルではあるが何しろ録音が「これぞ70年代ジャズ」なのだ。

ヴァン・ゲルダーが録音しカッティングまで手がけたレコードは一体どれくらいあるのだろう。
今も仕事は続けているのだろうか。
限られた特定のレコードレーベルとしか仕事をしなかったとはいえ、録音を担当したレコードの数は膨大である。
それらの仕事を網羅しまとめた書籍はいまのところ無いようである。
「ヴァン・ゲルダー全仕事」として1冊にまとまったなら、それなりに売れそうではないか。
「それなり」とはどれくらいの数だろう?

とはいえ、出版されたら私は買うのだろうか?(笑)。




JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 17:10
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








pink islandさん、遅くなりました。
すいません。

「ヴァンゲルダー決定盤101」!
そうでした、見かけたことあります。
確かに。
たぶん近所の図書館にはないだろうなあ、羨ましい。

「ドンセベスキーのザレイプオブエルマロ」
なんというタイトル、なんというジャケット!
このレコード、まったく知りませんでした。
posted by mono-mono | 2013/06/07 10:03 AM |
mono-monoさん、こんにちは。

たまに図書館で借りてくる本に、ヴァンゲルダー決定盤101という本があります。ヴァンゲルダーがかかわったいろいろなレコードが紹介されてます。

CTIといえば、ドンセベスキーのザレイプオブエルマロが好きです。溝にはVAN GELDERと彫られていますね。まあ、ジャケが好きなんですけど、へへへ。
posted by pink island | 2013/06/02 7:51 AM |
god-zi-llaさん、どうも!

「あったら買っちゃう気がします。お値段によっては(笑)」
そうなんです、値段次第ではありますが、きっと安くないだろうなあ、と。
買えないだろうなあ、と(笑)。

VOXレーベルのレコードがあるとヴァン・ゲルダーかチェックしてしまい、ヴァン・ゲルダーだと買おうか若干迷うのですが、クラシックだし聴かないだろうなと棚に戻してしまいます。
クラシックへの苦手意識はコンプレックスの域っす(笑)。
posted by mono-mono | 2013/05/20 10:47 AM |
さすがShaolinさん!
貴重な情報ありがとうございます!!
そして自分の適当さにもあらためて気付かされます…トホホ。
posted by mono-mono | 2013/05/20 10:43 AM |
うーん、ヴァン・ゲルダー全仕事!
あったら買っちゃう気がします。お値段によっては(笑)

だけど世界中探せば、研究してる人がいそうですよね。

ところでクラシックのVOXレーベルの件ですが、たしかにウィキペディアにあるとおり手書きのRVGや印刷体のRVGが刻まれたLPがけっこうあるんですが、ヴァン・ゲルダーはレコーディングではなくマスタリングだけを請け負ってたんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうね。

というのも、ぼくが持っているRVGが刻まれた何枚かのVOXのLPのジャケットのライナーの下に印刷されているクレジットには'Mastering Dr. Rudolph van Gelder'となっていて'Recording'のクレジットはありません。なかにはヨーロッパ録音と思しき盤もあって、まさかヴァン・ゲルダーが欧州出張録音をやってたなんて話は聞いたことがありませんので、やっぱりマスタリングだけをやってたんじゃないかと思うんです。

どなたか詳しい方がいらっしゃるといいんですが。



posted by god-zi-lla | 2013/05/19 6:54 AM |
> リバーサイドとはまったく仕事をしていないようである
数少ない例外?で "The Unique Thelonious Monk" は Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ ですね。最終的なカッティングにまでは関与してないのでしょうけど。
posted by Shaolin | 2013/05/18 6:23 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>