MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
宝探し 11:09

私が「レコード屋へ行った」というとき、たいがいはLPのみをチェックしている。
CDをチェックすることはあっても基本的にシングル盤はチェックしない。
ディスク・ユニオンといったチェーン店ではシングル盤コーナーはのぞきもしない。
なぜか。
それらの店の棚に並ぶのは、評価のはっきりしたシングル盤がそれにふさわしい値段で並んでいるからだ。
つまり、おもしろみに欠けるのだ。
そこにあるのは、ためしにこれ買ってみようか、という品揃えでも値段でもない。

その点、昔ながらの中古屋さん風情を残す店のシングル盤コーナーは楽しい。
リサイクルショップのレコードコーナーも楽しい。
床にドーンとおかれた箱一杯のシングル盤などみつけようものならわくわく感は最高潮だ。
宝探しのはじまりだ。

段ボールから、がしっとシングル盤を一束つかんで、ぱらぱら、ぱたぱた確認していく。
ひと掴み、またひと掴みと取り出して自分の横に積んでいく。
最初は丁寧に1枚ずつ見る。
しかし、そうそう面白い盤があるわけもなく、チェックするスピードが上がっていく。
次から次へめくっていく。
それにつれ見方は雑になっていく。
どうせそんなに気になるレコードはないんだからと、演歌的色合いのは数枚ずすつばしていく。
カラフルなジャケットがあれば手をとめチェック。
なんだこれ持ってるよ、とか、いらないよ、というものばかりでも、この先何が飛び出すか分からない、というモチベーションだけで手を動かし続けるのだ。
疲れてきて、目もしょぼしょぼしてきても、一通りチェックするまではやめられない。
店からすれば迷惑な客なのかもしれない、とも思う。
なのでせめて、1枚でも見つけて買おうと思うし、見た後の状態がグチャグチャにならないようきちんと箱に戻す。

今回の発掘品(出土品)は写真のブツである。
60年代、USコロンビアのシングル盤だ。
真っ赤なセンターレーベルは、LPの通称「二つ目」というデザインに対応している。

特筆すべきは、スリーヴである。
言ってしまえばたんなる紙袋である。
日本の常識からすればありえない簡素さだ。
しかしこれが素晴らしい。
美しい。
紫がかったグレーに白抜きの「COLUMBIA」の文字。
そして、ちいさく配置されたトレードマーク。
目玉に足のはえたようなデザインは、愛嬌がありながらもとてもクールで都会的だ。

このスリーヴに真っ赤なセンターレーベルが入ったさまがとても良いのだ。
その姿を鑑賞するためにこれを買ったといって良い。
そのうえ、格好良い音楽が聴けるのだ。
これ以上何を期待したら良いだろう?

  THE CHAMBERS BROTHERS
  TIME HAS COME TODAY c/w PEOPLE GET READY
  (COLUMBIA RECORDS 4-44414)


JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 11:09
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>