MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
網走刑務所で朝食を 13:38

トルーマン・カポーティ著、村上春樹訳、「ティファニーで朝食を」を読んでいる。
読みながら思い浮かべるホリー・ゴライトリーのビジュアルイメージは、オードリー・ヘップバーンである。
そしてホリー・ゴライトリーのしゃべる声は、ヘップバーンの吹き替え声優、池田昌子である。
そう、あまりにも映画版「ティファニーで朝食を」の印象が強すぎるのだ。

あとがきで村上春樹はこう語っている。


「ティファニーで朝食を」というタイトルを耳にして、多くの人々が思い浮かべるのは、映画に主演したオードリー・ヘップバーンの顔と、ジヴァンシーのシックな黒いドレスと、ヘンリー・マンシー二の作曲した印象的なサウンドトラックではあるまいか。

そして、「これは小説にとっていささか迷惑なことかもしれない」と続ける。


作者トルーマン・カポーティは明らかにホリー・ゴライトリーをオードリー・ヘップバーンのようなタイプの女性としては設定していないからだ。カポーティはヘップバーンが映画に主演すると聞いて、少なからず不快感を表したと伝えられている。おそらくホリーの持っている型破りの奔放さや、性的解放性、潔いいかがわしさみたいなところが、この女優には本来備わっていないと思ったのだろう。
(中略)
映画と比較してとやかく言うのはもうやめよう。ただ僕が言いたいのは、できることなら映画からはなるべく離れたところで、この物語を読んで楽しんでいただきたいということである。


なるほど、村上氏の言いたいことはわかった。
できることなら私もそのように読みたい。
しかし、難しい。


彼女はサングラスをかけたまま、机の上に書籍を砦のように積み上げていた。そしてそれを片っ端から読み飛ばしていった。時折あるページの上に視線がとどまったが、その眉間にはしわが寄せられていた。まるで上下が逆さまに印刷された本を読んでいるみたいに見える。彼女は鉛筆を紙の上にかざしていた。そこに書かれているものにとくに気持ちが引かれている風でもなかったが、それでも折に触れて彼女は妙に念入りに何かを紙に書きつけた。

例えばこんなシーンを読んでみると、おおぶりのサングラスをかけて頭にスカーフを巻き、トレンチコートなんかを羽織ったヘップバーンが浮かんでしまう。
これはどうにも仕方がない。
なので、無理にヘップバーンから離れよう離れようとして読み進めることはもう諦めた。

でもなあ…(笑)


ご覧の通り、この本にはある団体の蔵書票が貼り付けられている。
よくみればなんと、網走刑務所と書いてある。
よりによってこの本は網走刑務所からやって来たのである。
ではどのようにして網走刑務所から持ち出されたのだろうか、という疑問がうかぶ。

蔵書票の下半分、「廃棄・宅下げ」欄に何らかの記入があれば問題ないのだろうが、あいにくそこは空欄のままである。
かつて網走刑務所は「日本で一番脱獄が困難な刑務所」といわれ、犯罪者に恐れられたそうだ。
現在は容易なのだろうか。
まさか(笑)。

しかし「網走刑務所」と村上春樹訳「ティファニーで朝食を」とは妙な取り合わせである。
イメージとしては対極にあるといって間違いないだろう。
網走刑務所には女性も収容されている、ということなら少し理解しやすくなるのだが、どうだろう。

私はこの本に網走刑務所の蔵書票が貼り付けられていたから買ったのである。
あるいはこの蔵書票はいたづらなのだろうか?


JUGEMテーマ:気になる書籍
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BOOKS & MAGAZINES | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 13:38
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>