MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
タイムマシンの使い方 10:48

 1.PCを起動する。
 2.ブラウザを立ち上げ、検索サイトのウィンドウに祖父の名前を入力する。
 3.検索結果から古書店のサイトを選ぶ。
 4.祖父の名が入った本や雑誌をチェックする。
 5.気に入ったモノがあれば注文し、クレジットカードで決済する。

   以上

これだけで数日後に本が届く。
およそ75年前に祖父が装画を描いた古書が、こんな風に簡単に手元に届く。
これらを一言であらわすならば「タイムマシン」がふさわしいのではないか。
21世紀のわれわれは何という時代を生きているのだろう。

まてよ、と思う。

少し前まではどの街にもあった古書店が、実はタイムマシン機能を有していたことに思い当たる。
それを格段に便利にして、万人に開放したのがインターネットというシステムではないか。
店に入って探す。
なければ他の店を覗く。
そんな手間と時間と空間を、インターネットは軽々と飛び越える。

例えば、レーザーターンテーブルなる、針を必要としないレコードプレイヤがある。
面白いことに、レコードについたキズを「プツッ、プツッ」と忠実に再現する。
針の替わりにレーザー光線でレコードの溝を読み取るため、当たり前のことなのだという。
なるほど。
凄い機械ができたものだ、と驚く。

まてよ、と思う。

針1本で出来ていたことを、どうしてレーザーに置き換える必要があるのか、と。
わざわざ多額の開発費をかけてまですることなのか、と私は考えてしまう。
だって、レコードを聴くには針1本で十分足りていたのだ。
さらに付け加えるならば、ゼンマイ式の蓄音機なら電気だっていらない。

「進歩」とは、なんと魅力的な言葉だろう。
昨日より今日、今日より明日は良い日である、と信じてきた。
日々の努力の結果として、このように便利な時代を私たちは生きている。
私たちの先達はそのように「今」を築いてきた。

インターネットで古書やレコードを購入し、インターネットで脱原発デモの詳細を知る。
そんな時代を私は生きている。


JUGEMテーマ:アート・デザイン
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:48
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








メリットとデメリットをどうとらえるか、というのはあくまで個人の判断によるものなのでした。
すいません(笑)。

航空写真に限らず、時差の大きな定点観測写真はおっしゃるっとおりとても楽しいですね。
昔のグラフ雑誌とか、NHKアーカイブスのドキュメンタリーに写る東京の街角なども素晴らしいです。
posted by mono-mono | 2012/11/26 8:46 AM |
>針1本で出来ていたことを、どうしてレーザーに置き換える必要があるのか

直接接触しない=摩耗しないというメリットはありますよね。
私、昔の航空写真見るの好きなんですよ。
わ〜、あの場所が昔はこんなだったんだ〜って見てて飽きません(笑)
posted by ひで | 2012/11/25 11:00 PM |
そうか、タイムマシンは自分自身の中に存在するのですね(笑)。
posted by mono-mono | 2012/11/14 8:22 AM |
まてよ、と思う。

感受性豊かな十代に聞いていた音楽を数十年ぶりに聴く。
当時の友人や学校内・友人宅などの映像が鮮烈に蘇る。
言葉では言い現せない微細な情景や匂いや感情までも・・・

最近「流行歌」って表現が実感出来る気がする。

あ〜あ 歳とったなぁ〜(涙

posted by 非双子 | 2012/11/13 10:45 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/940
<< NEW | TOP | OLD>>