MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
私が中古レコード屋へ通う理由 10:55

買ってきたレコードの盤を磨き、レコードプレイヤにセットする。
そっと針を下ろして、私はソファに座る。
レコードの無音部分から、ぱちぱちとノイズが少し聴こえる。
ほどなく、はじめて聴くシンガーの、はじめて聴くメロディが流れ出す。
うん、悪くない。
良いレコードじゃないか。

ROSALIE SORRELS / TRAVELIN' LADY (SIRE RECORDS SI-5902)

横でコーヒーを飲みながらiPhoneをいじっていた妻が言う。
「どうしてこのレコードを買ったの?」
素朴な疑問である。
「今日はこのレコードを買いに行ったの?」

私が中古レコード屋へ、あのレコードを買おう、と思って行くことはほとんどない。
頭の中には欲しいレコードのリストがばっちりあるけれど、その上位にあるレコードを見つけても買うとは限らない。
重要なのはレコードの状態と値段のバランス、そして私の気分である。
買うか買わないかは、一瞬にして決まる。
時に「ウ〜ン」と悩むこともあるけれど、出会いでありタイミングなのである。
棚からレコードを引き出した瞬間「ウワッ、これだ!」というのが理想である。
その瞬間のために中古レコード屋へ通うといって過言ではない。

つまり妻の「どうしてこのレコードを買ったの?」という最初の質問にはこう答える。
このレコードは欲しいレコードリストに随分前からのっていた。
しかし、いつでもどこにでもあるレコードではない。
何度か見かけたがそれらは少し高かった。
これは、ジャケットのコンディションは少々悪いけれど盤に問題はない。
やっと、私が思う適正価格で見つけることができたのだ、と。

次の質問、「今日はこのレコードを買いに行ったの?」の答えは自明である。
「ノー」である。
しかし結果的として「イエス」でもある。
今日はこのレコードを買いに行った、のである。

続けて妻は私に尋ねた。
「今一番欲しいレコードは? それは何?」

これに対する私の答えははっきりしている。
ここしばらく探し続けているレコードがある。
さっぱり見かけない。
何度も見かけているが価格とコンディションが折り合わない、というのではなく見かけることまったくない。
さして珍しいレコードでもないと思うのだが、実物を手にしたことすらない。
私にとって幻といって良いレコードだ。
もちろん、手元には国内盤で持っている。
折に触れて聴き、そのたびに、良いなあ欲しいなあ、と想いを募らせることとなる。
私の夢の中では、ディスクユニオンのジャズ新着コーナーに普通の値段で紛れていることになっている。
果たしてどういう出会いが待っているのだろうか。

そのレコードは、アントニオ・カルロス・ジョビンの「WAVE」、オリジナルアメリカ盤である。
見開きのコーティングジャケットに、VAN GELDAR刻印入りのヤツである。
そんなに欲しいならネットで買えば良いじゃない、と妻は言う。

いやいや、そういうことじゃないんだなあ(笑)。








JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:55
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








@kastuさん、どうもありがとうございます!

これは「Any Old Time」のヘヴィロテ盤なんですね!
それはそれは素晴らしい情報ありがとうございます。
「Any Old Time」いってみたかったなあ。
これをかけて目をつぶって店内を想像してみます(笑)。
posted by mono-mono | 2012/11/05 10:22 PM |
☆ロザリー・ソーレルズ、ぼくの大好きなフォーク歌手ですよ。このアルバムは、ぼくが築地でロック・バー「Any Old Time」を経営したいた頃、ターンターブルの常連LPでした。
レア盤ゲット、素晴らしい感性ですね!
posted by @kastu | 2012/11/05 7:35 PM |
god-zi-llaさん、どうも。
ご賛同いただき嬉しいです。

しかし「wave」は不思議なくらいに見かけませんね。
自分と縁がないのか、オリジナル盤の絶対数が少ないのか、人気がないからレコード店が仕入れないのか(笑)。
どうなんでしょうか?
posted by mono-mono | 2012/11/03 11:03 PM |
ミモザさん、どうも。

「wave」素晴らしいですよね。
私もiPodに入れて聴きたいッス。

そうか、やっぱネットっかァ(笑)。
posted by mono-mono | 2012/11/03 11:02 PM |
うふふふ。あまりに同感すぎてコメントなし(笑)

waveはほんとに見ません。
CDならいつでも買えるような有名盤なのに不思議ですよね。
posted by god-zi-lla | 2012/11/03 6:45 AM |
ネットで買えばいいんだよ!(笑)

ここ数年、最も聴いてるアルバムです「wave」。
ipodだけどさ^^

レコードの匂いがしてくるよ、ココ読んでると!
posted by ミモザ | 2012/11/02 9:32 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>