MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ばあばのうめぼし 07:40

玄関のチャイムが鳴り、宅配業者が荷物を運んできた。
伝票にサインし、引き換えに荷物を受け取る。
荷物は私の母からだった。
リヴィングへ運び、荷物を開ける。
段ボールには心づくしのいろいろな物が入っていた。
フルーツだったり、コーヒー豆だったり、緑茶だったり、洋菓子だったり。
そして、思い出したように送られてくるのは、梅干しだ。

私は娘に声をかける。
「ばあばから梅干しが届いたよ」
娘の表情が、パっとはじける。
「うわあ、ばあばのうめぼしがきたァ!」

私の母は梅干しを漬ける。
春に仕込んで夏から秋に完成する。
私の母も子どものころから酸っぱいものが大好きで、大人になって自分で梅干しの漬け方を習得したのだという。

娘も物心ついたころから酸っぱいものが大好きだった。
レモンに直接かじりつくくらい(笑)。
レストランなどに入ったとき、揚げ物や紅茶にレモンがついてくるのを見て大喜びするくらいなのだ。
小っちゃな頃からそうだった。
おむつをしたよちよち歩きのこどもがレモンをかじって「シュッパ〜イ?」と喜んでいた。
きっとそれは、すこし珍しい光景であったに違いない。
そんなわけで、娘はばあばの漬けた梅干しは小さい頃から大好物である。
ばあばの漬けた梅干しをいつも心待ちにしているのだ。

私の妻も酸っぱいものが大好きだ。
届いた梅干しを娘と食べながら、ふたりで「スッパ〜イ?」と叫んでいる。


JUGEMテーマ:日々のくらし
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| KIDS ARE ALRIGHT | comments(2) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 07:40
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








megumickさん、ありがとうございます!
文鳥仲間なんですね!
シナモンちゃん可愛いです。
嬉しいなあ。
といってもうちの場合妻主導なんですが(笑)。

これは2代目のシルバー文鳥、銀ちゃんです。
銀ちゃんの前は、シナモン文鳥を飼っていたのですがすぐに死んでしまいました(涙)。
posted by mono-mono | 2012/11/02 10:22 AM |
またまた、おじゃまします。
文鳥さんがあまりにもかわいくて…
シナモンですか?桜っぽくも見えるけど。
文鳥は昔からずっと好きで飼ってます。
もちろん何代も変わりましたが…
今はシナモンを飼ってます。
良かったらちょっとだけ写ってるので見て下さい(笑)
http://yaplog.jp/boogie/archive/143
http://yaplog.jp/boogie/archive/84
突然失礼しました(笑)
posted by megumick | 2012/11/01 9:04 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>