MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
この週末、たくさんのサインをもらった 14:46

この週末は自分史上最も充実した「サイン会ウィークエンド」だった。
なにしろ三日間で三人から直筆サインを頂いたのだ。
左から、片岡義男、小西康陽、ベン・クウェラー(わが家での通称はベン君)。
三人のうちひとりがアメリカ人ミュージシャンだなんて。
こんなことはあとにも先にも絶対にないだろう。

リビングのカレンダーにはこのサイン会の予定を大きく書き込んでいた。
娘が「いよいよ明日だね」とか「今日はベン君のサイン会だね」とか「ベン君どうだった? サイン見せてよ」なんて一緒に楽しんでくれた。
ベン君の新作CD「GO FLY A KITE」はヘヴィローテーション中なので、かけると娘が口ずむようになった。
歌なんかふだん絶対に歌わない息子も口ずさんでいる。
これには驚いた。
ベン君の新作は、ちび達も口ずさむ傑作ということなので皆様も是非。

ベン君のサイン会には、先立ってミニライブがあって、新作からの3曲と1stから1曲の計4曲が歌われた。
ドラムこそタンバリンに置き換えられていたけれど、レギュラーバンドでの楽しいライブだった。
コーラスワークが素晴らしい「FULL CIRCLE」が聴けたのがなによりうれしかった。

片岡義男、小西康陽、両氏のトークライブは予想以上に盛況であった。
会場は8割男性という印象でこれはちょっと意外だった。
片岡氏の語る独特の世界観を小西氏が受け流すという絶妙な関係。
「素晴らしい」と小西氏は何回言ったことだろう。
著書で取り上げられているレコードが聴けて、ジャケットが見れて、ほんとに素晴らしいトークライブだった。
会場が混み合っていてお二人を直接見ることが出来なかったので後半は目をつぶって聴いていた。
音声だけだとまるでラジオのようだ(笑)。
そうかラジオの公開放送とやってることは同じだ、とすぐに気が付いた。

こちらのサイン会では、私の直前でサインをもらった人が、片岡氏の文庫本をささっと取り出して一緒にサインをもらっていた。
ああ、私もこの間やっとのことで入手した「10セントの意識革命」を持ってこうと思っていたのだが…忘れてしまった(涙)。
「サインはイベント対象本にのみ」ってイベントチケットに書いてあったしさあ…。
一応バックに入れとけば良かったって、残念でくやしくって…。
家に帰ってずっとぼやいてたら妻と娘にあきれられた。

しかしサイン会って直接会えるのだから何か気の利いたことを言おう、といろいろ悩んで考えていた。
列に並んでだんだん順番が近づいて緊張して、結局何も言えないという残念な結果になってしまった。


空前絶後のサイン会ウィークエンドには、「おまけ」がついた。
その話はまた次回。





JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BOOKS (AUTOGRAPHED) | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 14:46
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








haTshさん、コメントありがとうございます。
その後、お加減はいかがですか?
ぼちぼちhaTshさんの新しい記事が読みたい頃ではありますが、無理は言いますまい(言ってますね:笑)。

音楽に魅了され続けるいい歳の大人が、思い出話とレコード自慢をするという素晴らしい時間でした(笑)。
実のある話はどこにもありませんが、実のない話が大好きないい歳の大人がたくさん集ってました

「10セントの意識革命」は残念で仕方ないっす…(涙)。
posted by mono-mono | 2012/03/06 6:45 AM |
トークライブいいなぁ、僕も聞きたかった。
本は今週ぐらいから読めそうです。
ライブを想像しながら読むことにします。

「10セントの意識革命」へのサイン、なんてもったいないことをしたのですか〜(笑)
posted by haTsh | 2012/03/05 10:00 PM |
ミモザさん、どうも。

片岡さんの文字は想像よりポップでした。
小西さんは逆にクラシックで面白いです。

おまけは一般性のないモノなのであまり期待しないでくださいね(笑)。
posted by mono-mono | 2012/02/28 8:08 AM |
hiyohiyoさん、どうも。

確かにビニールジャンキーは男の世界っすね。
両氏のサインを欲しがるファンには女子がもっといるように思ったのです。
確かに本の内容は男性的ですものね。
っていうかそもそも、両氏共に男性ファンのほうが多い気がきてきました(笑)。
posted by mono-mono | 2012/02/28 8:07 AM |
片岡さんの字、可愛らしいんですよね^^

「おまけ」なんだろ?
気になる。
posted by ミモザ | 2012/02/27 9:28 PM |
よかったですね〜。
私もやっと本を買いました。
楽しみに読みます。
(わたしは9割が男性、いや10割かと思っていましたよ(笑)
だって、世の中のビニールジャンキーって、
ほぼ男性じゃないですか)
posted by hiyohiyo | 2012/02/27 5:21 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/880
<< NEW | TOP | OLD>>