MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
CDを買うつもりじゃなかった 16:50

ある作家とあるミュージシャンが、音楽についての本を出すという。
音楽をこよなく愛し、レコードをこよなく愛する2人である。
名前の並びを見るだけで、胸がわくわくする。
この2人のことだから、きっと出版記念のイベントがあるに違いないと思い調べてみた。
すると、2月下旬にトーク&サイン会があるという情報を得た。
渋谷のタワーレコードへ行った。
ここで本を購入すると、サイン会の参加券をくれるというのだ。
そう、私は本を買いに行ったのだ。
CDを買うつもりではなかった。

自転車で渋谷へ行った。
エレベーターで7階のタワーブックスへ行きお目当ての本を買った。
サイン会の参加券をもらった。
下りのエスカレーターで3階の洋楽フロアへ降りた。
ひさしぶりにぐるっとまわってみようと思ったのだ。
そう、ただ眺めるだけのはずだった。
CDを買うつもりはなかった。

レジの正面にはニューリリースのCDが飾られていた。
ベン・クウェラーの新譜が目に飛び込んできた。
3年ぶりの新作だという。

ベン・クウェラー(BEN KWELLER)。
アメリカのシンガー・ソング・ライター。
10代でパンクバンドの一員としてデビューし、20代でソロになった。
これまでに4枚のソロアルバムを出している。
地味ながら着実にキャリアを重ねている中堅ミュージシャンだ。
彼の基本はギターの弾語りである。
バンド演奏であっても、ギター1本で成立するメロディの強さが魅力である。
曲の良さ、アレンジの良さ、ハスキーな声の良さ。
ルックスがなにしろ地味だし、日本ではほとんど無名の存在ではないか。
もっとも、本国アメリカでもそれほど知られてはいないだろうけれど。

1stアルバムをたまたま耳にし一発でファンになった。
四作目である前作「Changin' Horses」は、ジャケットも内容もどことなくバーズの「ロデオの恋人」を思わせる快作だった。
アコースティックギターやドブロ、そしてペダルスチールが心地よく響くカントリーロックアルバムだった。
このブログでも紹介しようと思いながらなかなか上手くまとまらなかった。

そしてニューアルバム「GO FLY A KITE」を買ってきた。
自身で立ち上げたレーベル「THE NOISE COMPANY」からのリリースだという。
CDにCD−Rのおまけがついているというお得盤。
その上、タワーレコード限定のおまけDVD−Rまで付くという。
ラッキー(笑)。
小躍りしそうになりながらレジへ直行。
すると、ナナなんと、もうひとつおまけをくれるというのだ。

サイン会参加券!

なんと、2/24に新宿のタワーレコードでミニライブがあり、その後サイン会が開催されるのだ。
海外ミュージシャンのサイン会ってあるんだ。
チョ〜びっくりした。
ああうれしい。
CDなんて買うつもりじゃなかったのに。
やられた。

このアルバムは随所に気合いを感じる。
そうとうに凝ったつくりのジャケットだ。
組み立てて箱になる内側には楽しいイラストが描かれている。
そこではベン・クウェラーが、ガイコツからイチゴで攻撃を受け、ひとり必死に戦っている。
「GO FLY A KITE(あっちいけ!)」というわけだ。
しかし特殊ジャケットってうれしいけど、いちいち面倒くさくて結局仕舞い込むことになる。
もったいないけど、そういうものだ。

このアルバムのライナーでベン・クウェラー本人が、前作はあまりファンに好評ではなかったと語っている。
「前作は、あたらしいリスナーを獲得することができたんだけど、デビュー当時から追いかけているリスナーにはイマイチだったみたいで…(苦笑)」
前作を傑作だと考えるオールドファンがここにいるのだけれど、いわゆるロック好きには少々地味すぎる内容だったのも確かだ。
ロック好きよ喜びたまえ、以前のアルバムにはあって前作にはなかったベン君お得意の痛快系ロックナンバーが戻って来た。
冒頭の「Mean To Me」、「Jealous Girl」などリフの一音がはじまった瞬間、「デビュー当時から追いかけているリスナー」はうれしくて笑顔になること間違いなし。

6トラック目、アナログ盤でならたぶんB面最初の曲になるであろう「Full Circle」あたりから、前作に満ちていたアメリカの田舎道といった土香りのしそうなメロディ、アレンジも十分に残っている。
「ボクは、ハイキングしているときやバスを待っている時にふと口ずさむような、普遍的な音楽を作りたい」
ベン・クウェラーは、前作で3歩すすみ今作で2歩さがったのかもしれない。
誰だっていつだって確信に満ちているわけではない。
人の意見や批評も気になることもある。
でも彼は音楽家として、確実に歩を進めている。
それがなによりうれしい。










JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| CD | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 16:50
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>