MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「SMiLE」について思ういくつかのこと 11:40

誰も言わないのか、誰も思っていないのか、あるいは気付いてないのか、言ってるけど私が知らないだけなのか。
誰も言わないのなら、思い切って私が言ってしまおう。
あなたがこれを読んで的外れだと思うならそれで良い。
国内盤2枚組ボックスを買った私の考えをここに記す。

こんな「SMiLE」に不満は無いのか?

まずはシールのこと。
アマゾンから届いたモノにはなぜか、シュリンク上についてるはずのシールが無い。
どうしてだろう?
いくつかのブログで見る限り、黄色地に英文の書かれたシールがついてるはずではないのか?
また、水色に白文字の日本語のシールがついてるはずではないのか?
張り忘れられたのか??
あるいは輸入盤を国内で販売するときのみこの仕様なのか?
大問題である。

ジャケットの上に記された「NEW IMPROVED FULL DIMENTIONAL SOUND」の文字はどうだ。
これは当時準備されていた、オリジナルのジャケットを正しく踏襲しているのだろうか。
私の持ってるブートでは「NEW IMPROVED FULL DIMENTIONAL STEREO」と書いてある。
最後の単語は、「SOUND」と「STEREO」どちらが正しいのだろうか。
そもそもフォントもまったく異なっている。
また、今回のCDでは「NEW IMPROVED」の部分のみ青文字になっている。
この違いは何なのだろうか。
きちんと検証されてこのようになっているのか?
はたまた、担当デザイナーがこうした、というだけの結果なのだろうか。
この点大いに疑問と不満が残る。
今回収録内容は基本的にモノラルであり、それゆえ「STEREO」表記はやめたということももちろん予想できる。
しかし、しかし…。

担当デザイナーといえば、ボックスの裏側とブックレットの表紙に描かれた「SMiLE」の文字について。
これはいただけない。
オリジナルジャケットに描かれた文字のシルエットをアレンジつまり加工して使っているのだ。
これこそ担当デザイナーが勝手に作っている。
そしてポスター。
ジャケットをそのまま拡大すればいいのに、グループ名とタイトルを拡大している。
これらを好意的に評価する人もいるのだろうけれど、私にはまったくいただけない加工だ。
なぜならこれは「SMiLE」なのだ。
あの「SMiLE」を世に出すのだから、制作するには元の作品に対する理解と敬意が不可欠である。
オリジナルを加工することなく再現してもらわなければ困る。
デザイナーがアイディアを出すことはもちろん仕事ではある。
レコード会社の制作責任者はデザイナーのアイディアを取捨選択して、ダメなところはダメときっちり仕切らなければいけない。
「君の考えも分からないではないが、なにしろこれはSMiLEプロジェクトなんだからね」と。
このような重要な作品がデザインディレクションによっていくらかでも損なわれてしまったとするならば残念でならない。

音楽は、もちろんあの「SMiLE」である。
これまでも、さまざまなところで断片的に聴いてきたあの「SMiLE」である。
ついに1枚のアルバムとして、ブライアンが作っていた当時の姿を現したのは感慨深い。
しかし一方で、ブライアン再録音盤「SMiLE」の時ほど私は盛り上がらなかった。
私にはあれがピークだった。
もちろんこれはまったくの私見である。

伝説の傑作は伝説のままだったほうが良いのではないかと思う。
皆の頭の中にのみ存在する幻のアルバムとしての「SMiLE」。
一人ひとりに1枚の「SMiLE」があった。
完成形がないのだから、イメージは無限に広がる。
このように一旦の完成形をしめされた瞬間、イメージは限定された。

今回はモノバージョンのみの収録である。
ステレオバージョンは?
もともとステレオで制作していたのではないのか?
オリジナルマルチトラックテープは限定的にしか存在しないということなのか。
没になった作品ということを考えれば仕方のないことだろう。
多くは失われてしまったのだろうか。
ペットサウンズセッションズのようなヴォーカルトラックのみバージョンも楽しみにしていたのだが、無理だったのだろうか。
つまり今後ステレオバージョンがリリースされる可能性は?
だとすれば、まだスマイルは完結していないのか?
この辺りにはそこはかとなく商売の匂いが…(笑)。











JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BEACH BOYS | comments(3) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 11:40
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Shaolinさん、どうも!
コメントありがとうございます!!

色んなことが、いただいた2つのコメントから腑に落ちてきました。
実際私は何も分かってませんでした(笑)
2枚組を入手した私でも、2枚目のほうが断然楽しめています。

「未完成を未完成のまま楽しむテクスト」としての5枚組ですか。
やっぱり5枚組っすね。
遠からず入手する予定です!

「1枚目をステレオで再構築できる分はほぼすべて揃っている」
ということは、ペットサウンズセッションズみたいに出来たのにしなかったと。
ステレオ盤そのうち出ますかね。
キャピトルめェ〜(笑)
posted by mono-mono | 2011/12/04 8:56 AM |
1枚目がモノで出たことについては、当時モノで出すつもりだったから、ということではないかと思います。その代わり、2枚目〜5枚目のフラグメントは、大量にステレオで収録されていますね。1枚目をステレオで再構築できる分はほぼすべて揃っているかと。

ブライアンにとっては、SMiLE は2004年でもう終わっているんだと思います。だからなおさら 2004年版を聞いてしまった人にとっては1枚目は新しい発見もあまりなく(2004年当時、2004年版に準じてブート音源を切り貼りした人は世界中に山ほどいたでしょう、私も含めて笑)、単独の音楽作品としては???というものが鳴り物入りで世に出てしまった、と。今回のプロジェクトにはブライアン本人は積極的に仔細には関わってないらしいですし。

連投失礼しました。
posted by Shaolin | 2011/12/03 9:50 PM |
5枚組ボックス以外は微妙。。。という結論です、個人的には。

2004年版 SMiLE に準拠した1枚目は、個人的には不要と思いました。無価値とまではいいませんが、2004年版に遠く及びません。ヴォーカルがなかったり、曲間のつなぎも未完成ですから。

そのかわり、(過去にブートで親しんできた)大量のフラグメントが収められた2枚目〜5枚目は感動ものでした。ここは文句なしに感動ものです。音質最高、かつブートですら聞いたことがないフラグメントも少なくありませんでした。

何も考えずにボックス予約しといてよかったです。未完成を未完成のまま楽しむテクストがまた増えたという感じです。

以下、11月3日にボックス聞きながら twitter に書いたもののコピペを(笑)

----

うーん、これ、1枚目、もしかしたらいらなかったんちゃうかなぁ。「Brian Wilson Presents」が作品として美しく完成していただけに。未完成フラグメントをつないだところで太刀打ちできるわけがなく。もちろん声や演奏や雰囲気はこっちの方が圧倒的にいいに決まってますが。

残された音源を相当細かく丁寧に切り貼りしてミックスし直している。CD1 の評価できるところはそこかな。2004年版の曲順に準じつつ、未完成フラグメントを少しでも聞くに堪える様に編集してる。ヴォーカルのない曲だけは、ヴォーカルを新たに入れるわけにいかないからなぁ。

重箱隅マニア以外が「噂になってるから」と買ったら、意味が分からん、これのどこがいいの?ってなるな、きっと。アルバムとしては2004年版の方が圧倒的に作品として完成度が高い。CD1(や、1枚ものリリース版)は、聴くに耐えるか疑問。あくまで「幻」を脳内パズルするためのピースでしかない。

ま、けど、正規に出たこと自体に意義がある、といってしまえば、それまでなんですが。。。
posted by Shaolin | 2011/12/03 9:37 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/854
<< NEW | TOP | OLD>>