MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
餃子ウィークエンド 22:06

週末は餃子を作ろう。
そう決めていた。
餃子のときは餃子だけ。
ごはんのほかには何もなし。
餃子を楽しむのに餃子以外何が必要だろう。
もちろん飲み物は、アリ(笑)。
たっぷり作ってたっぷり食べる。
食べきれない分は冷凍しておいて、また今度焼けば良い。

まずは買い物。
対面販売のお肉屋さんに行っておばちゃんに、業務用豚挽1キロ多めで!と頼む。
赤身なんて高級品じゃなくて、脂身たっぷりの安いヤツ。
餃子の皮はたっぷり100枚超。
野菜はニラ、白菜、ニンニク、そしてネギ。
以上。

まずは包丁を研ぐ。
あたまを空っぽにしてシュッシュと研ぐ。
切れ味の戻った包丁が揃えば調理開始。

挽肉には、塩、こしょう、おろしニンニク、ごま油で下味をつけておく。
ニラ、ネギはざくざく刻む。
白菜は白いところと葉の部分を分けて刻む。
白いところは塩をふって、しんなりしたらぎゅっと絞る。
餃子のあんが水っぽくならないようにするためだ。
さて、あとは混ぜて包むのだッ!

ねえ、ギョーザまだァ??
ちび達の声が聞こえてきた(笑)

重い鉄鍋にたっぷりと油を引いて、ぎゅうぎゅうに餃子を敷き詰めて焼く。
水を加えて蒸し焼きにして、焼き目がついたら鉄鍋に皿をのせ、くるりと返せばそのままの形で出来上がる。
ジュ〜ジュ〜の熱々を、ハフハフ言って食べる。
餃子はみんなで楽しく食べる。

そんな、餃子を食べる時に聴きたい曲を、hiyohiyoさんからのリクエストで選んでみた。
今回は手持ちのシングル盤だけから選んでみた。
餃子を焼いて食べる時に、シングル盤レコードをかけるなんてあり得ないけど、これは最近シングル盤の整理をしたというだけのこと。 

 1.20センチュリー・ボーイ/T.レックス
 2.狂気の叫び/キッス
 3.ワイルドで行こう!/ステッペンウルフ

楽しくて熱い曲を3枚。
割当はひとり3皿ってことで(笑)
これでお腹も心も満腹ダア!

よろしければあなたの3皿も教えたくださいね。
一皿でももちろんOK。
是非!!











JUGEMテーマ:No Music, No Life


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(8) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:06
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








hiyohiyo様、お待ちしておりました。

さすがでございます。
格が違う、というのが正直な印象です。
まったく別格でございます。
「スープ餃子」
素晴らしすぎです。
景色が目に浮かびます。
もうよろこんで伺わせていただきます。
「感度の悪いラジオ」の音も姿も是非とも確認したいっす!
posted by mono-mono | 2011/11/19 10:09 PM |
こんにちは。
遅ればせの餃子パーティは、「水餃子」というか
「スープ餃子」で参加(笑)

季節は今ぐらい。
少しは肌寒いくらいの曇りの日。
小さな粗末な川縁の家。
台所は外にあって、小さなテーブルには、
花模様のビニールクロス。
テーブルの上に粉を敷いて、
麺棒でくるくるっと生地を広げて皮を作る。

ホーローのボウルにたっぷりの餡。
木のしゃもじがささっている。

小さな丸椅子に腰かけて、
脚を組ながら鼻歌まじりに、
少し肉厚なその皮に餡を包んでいく。

足の先にサンダルをブラブラさせて、
リズミカルに餡を包む。

使い込んだ鉄の五徳の上には
アルミの鍋がのって、
お湯がぐらぐらと沸騰している。

もうひとつの鍋には
よく煮込んだ白湯。
大根と葱の細切りを入れたスープ。

テーブルの端には薄いブルーのお椀と
白い蓮華が重ねてある。

感度の悪いラジオから流れるのは、
アン・サリー+Pan Cake 『はらいそ』

皆様のお越しをお待ちしております(笑)
posted by hiyohiyo | 2011/11/19 8:57 AM |
hiyohiyoさん、どうも!
パーティ、始まっちゃってますよ〜!

今回も楽しいお題ありがとうございます。
楽しませてもらいました。
最初は何も浮かばず困ったんですけどね(笑)
私、餃子は断然「焼」です。
もちろん「水」も美味しいですが、焼焼焼水焼くらいの比率で良いかなあ。

お待ちしてますよォ〜!
posted by mono-mono | 2011/11/16 10:25 PM |
goldenblueさん、大皿にいっぱい、ごちそうさまです!(笑)

餃子に音楽ってのもなかなかいけますよね。
私も最初は困りました。
お題を聞いた時「ナンニモウカバネ〜」と思いましたよ(笑)
ウ〜ンと考えてたら「20センチュリー・ボーイ」のイントロが鳴りだしてコレダ!と一気に浮かびました。
「何皿でも食べられそうだなぁ!」でしょ!!

特に、Dr.John“GUMBO”はいいっす。
posted by mono-mono | 2011/11/16 10:24 PM |
haTshさん、ごちそうさまです!

かな〜りスパイシーというか、ソウル・フードな餃子を3皿いただいてしましました。
最高っすね。
個人的には、最近てんでブラック系聴いていないってことに気付き、またそりゃほんとうにもったいないことをしていることにハっとしている次第です。

サンキュ、ブラザーってカンジです!
posted by mono-mono | 2011/11/16 10:23 PM |
こんばんは。
mono-monoさんは、
パワフルな餃子ディナーですね!
じゅわっといい音が聞こえてきそうです。

goldenblueさん
す、すみません(笑)
でも、考えてくださって嬉しいです。
goldenblueさんの餃子も「焼き」っぽいですね。

わたしも考えてみま〜す。


posted by hiyohiyo | 2011/11/16 9:22 PM |
mono-monoさん、こんばんは。
最初hiyohiyoさんからのこのお題を見て思ったのは「餃子食べながら音楽なんて聴かねーよっ(笑)」でした。
が、そう言ってしまっては始まりませんので、必要な条件を考えてみました。
まず、なんといってもエネルギッシュでファンキー。熱くて楽しく元気が出ること。そして脂分たっぷりでジューシー。これは絶対条件。
しかしそれだけならステーキでもホットドッグでもよいわけで、豪快過ぎてもだめ。なんというか、ポップで、少しエキゾチックで、ちょっとチャーミングで、田舎くさくて、スピードは緩めで腰に来る奴。隠し味にほんのちょっとブルージーさがほしい。

で、そんな感じの条件で選んでみたらこの3皿になりました。

Dr.John“GUMBO”
Bo Doddley Gratest Hits 
Dianna Ros & the Supremes Gratest Hits

ベタですが、ラジオから流れてくる感じ。
,Dr.Johnじゃなくても、ニューオリンズものならなんでもOK。↓のベスト盤も、代表曲さえ入っていればどれでもOKです。
何皿でも食べられそうだなぁ!

posted by goldenblue | 2011/11/16 12:35 AM |
お腹がいっぱいになる3曲ですね。
餃子三皿、考えておきましたよ。下ごしらえ、焼き、食べる。

まずは念入りに食材をきり、肉をこねる。
Roy Ayers/Love Will Bring Us Back Together
http://www.youtube.com/watch?v=FNPR4ty51V8

焼く、どんどん焼け焼け
Wild Cherry/Play That Funky Music
http://www.youtube.com/watch?v=FqXNZw4aI-A

奇跡のようにうまい、喰うぞ〜。みたいな感じでどうですか
The Jackson Sisters/I Believe In Miracles
http://www.youtube.com/watch?v=hBBzrHXu1Fg
posted by haTsh | 2011/11/15 11:29 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>