MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
レコードの流儀 11:38

レコードの外袋について考えている人がどのくらいいるだろうか。
レコードを持ってない人、レコードに興味の無い人はレコードの外袋について考えもしないだろう。
レコードを持ってる人でも、皆がレコードの外袋について考えたりはしない。
一握りのレコード好きだけがレコードの外袋について考えていて、私はその一人なのである。
レコードの外袋にもサイズや素材の厚みなどさまざまな種類がある。
レコードへのこだわり方もさまざまなのである。

私は中学生くらいから本格的に音楽に興味を持ちだしてレコードを買うようになった。
私の行くレコード店では、レコードを買ってもレコードの外袋はくれなかった。
街の普通のレコード店で普通に新譜アルバムがレコードで売られていた。
CDが登場するほんの少し前のことだ。
レコード店では、自分の店名の入ったレコードの外袋を用意している店もあることを後に知ったが、私の地元でそのようなレコード店はなかった。

私は中古のレコードも買うようになった。
街に中古レコード店はいくつかあったが、どの店でも中古レコードを買うと新しい外袋に入れてくれた。
会計の際に、それまで入っていた外袋からレコードを取り出して、新しいピンとした外袋に入れ替えてくれるのだ。
中古レコード店ではどこでもかならずやってくるサービスだった。

私はずっと、レコードをレコードの外袋に入れて保管していたが、あるときすべて棄ててしまった。
レコードをむき出しのまま棚に収めるようにしたのだ。
それは、引越で荷物をまとめている時、レコードの外袋が思いのほかかさばっていることに気付いたからだ。
試しに100枚くらいのレコードから外袋を外してみたら、外袋だけで相当な重さがあった。
すべてのレコードから外袋を外して段ボールに詰めて引越をした。
それからレコードの外袋は必要なくなった。
外袋がなくてもジャケットはそれほど傷むわけでもなくて、気分的にも少し解放されたような気がした。

それから中古レコード店でレコードを買う際には外袋を断るようになった。
コンビニのレジでレジ袋を断るように、レコード店のレジで「外袋はいりません」と言って断った。
悪くなかった。
「外袋はいりません」と言うのがどことなくツウっぽいような気分だった。

ずっと中古のレコードを、何も考えずに買っていたが、あるときからオリジナル盤(※1)ということを意識するようになった。
ある廃盤レコード屋(※2)さんでジャケットにジャストサイズの外袋を使っていた。
状態がさほど良くないジャケットの場合でも、そのレコードの外袋に入れたほうが見栄えが良くなることを知った。
店主に尋ねてみるとジャストサイズの外袋をゆずってくれると言う。
私は再びレコードの外袋を使うようになった。
レコードの外袋をまとめて買って、手持ちのオリジナル盤はそのジャストサイズの外袋に入れるようにした。
それ以降、私の家のレコード棚に収めてあって外袋に入っているレコードは、基本的にオリジナル盤ということだ。
それ以外のレコードは、むき出しのまま棚に収められている。

しばらく前から考えていることがある。
本好きが蔵書票をあつらえて自分の蔵書に貼るというようなことを、レコード好きも何かできないか。
つまり蔵盤票があったら良いのに、ということだ。
ただし、レコードジャケットやレコード盤に加工したり貼付けるなんて無粋なことはしなくない。
となると、レコードの外袋に印刷するのはどうだろうか。
悪くないのではないか。
悪くはないが、レコードの外袋にインクで印刷しては、それが裏ジャケットだとしてもデザインを一部を隠してしまうことになる。
それはあまり美しくない。

ではどうするか。

エンボッサーのようなモノで、レコードの外袋にギュっと版を押すのはどうだろう。
光の具合でうっすら見える程度の蔵盤票である。
オリジナルデザインでこんな蔵盤票ができたらさぞ楽しいだろう。


※1
オリジナル盤とは、あるレコードが最初に発売された時に売られていた古いレコードのこと。
※2
オリジナル盤など特に古いレコードを中心に販売している中古レコード店のこと。


JUGEMテーマ:アナログ


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(10) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 11:38
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








rumirumimmさん、どうも!

新しい記事の写真、喜んでいただけたなら何よりです。
写真の文鳥のブンチャンはすで亡くなってしまい、いまは2代目のギンチャンがいます。
天国のブンチャンも喜んでいると思います。
そしてレコード棚をお誉めいただき嬉しいです。
がんばったかいがありました(笑)

レコード棚は自分で設計し材料屋さんに板を切り出しもらい組み立てました。
やる気さえあればrumirumimmさんでも出来ると思いますよ。
既製品なら「レコード棚」でネット検索すればいろいろ出てきますし、定番のマンハッタンレコードやディスクユニオンの棚ならある程度リーズナブルではないでしょうか。
私もマンハッタンレコードのを使ってました。
posted by mono-mono | 2011/09/20 11:23 PM |
わー!ありがとうございます!
そうです、女性です。レコードもCDも両方聴きます。

ところで、新しいブログも、開いた瞬間棚と文鳥(?)の写真がバーンと目に入ってきてびっくり&とてもうれしかったです。

すごく素敵な棚ですね。手作りならではの、全てを収納できる棚で
うらやましいです。私も手作りできたらなあ。
これまでは無印の棚を使っていたんですが、棚板が重みに耐えかね
軋んで反ってきたのもあり、買い換えようかと。
でも探すとなかなかないものなんですね。だけど、mono-monoさんの棚をみてやっぱり妥協せずに気にいったものを見つけたいなと思いました。本当にありがとうございます!

posted by rumirumimm | 2011/09/20 12:33 PM |
rumirumimmさん、どうも!

お名前から察するに女性のように思われますが、レコードを聴くのですか。
しかも帯を大事にしてらっしゃるご様子
素晴らしい。
レコードの外袋はしばらくすると曇ってくるので外すと新鮮ですよね。

ではでは、わが家の棚を大公開っす(笑)
幅は両手を広げたくらいで高さは2mくらいあります。
CDや本も収められるように、がんばって手作りしたっす。
http://mono-mono.img.jugem.jp/20110503_1800299.jpg
http://mono-mono.img.jugem.jp/20110223_1686494.jpg
これでなんとなく様子は伝わりますかね?
rumirumimmさんはどんなレコード棚をお使いですか?

ちょうどレコードの記事を準備してたのでまたアップします。
posted by mono-mono | 2011/09/16 9:20 PM |
いつも楽しく読ませていただいています。写真も、掲載されているレコードもとてもいいなあと思っています。先日引越しをした際に、レコード袋がボロボロなので一気に処分したところでちょうどこのブログを読んで、初めてコメントをしたくなってしまいました。外袋はレコードについてる帯が破れないように必要かなあとは思いつつ、やっぱり全部を改めて入れなおすのは大変ですよね。
ところでmono-monoさんは、棚はどんなのを使用されていますか?
またレコード収納の写真なんかも見れたらとてもうれしいです。
posted by rumirumimm | 2011/09/16 12:39 PM |
pinkislandさん、どうも!

外袋ナシ派といいつつやっぱり使ってるだなんて嬉しいじゃありませんか(笑)
ラミネイテッドスリーヴが痛み防止とは、なるほどです。
ブルーノートとかはそれだけのこだわりを感じますね!

DUで外袋サービス廃止になってませんか?
posted by mono-mono | 2011/08/23 7:05 AM |
 私も外袋は基本的にしてません。ヴィニールの厚さだけでこれは相当あるなと思ったクチです。

でも、やはり例外はあるもので、クリムゾンのファースト(自分で言うのもなんですが、ジャケがきれいなんです)やテクスチャースリーブの傷みやすいジャケの何枚かは、外袋に入れています。

ラミネイテッドスリーヴは外袋がなくてもいいように、作られたものだと思ってます。最近のDUでは、ヴィニール袋いりますか?って聞かれますものね。(いらないと答えます)
posted by pinkisland | 2011/08/21 11:55 PM |
cozyさん、どうも!

新しい外袋にしてあげると気持良いですよね。
レコードがシャキっとします(笑)

外袋に入れていて外すとそれはそれで新鮮に見えますから、実はどっちもどっちなんでしょう。
今は外袋に入れて楽しんでいます。

好評につき、エンボスなんとかならないかなァ(笑)
posted by mono-mono | 2011/08/21 9:01 PM |
エンボスは良いアイデアですね
LPは見開きとかは袋にいれてましたが
増えてきてラックにおさまらなくなったのでほとんどのは捨てました
最近 EPが増えてきたので 外袋買いました
新しい外袋に入れ替えてやるとEPが新しくなったようで気持良いです。
posted by cozy | 2011/08/21 11:19 AM |
god-zi-llaさん、どうも!

そうでしたか。
同じようなレコード人生を送っていらっしゃるとは励みになります(笑)
レコードライフサイクル理論みたいな論文が書けたりして。

外袋にエンボスの蔵書印って面白いと思うんですよね。
100枚単位ってアイディアいただきます!
あとは出資者を募って、レコ袋専門店(笑)
posted by mono-mono | 2011/08/20 9:20 PM |
んー、いったん外袋を全部捨てて身軽になっておきながら、のちのち貴重盤だけ外袋に入れるようになって…。

ぼくもまったく同じ人生です(笑)
もしかして、レコード好きにはありふれたケース?(笑)

外袋に蔵書印がわりのエンボスを施すっていうのは、いいですね。
もしレコードを処分しなきゃならないような日が来たとしても、ジャケットはきれいなままだから不都合ありませんしね。

100枚単位くらいで特注できるんだったら、やってみたいなあ。

posted by god-zi-lla | 2011/08/20 3:04 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/817
<< NEW | TOP | OLD>>