MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Arne(アルネ)10号 10:47

Arne(アルネ)は、イラストレーターの大橋歩さんが、自分のやりたいことを自分の出来る範囲でやりたいようにまとめた、50ページほどの雑誌です。
02年に創刊し、09年に惜しまれつつ終了しました。
その間、年4冊、30号まで発行されました。
私の手元にも、数冊ですが、そのアルネがあります。
すこし厚手のしっかりした紙が真ん中でホチキス止めされています。
ほんとうに手で作った冊子のようです。
紙面もいたって簡素です。
手描き文字があって、写真はときに不鮮明で大きさも置き方もそろっていないし、すきだらけの素人仕事みたいにみえます。
でもこれは計算づくの「ゆるさ」なのです。
大橋歩さんの神経の行き届いた世界とは、つまりこういうことなのです。
普通の人が一生懸命見やすいように伝わるように紙面をレイアウトしたらこうなるだろう、というデザインなのだと思います。
一見プロの仕事の対極にあるように見えますが、これもれっきとしたプロの仕事なのです。
洗練された完成度を誇る都会的なデザインがすべての場面で良いとは限りません。

持っているアルネのなかでも私にとって特別な1冊、アルネ10号をご紹介します。
「特集:赤木智子さんの家の仕事」
「おいしいコーヒー 代官山近辺編」
「オーダーでベーシックスーツをつくってもらう」
「人参とこんにゃくの白あえです」
表紙に並ぶ、大橋歩さん手描きの見出しはこれだけですが、実はスペシャルなページが隠れているのです。
見開きで10ページもあります。
表紙から順にページをめくっていくと、「おいしいコーヒー 代官山近辺編」に続いてそれは唐突に始まります。

「村上春樹さんのおうちに伺いました。」

先日このブログでも紹介した、村上春樹さんのエッセイ「村上ラヂオ」には、毎回大橋歩さんのエッチングが添えられています。
「アンアン」の連載が単行本としてまとめられた際に、大橋歩さんは村上さんにエッチングをプレゼントし、そのお礼として村上さん宅にご招待されたのだそうです。
大橋歩さんは村上春樹さんの長年の大ファンで、一緒に仕事できることにどきどきしたのだそうです。
「ファンの私にはお話しできるだけでも舞い上がるのに、おうちにまで伺えてどんなに幸せだったことか。」
この記事からは、少女のようにわくわくしている大橋歩さんが目に浮かびます。

リビングがあり、ダイニングがあり、キッチンがあり、書庫があり、村上春樹さんと奥様の生活が伺える写真がたくさん載っています。
ハイライトはなんといっても、村上春樹さんの仕事場でしょう。
書斎の正面にデンと置かれたJBLの黒いバックロードは、ジャズ喫茶「ピーターキャット」時代から使い込んでいるスピーカーです。
部屋の右サイドは一面が作り付けのレコード棚になっています。
「しょっちゅう古レコード屋に行ってさがされているみたい。どうやってさがされているかというと、5,000円以上は出さないのがポリシーだそうです。」
ほんとかなあ?と思いつつ、このあたりのストイックさが村上春樹さんらしい、とも私は思うのです。

最近ではメディアにほとんど登場しない村上春樹さんのプライベートがここまで見られるなんてとんでもなく貴重です。
ご夫婦のプライバシーへの配慮の結果が、一切クレジットなし、ということになっているのでしょう。
村上春樹さんと奥様も、大橋歩さんの大ファンなのではないか、というのがここに登場した理由ではないかと私は思っています。
それはとても素敵な関係です。


JUGEMテーマ:村上 春樹
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:47
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








hiyohiyoさん、どうも。
すいません、書き損じにつっこんでしまいました。

ほぼ日の対談、私も今回知りましたが、とても素敵な内容だし、とってもながあいのでじっくりと楽んでください。
実はまだ読み終わってません(笑)
posted by mono-mono | 2011/05/31 11:27 PM |
ミモザさん、どうも。

この号、人気があるのですね。
モノは、それを求める人のところにいくように出来ていると、コレクターのはしくれである私は信じています。
必ず想いは通じますよ。
posted by mono-mono | 2011/05/30 8:45 PM |
mono-monoさん

くすくす。
最後の「と思った」は書き損じです(笑)
続きはなくてごめんなさい。

ほぼ日の記事、初めてみました。
ありがとうございます。
じっくり読みたいと思います。
posted by hiyohiyo | 2011/05/30 11:08 AM |
こんばんは。

これ、今の欲しいものリストの上位にランクインしたので、いろいろリサーチしたのですが、ヤフオクだと3800円前後が相場のようで、ちょっと手が出ません。
もうちょっと落ち着いてからにしようかなと。
辛抱強く探します。
いつかなんとかなるでしょう。
posted by ミモザ | 2011/05/29 9:29 PM |
hiyohiyoさんのルーツは大橋歩さんにあるのですね。
いいこと聞いちゃった。
嬉しいな。

大橋歩さんや「アルネ」の影響はいろんなところで感じます。
一本芯の通った揺るぎない「素敵さ」が大好きです。

hiyohiyoさんコメントには続きがありそうな気が。
そうだとしたら、お待ちしております(笑)

ほぼ日のこんな記事ご存知ですか?
http://www.1101.com/store/sayonaraarne/
posted by mono-mono | 2011/05/29 1:55 PM |
こんにちは。
雨の日曜日ですね。

「アルネ」わたしも数冊持っています。
可愛い雑誌でしたよね。
今、いろいろ出ている”ほっこり系”の
雑誌は、けっこう影響受けているような気がします。

実は大橋歩さんは、わたしが美大に行こうと
思ったきっかけの人なんです。
昔、大橋さんが「STADIUM」というブランドを
やっていらして、文房具とかパジャマとか
オリジナルグッズを展開していました。
高校生の頃、それがすごく大好きで、
そういう仕事に就きたいなぁと思ったのでした。

今は、いくつになっても可愛い雰囲気をなくさない、
大橋さんの生き方そのものに興味がありますね。
と思った
posted by hiyohiyo | 2011/05/29 12:02 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/787
<< NEW | TOP | OLD>>