MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
THE ワル 07:30

少年には、優等生と不良と、その中間がいる。
中間にいる少年は、優等生と不良、どちらを目指すかでその人生は大きく異なってくる。
私は不良にはなれなかったが、おおいに憧れた。
中学生の頃、当時はヤンキー全盛の昭和50年代。
昭和50年代のことを80年代と西暦で語ったらニュアンスがぜんぜん違ってしまう。
ヤンキーには「昭和」が似合う。
80年代には「ベストヒットUSA」が似合う(笑)

昭和50年代は、ナメネコ、横浜銀蝿、暴走族、校内暴力荒れる学校という時代。
ポマードてかてかのリーゼントにカスタムを施した丈の長い学ランが当時の典型的なヤンキースタイル。
私の通う中学の制服はブレザーだったので、学ランを着たことはない。
それだけに学ランへの憧れも強かった。
学校指定のスラックスの裾を細くつめる程度に反抗を試みる少年だった。
初めて自分からミシンを踏んだのってあれが最初だったのだろう。

中学から高校に進学する頃には、ヤンキー文化も下火になっていた。
私の興味も完全に音楽つまりロックへと移っていった。
ロックンロール、ハード・ロック、ヘヴィ・メタルそしてパンク。
キッスとの出会いが小学生の頃にあって、オジー・オズボーンに夢中になって、セックス・ピストルズ、クラッシュに衝撃を受けた。
すでに解散していたハノイ・ロックスを知ったのは高校生になってからのこと。
ジョニー・サンダースは生きる伝説だった。
シド・ヴィシャスに憧れたりもした。
彼の写真を今見ると十分に子供っぽくて笑顔があどけなく見える。
肌なんかつるっとしてる。
今の私の半分の歳なんだから…。

ガンズ・アンド・ローゼズが登場したのは高校2年だったか。
モトリー・クルー以降のLAメタルシーンにあってガンズ・アンド・ローゼズは一番の衝撃だった。
デビュー前から噂が噂を呼んでいた。
なにしろ静岡の田舎町にまでその噂は届いていたくらいだ。
4曲が収録されたインディー盤を入手して、どきどきしながら聴いたものだ。
AC/DCを思わせるアクセル・ローズの声は強烈なインパクトだった。
それからすぐにリリースされた正式デビューアルバム。
あれは確か夏休み直前の暑い日だったと思う。
同級生が輸入盤のカセットを買ってきてくれたのだった。
休み時間にウォークマンで早速聴いた。
オープニングナンバーの「ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル」。
このイントロは新しい時代の訪れを高らかにつげるファンファーレだった。
スラッシュの、ゴツゴツゴリゴリしながら、次第にスピードをあげて滑り出すギターリフは、背中をゾクゾクと刺激した。
ガンズ・アンド・ローゼズがその年の夏休みの扉を押し開けた。

ガンズ以降、ヘヴィ・メタルとロックン・ロールをたして、パンクのスパイスを加えた不良っぽいロックバンドがドドっと現れた。
彼らはバッド・ボーイズ・ロックなんて呼ばれてた。
LAガンズ、ファスタープッシーキャット、ポイズン、シンデレラ、スキッド・ロウなどなど。
うわ懐かしい。
イギリスからはもうちょっとレイドバックした、クワイヤボーイズ、ドッグスダムールなんてフェイセズ、ストーンズ系のバンドもいたなあ。
日本にも、レッド・ウォリアーズ、ジギーのほか、静岡にはアーグポリスってローカルバンドがいた。
このバンドのベーシストはロビンといって、のちにイエローモンキーのフロントマンとして大ブレイクする吉井和哉であった。

先日入手した「ROCK CITY ANGELS」の懐かしいレコードについて書こうとしたら、いつの間にかガンズから昔話へ向かってしまった(笑)
バッド・ボーイズ・ロックの代表的なレーベルにしてガンズと同じ、ゲフィンから2枚組という破格のデビューアルバムで登場したのがこの「ROCK CITY ANGELS」だ。
ZZトップをベースにブルースやソウルの影響も感じさせる乾いたブギーサウンドは、音楽的に幼かった当時の私にはずいぶん大人っぽく感じられた。
オーティス・レディング「ジーズ・アームス・オブ・マイン」を演ってるんだぜ、なんて思ってた。
この「ROCK CITY ANGELS」は、大学生の頃聴いていた。
そして誰かに誘われて埼玉のライブハウスでライブを見た気がするのだけれど違ったかな?(笑)
この「ROCK CITY ANGELS」には、ジョニー・デップも在籍していたということを最近知った。

たぶんきっと、いまどきの少年たちも不良に憧るのだろう。
最近の少年たちはどんな音楽に不良性を感じるのだろうか。
間違いなく不良と言ってイメージするスタイルは私と大きく違う。
不良の音楽といってロックをイメージするのは、昭和40年代に生まれが最後の世代だろうか。
SEX, DRUGS and ROCK AND ROLL(笑)
私はいまでも、不良に憧れる少年のままなのだ。


この2枚組ダブルジャケットのレコードはシュリンク付きなのだが、こんなどうでも良い(といってはなんだが:笑)レコードでもシュリンクを破ることができない…。
なんだろう、自分。
内ジャケがどんなか気になるけど…。
トホホ。





JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(8) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 07:30
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ひでさん、どうも。
その後いかがですか?

先日のスマパンといい、けっこうカブってますよね。
「いつまでもこういう音に感動出来る人で居たいです」
いいですねえ。
実は私、すっかり忘れたつもりだったんですよ、この手のロックは(笑)
でもやっぱり気になっちゃうんですよね。
処分しちゃったあの頃好きだったレコードを買い直すなんて、実際思ってもみませんでした。
次は、ファスタープッシーキャットかな(笑)
posted by mono-mono | 2011/05/31 10:50 PM |
>少年には、優等生と不良と、その中間がいる

良い子、悪い子、普通の子!(笑)
僕も不良に憧れる普通の子でした。ガクランは持ってなかったけど、シャツとズボンはキッチリ校則違反してましたよ。

私はmono-monoさんより5つ上ですが音楽的影響もかなり似通っている事に少し驚いてます。
キッスに始まりロンドンパンク、ハノイロックス、LAメタル…

当時、バカなりに悩みや不満もたくさん抱えモンモンとする毎日でしたが、そんな中で心を支えてくれたのがロック、それも飛び切りワルな連中のロックンロールでした。
未だにこの頃のロック聴くと胸が熱くなっちゃいます。

「ROCK CITY ANGELS」…居ましたねぇ〜。
聴いたことないんですけどルックスが気になって一応チェックしてたの覚えてます。ジョニーデップが居たんですか…へぇ〜

40過ぎても悪い子ロック。良い大人が…なんて言われそうだけどそんなことカンケーネェ〜(笑)
いつまでもこういう音に感動出来る人で居たいです。

この前もガンズのブートDVD、目頭熱くしながら観てました。
愛おしきは過ぎ去りし日々…
posted by ひで | 2011/05/31 3:03 PM |
goldenblue兄さん、どうも。

お疲れっす。
遠くへ出張することのない私からすると沖縄は羨ましいのですが、旅行とは違うのでいろいろ大変なのでしょうね。
日帰りで大阪ってだけでも嫌な私ですから(笑)

時代といいますか、学校の雰囲気的にもメタル系は流行っていました。
「クレイジートレイン」かあ、ランディ・ローズが懐かしいなあ。
聴きたくなります。
安い国内盤買おうかなァ。
posted by mono-mono | 2011/05/30 9:46 PM |
mono-monoさん、こんにちは。しばらく多忙にしていました。
記事によると僕は学年で3つ上ですねぇ。HR/HMの嵐が吹き荒れたのは高校生の頃で、ガンズがデビューした頃にはもう悪ガキ系はほとんど聴いてなかったのでROCK CITY ANGELSのことは知りません。この年ごろの二、三年は大きいですよね(笑)。
今HR/HMを聴くことはほとんどないですが、この頃に聴いたものはしみつき具合が違うようで、ふとしたときに「クレイジートレイン」のリフが頭の中で突然鳴りだしたりすることはあります(笑)。
posted by goldenblue | 2011/05/30 8:22 AM |
ン、プラスマイナス1歳???
どっちだろう(笑)

内ジャケ写真のアップありがとうございます!
「small town talk」ってページのこと知りませんでした。
タイトルがまた、にくいカンジっすね。
posted by mono-mono | 2011/05/28 2:08 PM |
・・・・・。
プラスマイナス1歳です^^;

えー(笑)、内ジャケ、ゲストブック(BBS)にのせました。
(拙ブログの右下のバナーからおはいりください。)
ほんと、どうでもいいようなバンドフォトです。
ジョニーってほんとにキースのこと好きなんでしょうね。
posted by ミモザ | 2011/05/28 1:15 PM |
ミモザさん、どうも。
私は5歳くらいの範囲でミモザさんが下だと思ってますがいかがでしょう?
私は69年生まれ、つまりロック!っす(なんて:笑)

レコードの内袋、D面のスペシャルサンクスをチェックするとジョニー・デップの名前があります。
ジョニー・デップはもともとバンドはやってたようですが、もしかするとここクレジットがあるところからネットの噂になって…というだけかもしれません。
だとしたらご免なさい。

内ジャケ紹介楽しみにしています〜!
posted by mono-mono | 2011/05/28 10:38 AM |
monomonoさん、同い年ぐらいですねーきっと。
(もっと上の方かと・・)
この辺は、青春ど真ん中ですもん。

「ROCK CITY ANGELS」。
何十匹といた二匹目のドジョウでしたが、ワルさ加減はかなりのもので、本物っぽかったです。
ジョニーデップが在籍してたのは知りませんでした。
わかってるヤツですねージョニー。

シュリンクはがないほうがいいです。
このどうでもよい(笑)ようなレコードの内ジャケ、どうでもいいようなバンドフォトが一枚だけ。
近日中にお見せします^^
posted by ミモザ | 2011/05/28 9:25 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>