MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
BACK ISSUE 22:00

「古い雑誌はタイムマシーンだ、すてないで大事に
 とっておきたまえ、と誰かが言っていた。」
という片岡義男のエッセイがある。
コーヒーでも飲みながら古い雑誌のページをめくると、たちまちその雑誌の時代へタイムトラベルできてしまうと誰かが言っていた、と片岡義男はそのエッセイに書いている。
こう書いたのち、片岡義男は50年代の大衆雑誌の大発掘を行うのだった。

なるほど、と思った私はすてないで大事にとっておいた雑誌を引っ張りだしてきた。
50年代の大衆雑誌ではない。
「GQ JAPAN 1994年10月号」である。
この雑誌は発売時に買ったのではない。
後に存在を知り、探したあげくに神保町にまで足を運び、それなりに苦労して手に入れたのだった。
それ以来、思い出したように手に取っては読み返してきた。
つまりちょっとした宝物なのだ。

「GQ JAPAN 1994年10月号」には、村上春樹によるインタビュー記事が載っている。
インタビューの相手はビル・クロウ。
ビル・クロウは、ジャズベーシストである。
村上春樹はビル・クロウをこう紹介する。
「50年代始めのスタン・ゲッツ・クインテットのベーシストであり、ジェリー・マリガンのピアノレスカルテットおよび伝説のコンサートジャズバンドのベーシストである。主役を張るタイプではないが、静かに確実に、時代の節々で心に残る演奏を残した」

彼のニューヨーク郊外の自宅を尋ね、二人はじっくりと語り合っている。
共演した数多くのミュージシャンのこと、ツアーで訪れた東京のこと、ベースという楽器のこと…。
村上春樹がビル・クロウのディスコグラフィを作って持って行ったら、「なかなかよく調べてあるね」と言って自分のコンピュータから2倍はあろうかというディスコグラフィをプリントアウトしてくれた!
このインタビューは今年出版された村上春樹の「雑文集」にまとめられているが、それまではここでしか読めなかった。
しかしその「雑文集」には、ニューヨーク郊外にあるビル・クロウ宅の気持ち良さそうな庭で語り合う二人の写真は載っていない。
ということでやはり、このバックナンバーは宝物なのだ。

このインタビューは、村上春樹がビル・クロウの著書「FROM BIRDLAND TO BROADWAY : Scenes from a jazz life」を翻訳したから実現した。
このGQが出た頃「小説新潮」に「FROM BIRDLAND TO BROADWAY : Scenes from a jazz life」は連載されていたという。
それは後に「さよならバードランド」という本となり96年に出版された。
私はその単行本で「さよならバードランド」を知ったので、GQのこの号が出てから2年ほどたっていた。
なのでこの雑誌のバックナンバーを入手するにはちょっと苦労したのだった。

アマゾンで「さよならバードランド」はこのように紹介されている。
「楽器ひとつあれば、この世は極楽だった。1950年代、ジャズ黄金時代のニューヨークで活躍したベーシストの自伝的交友録。スター・プレイヤーのエピソード満載。村上春樹による超詳細レコード・ガイドつき」
パーカー、エリントン、マイルズ、モンクといったビッグネームの逸話が並び、グッドマンのロシア公演では血気盛んだったミュジシャンを抱えて収拾がつかなくなってしまうなんていうエピソードなどがひょうひょうと語られる。
ジャズ好きなら絶対に楽しいこと請け合いの1冊である。

私のビル・クロウが参加している中でもっとも好きなレコードは、THE GERRY MULLIGAN QUARTET "What Is There To Say "である。
1音1音を慎重に、あるべき場所にそっと置くような演奏が聴ける。
是非どうぞ!




ここでベースを弾いているのはもちろん、ビル・クロウ!!






JUGEMテーマ:気になる書籍
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:00
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








pinkislandさん、どうも。

その「サウンドレコパル」見てみたいなあ。
お店をやってた頃、オーディオ誌なんかにもぼちぼち紹介されてたようですね。
経営努力の一環として雑誌への営業活動も頑張っていたのではないかと推測します。
どこかに掲載雑誌一覧などないか探してみようっと(笑)

おっと、東京紅団にこんなのありました。
http://www.tokyo-kurenaidan.com/haruki-jazz2.htm
http://www.tokyo-kurenaidan.com/haruki-jazzbar.htm
ご存知かもしれませんがどうぞ。
posted by mono-mono | 2011/05/28 6:48 AM |
 雑文集に載ってましたね。半分くらい読みました。

村上春樹がまだ店をやっていた時に、たしか「サウンドレコパル」だったと思うのですが、レコードを集めている人を紹介するコーナーがあって、そこに彼が出ていました。

賞を取った新進気鋭の作家ということで「キログラム単位でレコードを買うようになった」とか「最近はEW&Fを聴いているとか(多分)」言っていたような気がします。

あいにくもうその雑誌はありませんが、たぶん売ってないだろうなあ。
posted by pinkisland | 2011/05/27 6:16 PM |
「巻末のハルキさん私的ディスコグラフィー」素晴らしすぎます。
私もあれに載ってたから出会えたレコードも多いです。
ご存知だとは思いますが、私もROCK少年だったし、今はROCKおやじです(笑)

そうそうこの片岡義男は、5Bの鉛筆で書いた、です。
で今、昼月の幸福、を読んでいます。
posted by mono-mono | 2011/05/26 8:41 PM |
僕はROCK少年でしたが、JAZZの入り口は「さよならバードランド」でした。
巻末のハルキさん私的ディスコグラフィーをみて、何から聴こうかワクワクしたものでした。

「雑文集」買わなきゃダメみたいですねー
でも片岡義男が読みたくなっちゃいました(笑)
posted by ミモザ | 2011/05/26 5:46 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/785
<< NEW | TOP | OLD>>