MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
米アーティスト スーズ・ロトロ(Suze Rotolo)2月24日死去 67歳 08:45


  1943年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。中高生の頃からグリニッジ・ヴィレッジ周辺の
  フォーク・ソング復興運動に参加。
  61年17歳のときに無名だったボブ・ディランと知り合い恋人になる。初期のディランにイン
  スピレーションを与えたとされる。
  72年国連の映像編集者エンゾ・バートッチオーリ(Enzo Bartoccioli)と結婚。
  05年ディランのドキュメンタリー映画「ノー・ディレクション・ホーム」にインタビュー出演。
  ディランらを含むフォーク・ミュージシャンたちの群像を回想した著書「グリニッチヴィレッジ
  の青春」を出版。

いま、ラジオをつけたら初期のボブ・ディランが流れててすぐにおわってしまった。
するとピーターバラカンがスーズ・ロトロの訃報を告げた。
ビックリした。
動揺した。

急いで大好きな「フリーホイーリン」のジャケットを取り出した。
このジャケットの、この写真の美しさ、素晴らしさ。
言葉にならない。
いつか記事にしたいと、このジャケットについて語りたいと、ずっと思ってきた。
思うように書けなくてあきらめてなんども試したけれど結局そのままになった。
こんな風に、訃報を書くなんて思わなかった。

スーズはこのジャケットでのみで語られることが苦悩だったのだけれど…。

「ノー・ディレクション・ホーム」でスーズの動くところを見て、ディランについて語るのを見れて嬉しかった。
「グリニッチヴィレッジの青春」を読んで、彼女のディランへの想いの深さ、複雑、葛藤に心をうたれた。
彼女の語る、若き日のディランは、才能あるひとりの若者であって、本人やメディアが作り上げた神話世界のディランではなかった。
スーズ・ロトロをもっと好きになった。
ディランがすごく身近に感じられて、ディランもっと好きになった。

また、「ノー・ディレクション・ホーム」を見よう。
もう一度「グリニッチヴィレッジの青春」を読もう。

ご冥福をお祈りします。








JUGEMテーマ:No Music, No Life


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BOB DYLAN | comments(8) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:45
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








coskさん、どうも。

青春時代の憧れの女性、でしょうか。
私もバラカンさんのラジオを聴き逃していたら知ることは無かったかもしれません。
悲しいですね。
コメントありがとうございます。
posted by mono-mono | 2011/03/08 11:43 PM |
青春時代、ディランの歌詞に自分の気持ちを重ね合わせていたので、彼女の死は自分の学生時代の彼女が亡くなったような錯覚になります。かなり落ち込みます。
彼女がいなければ、数々の偉大な傷心ソングは生まれませんでしたね。
mono-monoさんのブログで今朝、彼女の死を知りました。
こればかりは、私にとっても、 Don't think twice, it's all rightとはいきません。。
合掌
posted by cosk | 2011/03/08 8:31 AM |
yuki7207さん、どうも。
お元気そうで何よりです。
「Walking Slow…」閉鎖とは残念ですが、「small daily life」での復活を楽しみにお待ちしてます!

bobさんからyuki7207さんにお名前が変わるとそれだけで印象もまったく違います。
不思議なカンジです。
posted by mono-mono | 2011/03/07 10:54 PM |
こんにちは、bob改めyuki7207です。

このたび休止中ブログ「Walking Slow…」を閉鎖することとしました。
開設以来3年あまり「Walking Slow…」においては、いろいろとお世話になりありがとうございました。

身辺が少し落ち着いてきたので、新URLでのんびりとまた始めようかと思っています。

記事に関係のない投稿にて失礼いたしました。
posted by yuki7207 | 2011/03/07 1:03 PM |
@katsuさん、コメントありがとうございます。

@katsuさんの「悲しい」という言葉に悲しみの深さを感じます。
「ぼくにとって“青春”の代名詞のようでした」
私は後追いにならざるを得ない歳ですが、このジャケットは「青春」という言葉の結晶のような気がしています。
時代が変わっても、ずっと引き継いでゆきたいレコードです。
posted by mono-mono | 2011/03/06 7:26 AM |
★ディラン&スージさんの微笑ましい2ショットがジャケ写を飾った2カンド盤。ぼくにとって“青春”の代名詞のようでした。悲しい。菅野ヘッケルさん訳の『グリニッチヴィレッジの青春』は、涙でボロボロのなりそうです。
posted by @katsu | 2011/03/05 8:22 PM |
ミヤサン様、コメントありがとうございます!
このジャケットは素敵すぎますよね。

「スーズに出会ったボブはラッキー」
なるほど、面白い視点ですね。
おっしゃるとおりだと思います!
posted by mono-mono | 2011/03/05 6:10 PM |
本当に、いいジャケットですね。
スーズに出会ったボブはラッキーだな。
「グリニッジヴィレッジの青春」はいい本でした。
合掌
posted by ミヤサン | 2011/03/05 12:32 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/748
<< NEW | TOP | OLD>>