MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
バザーでレコードを買う 08:40

先週、ちび達の通う小学校でバザーが開かれた。
家でお昼を食べた後、のんびり妻と訪れた。
体育館にテーブルが配置され、家庭から持ち寄られた食器、家庭用品、衣類などが並べられている。
そろそろバザーの終わりも近いということで叩き売りが始まっていた。
良い品は午前中のうちに売れてしまったのだろう、売れ残り中心ののんびりした品揃えであった。

一通り見て帰ろうとした先に、床に段ボールにいくつか置かれ、本が詰まっているではないか。
近づくとそのうちの一箱にレコードが入ってる。
LPとシングルがあわせて四五十枚か。
まさかレコードがあるとはね、と妻が笑って言う。
もしかしてとは思ってたけど、と私。

小学校のバザーにレコードがあってもあまり期待は出来ないよ、と言いつつ見ないでは帰れないのが私だ。
しかし、すごい勢いでレコードをチェックしているところを同級生の父兄に見られたら恥ずかしい、とも思いつつ、膝を折ってさくさくっと段ボールの中のレコードを見る。
横を「あらレコード懐かしい」なんて言う御婦人が通り過ぎる。
もちろんこれがレコードに対する普通の反応ではある。

そこにあったレコードは、懐メロや演歌系といった私にはどうでもいいモノがほとんどだったが、2枚だけ抜いてみた。
1枚は写真のリー・コニッツのヴァーヴ盤「モーション」である。
帰って無造作にジャケットに貼られた「¥100」の値札を剥がしたら四角く抜けてしまった…。
ま、バザーだからしょうがない。
もう1枚は、グラハム・パーカーの何かで(タイトルは忘れた)、中身を確認したら演歌のレコードが入っていた。
あぶないあぶないと箱に戻した。

妻が買った皿などとともに会計を済ませる。
帰りの道すがら、バザーにレコードがあるなんてね、と話しながらふと、ほかにどんなレコードがあったのかを考え、ごっそり誰かが抜いてたりして、と思ったら想像が暴走し困った。
つまり、リー・コニッツの「モーション」なんていう分かったレコードを持っていた人が出したということは、ほかにもそれなりのタイトルがあったかもしれない訳で、バザーでレコードチェックする人は少ないとしても、見る人が見ていたら1枚100円だしまとめて買っていこう、ということになってしまったのではないか。
とすると、一体どんなレコードがあったのだろう。
まさか、モダン・ジャズのオリジナル盤があった可能性は低いとしても、無かったとは誰にも言い切れない。
いやまさかまさかロックやソウルやジャズのアメリカ盤がザックザクだったなんてあり得ない、と思いたいが可能性は可能性として決して否定出来ないのである。
ああ午前中から見とけば良かった、なんて後悔してもあとの祭り。
私が悔しがる横で、妻はただあきれて笑うのみである。

帰って聴いたリー・コニッツの「モーション」がまたとびきり格好いいじゃないか。
リー・コニッツ(as)が、エルヴィン・ジョーンズ(ds)、ソニー・ダラス(b)という黒人リズム隊に真っ向勝負で対峙したピアノレストリオ。
気合いと緊張感みなぎる好盤である。
ほかにどんなレコードがあったのかなァ。
はあ。








JUGEMテーマ:モダンジャズ
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(10) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:40
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ミモザさん、ようこそ!
コメントいただきとても嬉しいです。

「レコ屋以外でみつけたレコードは不思議と得した気分になります」
ですよねェ。
「やった感」満載でスペシャルなカンジします。
安い場合が多いし(笑)

東京でもレコード屋さんはじわじわ減ってます。
厳しい世の中っす。
posted by mono-mono | 2011/02/12 11:54 PM |
god-zi-llaさん、どうも。

笑っていただけたようで何より嬉しいっす。
「そんなモノはもともとなかったかもしれないのに」ね。
なのに考えちゃうんです。
キリがありませんし答えも無いしドツボっす。
まさに「暴走」っす。
posted by mono-mono | 2011/02/12 11:53 PM |
pinkislandさん、どうも。

なにッ?!
21円均一でサンフラワー米盤オリジナルゥ?
羨ましすぎます。

「自分を待っていてくれたような気もします」
ですよねェ。
醍醐味っす。
posted by mono-mono | 2011/02/12 11:53 PM |
Pluto76さん、どうも。

「バザーは意外といい」は、確かに私もそう思います。
ただ、必ずしもレコードがあるとも限らなかったりするので、ハイリスクハイリターンというカンジでしょうか(笑)
空振り、オケラに要注意ってことで。

では次は『Live at the halfnote』を狙って行きます!
posted by mono-mono | 2011/02/12 11:53 PM |
cozyさん、どうも。

「モーション」格好いいですよね!
痺れました。

演歌を否定してるのでは全然ないっす。
私の場合、馴染みが無いんです。
posted by mono-mono | 2011/02/12 11:52 PM |
こんにちは。
レコ屋以外でみつけたレコードは不思議と得した気分になります。
あれ不思議ですね。
バザーとか、古本屋とか。

地方はどんどん中古レコ屋さんが姿を消しています。
posted by ミモザ | 2011/02/12 10:24 PM |
mono-monoさんの「妄想」、わかりすぎるほどわかります!
ひっくり返って涙出るほど笑い転げちゃいました。

そうなんですよねえ。
すでにそこにないモノがなんだったのか?
そんなモノはもともとなかったかもしれないのに。

妄想だけが暴走するんです(笑)
posted by god-zi-lla | 2011/02/12 7:24 PM |
 バザーではないですが、以前ハードオフでふふふーんと期待もせずに行った店で、21円均一でレコードが売っていたのには、びっくりしました。

ビーチボーイズのサンフラワー米盤オリジナルが買えたのは、嬉しかったです。ああ、こんなところに並んでいるなんてって、自分を待っていてくれたような気もします。
posted by pinkisland | 2011/02/12 1:23 PM |
mono-monoさん、こんにちは。

「バザーは意外といい」というのが僕の思い込みです。
友人は『第七官界彷徨』を見つけ興奮していました。
何がどう違うのか分からないけど、オリジナルに一番近いそうで……。

それはさておき、

『Motion』3人が素手&グーで殴り合ってるみたい。
この頃は見た目が林家正蔵(こぶへい)みたいですけど。
『Live at the halfnote』とともにおきにいりのVerve期です。

だらだら失礼しました。
posted by Pluto76 | 2011/02/12 12:24 PM |
こんにちは

良い掘り出し物ですねぇ

>すごい勢いでレコードを見ているところ

>「あらレコード懐かしい」

うう、わかるなぁ


演歌も良いかなぁ と少し思うこの頃です。
posted by cozy | 2011/02/12 11:18 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>