MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
美しいスピーカー 08:53

古いスピーカーを使っている。
1950年代後半にアメリカで作られたとても古いスピーカーである。
古いスピーカーだからといって、別に古くさい音がする訳ではない。
戦前などを描いたドラマで聴こえてくる、当時のラジオのような音では決してない。
ウチで音楽を聴いて、そうと知らなければ、古いスピーカーから流れていることに気がつかないだろう。

このスピーカーはとても大きい。
直径が15インチあるスピーカーユニットだ。
15インチとは、およそ38センチの大きさである。
その15インチのスピーカーユニットが、大きな箱に入っている。
こんな大きなスピーカーがどうして必要なのか、とあなたは訊くかもしれない。
どうして必要なのだろう?
その問いに私は答えられない。

先日、アンプとスピーカーをつないでいる電線を交換した際に、久しぶりにスピーカーボックスを開けた。
ずっしりと重いスピーカーユニットを取り出す。
鋳物でできたスピーカーユニットは9キロほどの重量がある。
取り出したスピーカーユニットにはほこりが積もっていた。
傷つけたりしないよう、やさしく慎重にほこりをはらい、ユニットを磨く。
その後でしげしげと眺めた。

スピーカーユニットの正面中央にあるアルミのセンタードーム。
コーン紙のゆるやかなカーヴ。
とても良い顔をしている。
そしてこのスピーカーユニットの裏側の姿がとても美しい。
フレームのグレイと磁気回路の入ったバックカバーのグレイ。
そこに付けられたメーカープレートにちらっと使われているゴールド。
なんという美しさだろう。

これを眺めながらレコードを聴きたい、と思う。
しかしスピーカーユニットは箱に入れて使うもの。
眺めるためのモノではない。
なので写真を撮った。
そしてスピーカーユニットは音楽を奏でるために箱に収められた。

さて、今日はどのレコードを聴こうか?



JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| AUDIO | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:53
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








yayoishibainuさん、どうも。

顔も大事ですが、長くつきあってゆくには後ろ姿も疎かにはできません(笑)
yayoishibainuさんの紹介するさまざまな顔や背中にも素敵な姿がたくさんあって、楽しませていただいています。
posted by mono-mono | 2010/12/25 7:55 AM |
albappaさん、どうも。

D208の後ろ姿も格別でしょう。
お互い、オーディオは音がでれば良い、では満足出来ない体質なようです。
これはゆずれない一線かもしれません。
posted by mono-mono | 2010/12/25 7:54 AM |
こんばんは。。。

美しい背中
合衆国の誇りですね。

マグネットカバーの
さりげない銘板
必要最低限の文字
そして色合

設計者の想い
お顔よりも
背中に感じます。

音色と同じ位に。。。




posted by yayoishibainu | 2010/12/24 7:44 PM |
こんにちは。

茶器やカメラを目で愉しむのに似たものがありますよね。

その辺の高揚感を含めた音楽生活。
読み進むに従い「ウン ウン」とうなずいてしまいました(笑
posted by albappa | 2010/12/23 3:33 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>