MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
電線の問題 22:49

白黒の電線を買ってきて、それまで使っていた赤黒の電線と交換した。
この電線は、音楽を聴く際に必要な電線だ。
アンプとスピーカーをつないでいる電線なのだ。
白黒も赤黒もアメリカ製の業務用電線である。
お手頃価格で評判が良い。

興味の無い方には、アメリカ製の業務用電線なんてものが売られていることに、まず驚くことだろう。
お手頃価格の電線? 電線に評判なんてものがあるの? と驚くだろう。
この電線は、アメリカで放送機器用の電線を作っている会社が、アンプとスピーカーの間に使うことを前提に開発した電線なのだ。

私は音楽が好きだ。
今でも暇さえあればレコード屋を覗いてレコードを探すほどだ。
私の好きな音楽の多くは今から50〜60年前に録音された。
そのため、レコードが録音されたのと同じ時代のオーディオを使っている。

つまり、60年くらい前、アメリカで作られたアンプを使っている。
このアンプには合計8本の真空管が使われている。
スピーカーも同じ頃のアメリカ製だ。
直径40センチもある大きなスピーカーが小型の冷蔵庫くらいの箱に収まっている。

あるウェブサイトで、そのスピーカー製造販売元の古いカタログを見つけた。
その古いカタログには、スピーカーに最適な電線の太さが「20awg」と書かれていた。
「awg」とは、アメリカの電線の太さを表す単位で、数字が大きいほど電線は細くなる。
これまで使っていた赤黒の電線は「16awg」だった。
現行商品で「20awg」の電線を探したが見つからず、「18awg」の白黒の電線を見つけた。
白黒は赤黒より細い。
少々頼りなくも見える。
しかし、わが家でつかっているスピーカーにはこの電線のほうが指定の太さに近い。

赤黒の電線は5年間ほど使ってきた。
もちろん音楽を聴く上での問題は無い。
気持ちよく音楽が聴ける。
ではどうしてアンプとスピーカーをつないでいる電線を変えるのか、とあなたは思うだろう。

電線を換えると、今までとどのように響きが異なるか、真剣に聴く。
大好きな何度となく聴き込んできたレコードにじっくりと音に耳をこらす。
それは新たな音楽体験と言って過言ではない。
新たな耳で、新たな気持ちでレコードに向き合うのだ。
これはつい、ぼんやり音楽を聴き流してしまいがちな自分の耳に対する挑戦ということなのだ。
音楽を、音を楽しむとは、私にとって、このような行為のことをいう。

アンプとスピーカーをつないでいる電線を換えると音が変わる。
その音が良いか悪いか、誰しも気になるところではある。
しかし、買ったばかりの電線は使うことによって音が成長してゆく。
最初は堅いよそいきな響きかもしれない。
使い続けることによって心地よい親密な音に変わってゆく。
電線で音が変わるなんて信じられない、とあなたは言うだろうか。
その変化はあなた自信に試していただくほかない。
残念ながら一体型のコンポをお使いの方には難しいが、興味があって、可能ならば、是非お試いただきたいモノだ。


たかが電線、されど電線。
なんて(笑)



JUGEMテーマ:アナログ
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| AUDIO | comments(8) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:49
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








非双子さん、どうも。

> 一般の民間人には???でしょう

ですよね(笑)
電線なんて何言ってるのかしら、と女性は思うことでしょう。

「無線LANは信じられん」とはカッコいいっす!
男の中の男っす(笑)
自分は軟弱な電線男と痛感しました…。
posted by mono-mono | 2010/12/15 11:09 PM |
WE、9497、8470、8460なんて一般の民間人には???でしょう(笑

私の家はメインが2階なんでブレーカーも2階
私の倉庫は1階、家内の居ないときに電気屋さんと
畳を剥がして専用配線しました。
家庭内LANはCAT7のケーブルを屋根裏に入って自分で配線。
無線LANは信じられん、電線が無いと正確に伝わらないと。
やっぱり電線病患者になってますね。
posted by 非双子 | 2010/12/15 7:11 PM |
ワガママおやじさん、こちらこそご無沙汰しております。

赤黒とは、WEではなく9497のことなんです、スイマセン。
私もWEの単線とか興味津々なんです。
そうか、ワガママおやじさんはWEをお使いですか、良いなァ(笑)

エイジングにはラジオのホワイトノイズもいいなんて聞いたことがあります。

実はわが家も冬場の結露に悩まされています。
レコードジャケット、カビますよね…。
トホホ…。
posted by mono-mono | 2010/12/13 11:07 PM |
cozyさん、どうも。

カウントベーシーがすっとんでくる8470ですか、良いですね。
私も久しぶりにアトミックベイシーあたりを聴きたい気分になりました。
エージングが進んだやや甘い音というのも気になるところです。
ゆかりさんなどとても良さそうではありませんか!
posted by mono-mono | 2010/12/13 11:07 PM |
ご無沙汰しております。ROMさせていただいております。
SPケーブルの話題に食いつきました。(笑い)
以前お使いの赤黒てWEですよね?
家いま赤黒使ってますので興味有ります。
昔嘘のような話ですが
線で縄跳びするとエージング進むと云う噂も有りました。
音は使うウチに段々落ち着く方向に行くように感じます。
雪国の当地ではオーディオ聞くにも厳しい時期がやってまいります。
急速暖房によりTT結露とか知らない間にジャケにも水滴が・・・
なにしろ北西角部屋で家人からは孤立してますから
posted by ワガママおやじ | 2010/12/13 6:40 PM |
8460にされたのですね
僕は8470を使っていますが、
交換した時(スピーカー内部も)はやや荒っぽい音でしたが
数日すると格段に音が活き活きと変貌しました。
カウントベーシーがすっとんできました。
めんくいさんのご意見では電線にもエージングがあるそうです。
僕のところは少し劣化が進んでやや甘い音になってきたように思います。
posted by cozy | 2010/12/13 11:16 AM |
god-zi-llaさん、どうも。

そうです、8460にしてみました。
まだ何とも言えませんが、期待してます。
もっとも私の耳は何でも受け入れちゃいます(笑)

お体いかがですか?
お大事にしてください。
posted by mono-mono | 2010/12/13 12:37 AM |
されど電線なんですよねえ。

8460ですか?

ウチもちょっと考え中です。
posted by god-zi-lla | 2010/12/12 11:52 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>