MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
宇宙 日本 代官山 08:00

しばらく足が遠のいていた場所に行ってみるとすっかり街の姿が変わっていた、ということはよくある。
街は生き物、というような表現もあるくらいだ。
クラッシュアンドビルドなんてことも言う。
新しきは古び、古びたモノを壊し、東京は新陳代謝を繰り返す。
もとあった建物、景色は次々と変化し忘れられていく。
久しぶりに代官山から恵比寿への駒沢通りを自転車で走った。

数年前まで、駒沢通り沿いの代官山には、古びた2階建てのお店が軒をつらね、都心にあって素朴な味わいを残した通りだった。
旧山手通りの瀟洒な雰囲気が代官山らしいのかもしれないが、恵比寿に通じるこの通りのどかさが好きだった。
洋服屋、古着屋、美容室といった今風な店の間に、昔ながらの花屋や米屋、弁当屋などが並んでいた。
個人経営の不動産屋の店先には物件紹介が達筆な筆書きで貼られていた。
タバコと駄菓子と生活用品を一緒に扱っているような商店がちょこんと隠れているような場所だった。
それらの古い建物のほとんどが真新しいぴかぴかの高層マンションに変わってしまっていた。
真新しくピカピカになったビルには、真新しいぴかぴかのお洒落な店が入っている。
あるいはこのほうが、「代官山」と聞いて皆がイメージする、都会的な眺めに近づいたのかもしれないと思うと少々複雑な気分になる。

かつて代官山の中心には、同潤会アパートという建物群があった。
無機質なコンクリート住宅が雨風にさらされ年月を経て歴史と趣のある建物に育った。
中央の広場に人々の集う集会所があり、周囲をぐるりとアパートが取り囲んでいた。
そこにはお年寄りから赤ちゃんまで普通の人々の普通の暮らしがあった。
広場に木が茂り、走り回る子供たちの笑い声があった。
その同潤会アパートをつぶして建てた「代官山アドレス」というタワーマンションが、いまだにどことなく寒々とした印象を周囲に振りまいている。
代官山の真ん中は、いまだにぽっかりと穴があいたままのようだ。

代官山の隣、中目黒もこの数年でまったく違った街になってしまった。
渋谷も常に生まれ変わり続けている。
駒沢通りの真新しい眺めの中を自転車で走って感じるこの違和感は何だろう、とずっと考えている。
私は変化を恐れているのだろうか?
これは単なるノスタルジーなのだろうか?







JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| ESSAY | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:00
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








非双子さん、どうも!

「人の手が加わらなくても山の景観は変わります」
「10年単位の変化」
とても素敵な変化ですね!
自然が自然のままに変化してゆくのを感じて生活するって素晴らしいですね。
ともて貴重だと思います。

私の田舎は、山が削られ、沼や池が埋められ、宅地に変わってしまいました。
子供の頃、虫を取った風景は失われてしまいました。
そんな田舎もあります。

私も歳を取りました。
posted by mono-mono | 2010/11/16 11:13 PM |
hiyohiyoさん、どうも!

変わるから面白い、変わらないとつまらない、という意見も大いにありそうです。
私(たち)は変化についていけなくなりつつあるのでしょうか?(笑)
もっとも、それだって決して悪いことではありません(よね?)。

ヒットチャートをしらなくても、「それで?」って強く生きてゆきましょう!
posted by mono-mono | 2010/11/16 11:12 PM |
田舎の自然は変わらない、と思っていましたが、、、

竹林が広がっていたり、銀杏の木が落雷で無くなっていたり
人の手が加わらなくても山の景観は変わります。

ただ、

10年単位の変化、私も歳をとったようです。


posted by 非双子 | 2010/11/16 10:27 PM |
こんばんは。
東京の街は、本当にどんどん変わりますね。
新しいビルが立つと、前に何があったのかさえ、
遠い記憶になってしまいます。

昔は、よく代官山の同潤会の中を抜けたものです。
夜、ぽあんとした灯りがとてもキレイでした。
ヒルサイドテラスは森みたいで、
奥には別の世界が広がっているんじゃないかと
想像したりしていました。
でも、最近はぶらり散歩することもなくなって、
仕事で行く場所だけになっています。
街が変わってしまうことよりも、
そういう自分の心の変化が悲しいですね。

以前は、街が変わっていくことに敏感でしたが、
最近は、変わっていることさえ気がついていない気がします。
テレビも持ってないし、
好きな場所にしか行かないし。
音楽のヒットチャートも知らないし。
なんだか自分時間だけで生きています。
でも、これこそ、まさに年寄りの醍醐味かも…(笑)
posted by hiyohiyo | 2010/11/16 1:02 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>