MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
美味しいコーヒーをいれるために必要なモノ 22:39

雨の日が多い。
ひと雨ごとに気温が低くなってゆく。
10月に入ってぐっと涼しくなった。
暑い暑いと言っていた9月が終わり、気がつけばすっかり秋は深まっていた。
夕方、窓の外を見て、あ、こんなに日が短くなっていたんだ、と気付き驚く。
季節はこんなふうに歩を進めているのだった。

先日、「野田琺瑯 月兎印 スリムポット」を買った。
容量は0.7リットルと小さめのものを選んだ。
使いはじめてから写真を撮ったので可愛い月兎印のシールはすでにない。
このポットは、一見ごく普通のケトルのようにも見える。
これまで使っていたホーローのケトルを、ひとまわり小さくしたように見える。
色もこれまでのポットと同じ白を選んだ。
白はホーロー製品としてはごくありきたりの色だ。

このポットに可愛らしさを感じる。
ディテールをみていると、ボディと注ぎ口が独特の緩やかなカーヴを描いていることに気付く。
ボディはいちばん下の部分がぼってりとしいている。
注ぎ口は鶴が空を見上げているように優雅な弧を描いている。
キャシャにも見える把手は意外と堂々と力強く腰に手をあてている風である。
全体の可愛らしさは、ちょっとしたディテールの積み重ねによってできているのである。

このポットはコーヒーをドリップするために買った。
美味しいコーヒーをいれるために買った。
これまでコーヒーをいれるときは、ホーローのケトルでお湯を沸かしそこから直接ドリッパーに注いでいていた。
今コーヒーをいれるときは、ホーローのケトルでお湯を沸かし、このポットに移し、ドリッパーに注いでいる。

ドリッパーにセットしたコーヒーには出来る限り優しくお湯を注ぐのが良いとされる。
これは美味しいコーヒーをいれるために必要な手順のひとつである。
コーヒーに優しくお湯を注ぐためには、手首の微妙な調節が必要とされ、その微妙な調節を正しく伝えてくれるポットが無ければならない。
そんなポットを探していた。
そして長らく使うであろうそのポットには、機能性だけではなくデザイン性も求めたい。
さまざまに探した候補の中で、この「野田琺瑯 月兎印 スリムポット」が残ったのだ。

秋が深まり、涼しさが寒さに変わってゆく季節には、コーヒーがいよいよ美味しい。
そしてこの新しいポットのおかげでコーヒーをいれるのがいよいよ楽しい。
コーヒーをいれて、この季節にふさわしいレコードを聴こうと思う。


JUGEMテーマ:カフェ・喫茶店
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| COFFEE | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:39
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ドチ様、どうも!

そうですか、おなじポットをお使いでしたか。
ブログを覗いてみたら、おっと赤なのですね。
そしてPluto76さん同様「エンタテイメント」されていると。
素晴らしい。

私、面倒くさいときはインスタントに逃げます(笑)
posted by mono-mono | 2010/10/13 9:52 PM |
コメントありがとうございました、お返事を書き終わり、
mono-monoさんのブログにお邪魔してみたら...
あらま!今まさに湯を沸かしているポットじゃございませんか!
またまたリンクしてしまいましたね!
これはこれは、さっそく引き継いで私も月兔で書いてみたくなるじゃありませんか!

いやしかしPluto76さんいいこと仰りますこと!
「エンタテイメント」ですね、
私自身、珈琲は体が受け付けない日もあるのですが、
いれる作業が大好きなんですよね〜。
香り、時間、なんとも贅沢なひとときだと思っています。
やっぱ、ドリップが好きです〜♪
posted by ドチラサマ〜 | 2010/10/13 10:51 AM |
Pluto76さん、どうも!

これを「ゲット」って呼ぶのですか。
一瞬分かりませんでした(笑)
月兎をゲットかァ。

Pluto76さんは、ネルドリップで「エンタテインメント」しているんですよね!
私も久しぶりにネルドリップ再開しようかなッ!
ますます楽しみになってきたッス。
posted by mono-mono | 2010/10/12 11:48 PM |
ひぃさん、どうも!

cafe moondanceのマスターが何をおっしゃいますやら(笑)
ちょっとご無沙汰してましたが、先日も美味しいヤツをごちそうさまでした。
これからも寄らせて頂きますよ!

とはいえ私も自己満足なので自分の舌に自信なんてありません。
救われます(笑)
posted by mono-mono | 2010/10/12 11:45 PM |
ゲットをゲット、おめでとうございます。
ツキウサギともゲットとも呼ばれるらしいですね。
かわいいですよね。
僕も以前同じく白を使っていたのですが、2代目は黒にしています。
聴きながら湯をわかし、聴きながら抽出し、聴きながら飲む……
と珈琲は手順・作業をもひっくるめて、エンタテインメントだと思っています(笑)。
珈琲生活がより一層楽しいものになりますように。
posted by Pluto76 | 2010/10/12 9:52 PM |
お湯の注ぎ方で味が変わるってよく聞きますが、自分には舌で判別する自信がありませんnnn
むらしも、ほとんどおまじないと思ってやってますw
無粋な男ですんまへん。。。
posted by ひぃ〜 | 2010/10/11 11:19 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>