MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
SSWといえばJTでしょう 14:15

「SSW」とは「Singer Song Writer」の略。
そして「SSW」といえば「JT」、James Taylor。

一般的にはシンガーソングライターって死語でしょうね。
言葉からは、ユーミンとか山下達郎あたりがイメージされるのでしょうか?
私的にはダンゼン、ジェームス・テイラーやキャロル・キングなどが思い浮かびます。
カテゴリー的には、70年代前半に登場した自作の楽曲に内省的な歌詞を乗せてアコースティックなアレンジを施し自分で唄う人、ぐらいなかんじでしょうか。

ジェームス・テイラーといえば4枚目の「One Man Dog」が素晴らしい。
1曲目の「One Man Parade」。
ふわっと広がる音世界が夢見心地にさせてくれます。
アフリカ風コーラスが入ってくるあたり、スリリングでぐっときますよ。
裏ジャケには質素な自宅スタジオってかんじの写真があり、録音風景がかいま見れますよ。
一切タイトルもアーティスト名も入ってない静かな表ジャケットがまたいい。
(注:再発盤やCDではタイトルなど入ってます)
ちいさなボートに乗った1匹の犬とジェームス・テイラー。
名盤です。
私は格安で買ったキズだらけのオリジナル盤を持ってるのですが、ノイズが割に入し、ジャケも傷んでるので買い直しを狙ってる1枚です。
プロデュースはピーター・アッシャー。
バックバンドはセクション。
この辺のことはまたじっくり紹介したいですね。

今回の写真はジェームス・テイラーが唯一、映画に主演した「断絶(TWO LANE BLACKTOP)」の宣伝用ロビーカード。
いや、単なるオフショットかな? 裏には英文タイプ打ちで説明ついてますけど。
ということでアメリカでのオリジナルってことはほぼ間違いなし。
当時日本での公開はあったのでしょうか?
お客さん入らなかったでしょうねェ。
私が見たのは90年代半ばにリバイバル公開された時です。
トランス・コンチネンツがスポンサーだったっけ。

共演はビーチ・ボーイズのデニス・ウィルソン。
ジェームス・テイラーとデニス・ウィルソンはカスタムカーに乗って、賭けレースでお金を稼ぎながらあてもなく暮らしてる青年役。
この2人に謎の少女とあやしい親爺がからむ淡々としたアンチクライマックスな話。
これが暗くて良い映画なんです。
当時は、ジェームス・テイラーにしてもデニス・ウィルソンにしても本人達の曲がサントラに使われてないとか、不満がたくさんあったらしいです。
アメリカでは限定ボックス仕様がでてるようです。
日本版のDVDでないかなァ。


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| MOVIE | comments(1) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 14:15
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








67camperです。mono-monoさん、JTも聴かれるんですね。自分もだいすきです。少しアコギを習っているものでJTはよく教材に出て来るのですよ。これはDon't Let Me Be Lonely Tonightがはいいてるやつですよね。自分は下手でまだあまり弾けませんが、彼のギブソンJ50は憧れです。
posted by 67camper | 2006/03/19 8:47 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>