MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
しりとりのような映画鑑賞 22:27

「パリの恋人」をご存知だろうか。
オードリー・ヘップバーン&フレッド・アステア主演のミュージカルコメディ映画である。
「ロシュフォールの恋人達」と並ぶ私の大好きなミュージカルなのである。
ヘップバーンの可憐さと可愛さがとても印象的である。
全編に渡るアステアの着こなしと素晴らしいダンスがとても印象的である。
もう言葉で言い表せないくらいの傑作映画である。
監督は「雨に唄えば」「掠奪された七人の花嫁」「踊る大紐育」といった傑作ミュージカルを手がけたスタンリー・ドーネン。
公開は57年。
ストーリーはこんな具合。

グリニッチヴィレッジの古書店で働くジョー(ヘップバーン)は、共感主義者である。
彼女の夢は、パリに行って共感主義の元祖であるフロストル教授と語り合うことである。
(この辺りは実存主義のサルトルをもろに感じさせる。黒主体のジョーの服装もまさに)
店番をしていたある日、ファッション紙の撮影に巻き込まれる。
そこでカメラマンのディック(アステア)の目に止まり、ファッション紙のメインモデルに大抜擢されることになる。
ジョーはファッションには興味がないどころかむしろ敵意を持っているが、撮影でパリに行ける聞き大喜び。
果たしてパリでの撮影はいかに???

今回うちのちび達と見たのだが意外なくらい楽しんでくれてとても嬉しかったなあ。
「パリの恋人」はつまり小学校低学年でも楽しめるくらいにシンプルなストーリなのだ。
歌と踊りのシーンがなければもっと良いのに、とはちび2号の小1男子な意見である(笑)

で、この映画のどこがブログタイトルのような「しりとりのような映画鑑賞」なのか?

まずは、8月18日の記事でリンクしたフリッパーズギターのヴィデオクリップの元ネタがこの映画なのである。
扇形の壁にならぶカラフルな扉はさまざまなところで引用されているがこの「パリの恋人」がオリジナルである。
(と書いたがこれも引用だったらどうしよう:笑)
そして続く8月22日の記事では、「Brian Wilson Reimagines Gershwin」を取り上げたが、この「パリの恋人」は全編ガーシュインの曲が使われているからなのだ。

これらに続く記事として「しりとりのような映画鑑賞」をアップ出来れば良かったのだが、気付ば1カ月ちかくたってしまった…トホホ。


最後にこの映画のさわりだけでもご覧あれ。









JUGEMテーマ:映画
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| MOVIE | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:27
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/688
<< NEW | TOP | OLD>>