MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
貸本 23:18

<続報>
ゆたか書房のwebサイトを発見!



残暑厳しい日が続くが、夕方になってちょっぴり涼しい風もカンジられてきた。
久しぶりにご近所自転車クルージングに出掛ける。
江口書店、古書いとう、ブックオフ×2など、三宿から池尻、中目黒と定番の古本屋めぐりである。
その途中、池尻大橋の駅前商店街の奥に気になっている店がある。
その店は、なんと「貸本」の看板を掲げているのだ。
貸本屋さんなんて父親の昔話で聞いたことはあるが、昭和40年代に生まれた私は実際の貸本屋は見たこともないし聞いたこともない。

写真の「新刊貸本 ゆたか書房」は、本当に営業しているのだろうか?
土曜か日曜の夕方に通りかかるのだが営業しているところに遭遇したことはない。
普通に考えれば今の時代に貸本屋が続いているはずがない、と思う。
が、店のこの端正な佇まいからして営業している風である。
とうの昔に閉じているのだったらもっと店構えが荒れていて不思議はないし、場所柄別の店になり看板は変えられているであろう。
たぶん、きっと、まだやっているのだ。
だったら凄い!
やっているということは、この街にはまだ貸本屋を利用する人たちが住んでいるということだ。
良い話ではないか。

検索してみたら「池尻の貸本屋さん」というブログの記事を発見!
http://hmsurya.blog62.fc2.com/blog-entry-20.html
やっぱりやってるんだ!

会員制読書倶楽部なのだそう。
一冊80円で二日間借りられるのだそう。
延滞料は一日20円だそう。
そうだ、ここのならびには銭湯もあった。

どんな本が並んでいるのだろう。
どのくらいで新刊が入るのだろう。
どんな人がやっているのだろう。
どんな人が借りにくるのだろう。
気になるなあ(笑)

渋谷から一駅のこんなところに貸本屋さんとはびっくりだ。
ゆたか書房の会員の方がいらっしゃいましたらコメントください(笑)
池尻大橋ががぜん楽しい素敵な街に思えてくる。
今度入会しに行ってみようか。



JUGEMテーマ:おでかけ・散歩
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| etc | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 23:18
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ゆーさん、初めまして!

会員の方からコメントいただけるなんて驚きました。
ホント、嬉しいっす。
こんどこそ行ってみようと思います。
楽しみだァ〜。
posted by mono-mono | 2010/12/13 11:10 PM |
ゆたか書店の会員です。
日曜休みで月〜土は午後から営業してますよ。
新刊も入ってるし、普通に雑誌も売ってます〜
posted by ゆー | 2010/12/13 11:56 AM |
cozyさん、どうも。

そうなんです。
今どきまさかの貸本屋です。
ラインアップ次第では、貸本も良いかも、なんて思いますマジで。
もうちょっと近ければきっと今ごろきっと入会してていることでしょう。
考えてみれば、マンガ喫茶が貸本屋の役割をしていますね。

貼って頂いたリンクもそうですが貸本漫画本の価値は高値安定ですかね。
タマは絶対に増えないし、状態の良いものは少ないし。
posted by mono-mono | 2010/09/06 10:35 PM |
bobさん、どうも。
「これはきっと秋じゃないか?」くらいに秋が感じられるようになってきました(笑)
しかしまだまだ暑いっすね。

そうでしたか、bobさんは貸本屋体験がおありなのですね。
都会のほうが残っていたようにも思われます。
何しろ人が多いので。
返却が面倒とはまったく賛成です。
レンタル業界は延滞料金で成り立っているとも言われますし。

ゆたか書房に入会して潜入捜査したいのはやまやまなのですが、週末はやってないみたいだし、平日行くには微妙に距離があるんですよね。
しかしどんなお店なのか大いに気になります。
名前も大変に良いですし(笑)

「米穀通帳」って配給のこと?と思いながら調べてみてビックリ。
案外昭和50年代くらいまで制度としてあったようですね。
posted by mono-mono | 2010/09/06 10:26 PM |
小学生の頃 
わが町には2軒 貸本屋がありました。
正確には貸本漫画屋です。

ロボット三等兵と忍者武芸帖がお気に入りでした。
http://www.bidders.co.jp/item/141783559
店内でも読めたような記憶があります。

一軒は履き物を脱いで畳にあがって本を物色しました。
もう一軒はゲゲゲの女房のこみち書房みたいな感じで
駄菓子とお好み焼きも楽しめましたね。

それにしてもいまどき あるのですなぁ。

posted by cozy | 2010/09/06 10:19 PM |
こんにちは
微かですが、秋の気配らしきものが感じられてきましたね。

僕は「貸本屋」を利用したことがありますよ。
小学校入学の頃だったでしょうか、なんか普通に「貸本業」ってありみたいな感じで、近くの商店街には何軒か「貸本屋」がありました。
しかし返却に行くのが面倒だし、そもそも好奇心から利用したような記憶がありますから、実際に利用したのは2、3回でしょうか。

いまでもやっているのは驚きですね。
僕も同様に「普通に考えれば今の時代に貸本屋が続いているはずがない」と思っていましたから。

ぜひ入会をお勧めします(笑)。
僕が入会したとき、身分証明として「米穀通帳」(分かります?)を要求されましたよ(笑)。

ゆたか書房の会員でないのにコメント、スミマセン(笑)。
posted by bob | 2010/09/06 3:47 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>