MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
NAKAYAMA COFFEE STORE REVISITED 16:16

時の経つのは早いものである。
ナカヤマコーヒーストアへお邪魔するのはおよそ4年半振りであった。
母親経由で豆は送ってもらっていたが、訪問は今回2度目である。

前回、ちびがテーブルのコップをひっくり返してしまったり、騒がしくしてしまった。
ちょっと恥ずかしい(笑)
今回は成長したちび達と落ち着いたコーヒータイムを過ごそうと思ったら豆専門店になっていた。
きけば、4年前に喫茶部はやめてしまったんだそう。
ちょっぴり残念。

前回訪れた際ご主人に「お薦めは?」と尋ねたら「オリジナルブレンドです」ときっぱり毅然とお答え頂いたことが思い出される。
私は「ブレンド」といわれるコーヒーをちょっと軽く見ていた節がある。
そのときはじめて「そっか! ハウスブレンドってそういうことか」とハタと膝を打ったのだった。
目からウロコとはこのことであった。

自分の感覚でさまざまな試行錯誤を経て辿り着いたであろう「ブレンド」。
生豆の出来不出来や状態。
仕入先の確保などさまざまな条件を整え、味を均一に保つのはどれほどのことだろう。


今回もその渾身のハウスブレンド、「City Roast Blend」を頂いてきた。
イラストレーター、やなぎもとなおさんのペンによる、コーヒーの抽れ方のリーフレットをつけてくれたので実践してみよう。

・豆をきちんと計る(18グラム×杯数)
・お湯は80〜90℃
・豆にいきわたるぎりぎりの量で蒸らす
・お湯を「置く」ようにゆっくり丁寧に注ぐ(120CC×杯数)

基本的なことですが忘れがち。
つい慌ただしく適当にいれてしまう…。
18グラム120CCでいれるとヘヴィかな、という若干の心配。
普段はもっと軽くして飲んでいるのだ。
しかし心配はまったく無用であった。

濃厚という程ではない。
適度な重みがあって甘みがあってそれでいて爽やかな苦みと後味。
いいなァ。
私はすっかりコーヒーの味わい方を忘れていたようだ。
いかん、いかん。


なお、ナカヤマコーヒーストアとは、静岡県藤枝市にあるコーヒ屋さんである。
やなぎもとなおさんのリーフは読んで実用的でためになるのだが、実に丁寧に作られていて鑑賞用としても素晴らしい出来映え。
お見事!

過去の記事は、こちらからご覧下さい。
この記事を書いて間もなく喫茶部はおやめになっていたということなんだろう。
申し訳ない。






MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| COFFEE | comments(0) | trackbacks(1) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 16:16
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/11 8:24 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>