MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
小さなホワイトアルバム 08:53

LPより小さくて、CDより大きいホワイトアルバムってなァに?
それがこの7インチです。
って違うかァ(笑)

アメリカはキャピトル盤で「Ob-La-Di,Ob-La-Da / Julia」のカップリング。
たぶん活動時の公式な作品ではなく、後年リリースされた企画盤ではないかと思うのですがどうでしょう?
キャピトルのマークからすると70年代中頃以降かな。
とはいえシリアルナンバーも入ってる嬉しいジャケット。
THE BEATLESがエンボスになっていたらもっとよかったのにな。

これ実はテイク違い、とかだったら凄いんだけど。
そんなことないだろうなァ、って聴いてみてもないし(笑)

私はJuliaのつかみどころのない浮遊感が好きです。
深い霧の向こうから逆光のシルエットがぼんやり浮かんでいるよう。
ジョンの声に、虚脱感というか、諦めのようなものがカンジられます。
こういったパーソナルな歌詞では彼のファーストソロアルバム「ジョンの魂」が思い浮かびます。
しかしまだ、あの切実さ、赤裸々さはありません。
ここにあるのはただ、寂しさ、やるせなさ、無力感、諦念そして母への愛。
膝を抱えてうずくまっている少年の姿。
「ジョンの魂」へとつながっていく彼の心の旅はここから始まっているのかもしれません。

久しぶりに見たらスリーヴにシミが出てきてしまっていました。
こんな場合どうしたらよいのでしょうか?
お知恵のある方ご一報くださいませ。
取り敢えずは乾拭き。
アルコールで拭くのはアリかな?










JUGEMテーマ:No Music, No Life


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(4) | trackbacks(2) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:53
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








モスコさん、こちらこそ。
慣れないお仕事にがんばっていらっしゃるようですね。
ポシティブなカンジが良いっす。

あのCDは良くできてますよね。
この小ちゃいのにはおまけはありませんよ。

しかし「ダントツで ”Don't Pass Me By” 」とは!
そうきたかッて具合に最高です。
リンゴらしいオフビートな唄いっぷり。
ホワイト・アルバムじゃないですが、アクトナチュラリーとかもこのカンジかな。

そっかァ、リンゴかァ。
posted by mono-mono | 2008/11/19 8:47 PM |
ご無沙汰しております。

わ、かわいい!初めて見ました、ミニ・ホワイト・アルバム(笑)
あ、ミニ・ホワイト・アルバムと言えば、以前の記事で書かれていたホワイト・アルバムの紙ジャケCD、私も持っています。あれ、オマケもちゃんと出来ててかわいらしいですよね。

私の今現在のホワイトアルバム第1位曲はダントツで ”Don't Pass Me By” なんです。若いときはかすりもしない曲だったのですけど、なぜか今猛烈に好きです(^^;)


posted by モスコ | 2008/11/18 11:48 PM |
音楽好きでも、それぞれに聴いたことのあるレコードって偏りがあるもの。
ということをせんりくんのコメントで改めて認識した次第。
私も相当偏ってるな、といろんなブログ見ていて感じますよ。
そう、ホワイトアルバムは「白紙に戻して」聴く価値ありですよ。
是非お試しあれ!

ジャケットに猫のオシッコ引っ掛けられてはどうしようもありませんね。
致命的だ。

そっか、汚れに消しゴムって方法もあるのですか。
試してみます。
posted by mono-mono | 2008/11/16 9:27 PM |
ホワイトアルバムは、ダビングしたテープで聞いておりましたが
それでも分かったような気になっておりました。
しかし、そのテープを処分した今、曲の記憶と曲名が頭の中でごっちゃになり混沌を極めております。
まあ、もともと、ホワイトアルバムとはそうしたものではありますが。とはいえ、白紙に戻して、ふたたび聞いてみたいと思っています。(笑)

>久しぶりに見たらスリーヴにシミが出てきてしまっていました。

あります。あります。

ぼくの場合、ジャケがツルツルならば、ガーゼに水を含ませて拭き取ります。ざらざらなれば、消しゴムの汚れていない面で擦り取ります。それでも、落ちる場合と落ちない場合あります。

飲み物等のハネ、鼻血、カビは色々やりましたが落ちませんでした。

しかし何より、致命的な汚れというのがこの世にはございます。
昔、友人宅でレコードを聞いた朝方、その家の猫が、なんと、
ビートルズの「help!」のジャケットにオシッコしてしまいました。汚れはともかく臭くて捨てるよりありませんでした。
まさに、「help!」です。(笑)
posted by せんりくん | 2008/11/16 2:21 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/17 11:17 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/20 10:10 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>