MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ン、発売10周年 ?! 17:06

この写真で「発売10周年!」などといったらご覧の皆さんは驚くだろうか?
しかしそれは事実。
写真右のCD「30th ANIVERSARY LIMITED EDITION」が発売10周年ということ(笑)
おまけのカードやポスターもCDサイズできっちり再現している。
(確か)UKプレスしか認めなかったシリアルナンバー入り。
国内初回プレスのLPも世界共通シリアルナンバー入りだったような…?

CD発売から10年かァ。
なかなか感慨深いものがあります。
しかし、あっという間だな。
リリースをリアルタイムで体験されている方には「40周年」というそんな想いもまたあることでしょう。
あっという間だな、と。

ポストパンクの時代に育った私にとってビートルズは「過去」のグループだった。
いろいろなところで名前や曲は耳にしていてもアルバムで聴くようになったのは大学以降。
友人に借りた「Rubber Soul」がはじめてだった。
ジャケットも楽曲も素晴らしかった。
凄いバンドを発見!ってカンジがしたものだ(笑)
「Sgt. Pepper's - -」「Revolver」など次々に聴いていった。

そのビートルズが自らのグループ名を冠した二枚組。
ジャケットは真っ白。
だから通称「ホワイトアルバム」。
驚くべき多様性。
アイディア満載。
止めどなくあふれる才能。
メンバーそれぞれがやりたいことをやりたいようにやっちゃった。
にもかかわらずいちいち凄いハイクオリティ。
これにはまいった。
ビートルズって凄い!
全部が全部ではないにしても…(笑)

私のとってホワイトアルバムは、なにしろジョンだ。
爆発している。
Dear Prudenceにまず驚き。
Happiness Is A Warm Gun、Yer Blues、Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkeyなどこれでもかと畳み掛けてくる。
ロックだなァ。
パンクだなァ。
激しいなァ。
なのに一転、Juliaのようなふわふわした曲もある。
まったくなんというか気まぐれでイカしてる。

ジョージ・マーチンが「一枚にすればもっとよかった」みたいなことを言っていたように思う。
まあ分からないでもないけれど、これはこれとして貴重な記録となった。
結果、ビートルズが解散への一歩踏み出してしまったともいえるが…。

発売40周年経っても新鮮さを失っていないってのがまったく信じられない!









JUGEMテーマ:UK ROCK


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| CD | comments(6) | trackbacks(3) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 17:06
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








bobさんも新譜としてご存知なのですね。
凄いな。

> リアルタイムでの初聴きは“戸惑い”のひと言でした。

文句なくカッコいい曲もありますが、ほんとトータルだと、なんじゃこれ!ですよね。
当時はおさらですね。
良い意味での「裏切り」ってカンジではなく、これまでのビートルズの流れから明らかに逸脱してる曲が…。

> やむなく“部分聴き”という手段を選び

分かります、分かります。
私もお気に入りの曲だけカセットに入れて聴いてましたから(笑)
今では結構好きです、全体に。
レボリューション9もたまには(笑)
posted by mono-mono | 2008/11/10 9:49 PM |
pinkislandさんはやはり同世代ですね。
あれからもう10年ですよ!(笑)

> 秋田のCDショップで1950番の日本盤(輸入盤に解説を付けたものでしたけど)を見つけて、

私のはその日本盤です。
プレスはあくまであっちなんですよね。
しかし若い番号ですね。
何気に羨ましい(笑)

この丸帯のLPはですね、発売当時に買った伯母からもらいました。
CDに買い替えたんでどうぞって。
フフフ。
posted by mono-mono | 2008/11/10 9:43 PM |
発売日に入手とは!
さすがcozyさんですね。
ビートルズを新譜で聴くなんてどんなにわくわくしたことでしょう。
ほんと羨ましいっス。

> レット・イット・ビー(写真集付 後にイラスト集が当たる)

エ?
イラスト集ってなんですか??
写真集も凄いです!
是非とも記事にしてください〜。
見たいですゥ〜。
posted by mono-mono | 2008/11/10 9:41 PM |
リアルタイムでの初聴きは“戸惑い”のひと言でした。
ボリュームがあって雑多で…。
あの頃世評もイマイチだったような気がします。

やむなく“部分聴き”という手段を選び、「~BUNGALOW BILL」の最後拍手の部分に針を落とすことに自然上達してしまいました(笑)。
そんな部分聴き”が祟ったのでしょうね、いまでもその良さがよく理解できないアルバムなんです。

やはりジョンの曲を好んで聴くわけですが、ちょっとヘビーなんですよ、自分的には。
posted by bob | 2008/11/10 5:04 PM |
紙ジャケが発売されて、そうですね10年経つのですね。このCDを最初に買ったのは、新宿のDUでした。ナンバリングされていて、紙ジャケだったので、即買いました。

その後、秋田のCDショップで1950番の日本盤(輸入盤に解説を付けたものでしたけど)を見つけて、買い換えました。

それにしてもmono-monoさん、帯付きの珍しい日本盤レコードをお持ちですね。丸帯はいかしてます。
posted by pinkisland | 2008/11/09 10:34 PM |
こんばんは

ホワイトアルバム
アビィロード
レット・イット・ビー(写真集付 後にイラスト集が当たる)

上記3枚は、ほぼ発売日に購入
レット・イット・ビーは予約
すり切れるほど聴きました。

もう40年ですかぁ・・・
ついこの前のように思っていたのに・・
あの頃と気持ちは変わりません
頭髪が白くなっただけで・・・
アホなんでっしゃろなぁ
posted by cozy | 2008/11/09 10:29 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/11 1:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/11 1:16 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/10 12:18 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>