MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
聴け! 22:46

Brian Wilsonの新譜である。
That Lucky Old Sunである。
DVD付きである。

凄い。

何が凄いって、今じゃ当たり前のようにブライアンの新譜が届くんだ。
暗黒の20年間を考えれば彼の新曲が聴けるだけで感謝しなければいけないってもんだ。
年齢を考えれば当然「人間国宝」レベルだよ。

彼は素晴らしいアルバムを作ってしまった。
テーマはおそらく、「カリフォルニア」であり「自分自身」「BEACH BOYS」。
それをキャピトルからリリースなんだからもう驚く他ない。
というか、キャピトルと再び契約したからこそこのテーマなのかもしれない。

かつて彼は挫折をした。
レコード会社からのプレッシャーやBB5メンバーとの軋轢、父親との確執、そして何より自己のクリエイティビティと折り合いがつけられなくなってしまった。
パブリックイメージとのギャップにも苦しんだだろう。
カリフォルニア、太陽、ビーチ、カワイイ女の子たちに囲まれた健康的な笑顔。

ドラッグの悪影響もあり自分の殻に閉じこもってしまった。
ずぶずぶと暗闇をさまよった彼がこうして真っ正面から過去と向き合うだなんて。
ブライアン凄いよ。

これも、彼のアーティスト人生を掛けて制作に望み、にも関わらず完成させることが出来なかった「SMILE」を37年の年月を経て完成させたことが大きいのだろう。
昔からの仲間、新たな仲間に囲まれて、もう怖いモノなんて無い!って最強の精神状態なのかもしれない。

こうして今作「That Lucky Old Sun」は彼の音楽活動の集大成と言えるアルバムとなった。
涙無しには聴けない傑作の誕生である。


聴け!


それにしても、ジャケットの内側のところに並んでる写真、キャピトルタワーが逆さまなのって………!(笑)









JUGEMテーマ:American Rock


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BEACH BOYS | comments(4) | trackbacks(3) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:46
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








せんりくんもThat Lucky Old Sunをスタンバってるんですね。
楽しみでしょ〜。

> 音楽好きを長年やっていると、何年かにいっぺんこうした音楽好きだったことへの
> 御褒美のようなリリースに巡り会いますよね。

なにしろ「スマイル」後のブライアンの新作です。
ホントご褒美っすね、たまりません。

そういえば最近「アンソロジー」世代って言葉を聞き、ヘェと感慨深かったです。
そう呼ばれるミュージシャンがいるんです。
どの程度通じる一般的な言葉かはナゾですけど(笑)

> う〜ん、ぼく自身生きてて良かった。(涙)(オイ、オイ)

ブライアンが一番そう思ってるに違いない。
そしてそれを聴いた皆が救われる。
素晴らしい!
posted by mono-mono | 2008/09/11 11:36 PM |
聴くって!(ゴメンナサイ)(笑)
ぼくもお給料待ちなんです。(さらに、笑)
 
音楽好きを長年やっていると、何年かにいっぺんこうした音楽好きだったことへの御褒美のようなリリースに巡り会いますよね。
ビートルズの「let it be...naked」の時も興奮しましたが、これにはもうたまりません!
あくまでも、ブライアンの健全ぶりもが何より嬉しいかぎりですが、ここまで、はつらつとした感のあるブライアンもめずらしい。mono-monoさんのおっしゃるとおり、良い精神状態のピークにあるんだろうな。「That Lucky Old Sun」というすげえいいタイトルが何よりそれを物語っているような。

以前、失業中に300円レコードの後期BEACH BOYSを夢中になって漁っていて、そんなことしてる場合じゃないのに、ピークを過ぎたBEACH BOYSも一枚のアルバムを仕立てるだけでも、ぜえぜえと苦しそうで、でも腐ってもタイ、随所にきらりと光る部分をのぞかせて。それに励まされた経験のあるぼくなんかとしては、今回のブライアンの新作。
う〜ん、ぼく自身生きてて良かった。(涙)(オイ、オイ)
posted by せんりくん | 2008/09/11 10:29 PM |
That Lucky Old Sunはいい!
もっとも歴史に残る名盤かと問われれば……それほどではありませんけど(笑)
ブライアンやBB5に参っちゃってる人には絶対にお勧めします。
つまり、モスコさんならきっと気に入るのではないかと。

> 私もDVD付きにした方がいいのかなぁ。

なぜ私はDVD付きを買うのか?
後で「買っとけば良かった」って思うのが目に見えているからです。
こういうのって一度見れば満足して、あとはほとんど見ないんですけど(笑)
手元にあればそれで良いのです!(笑)

> 30歳前後にいったん人生閉めちゃって、50歳前後にまた人生始めちゃったんですからねぇ

これはもう運命としか言いようがないですね。
本人が一番不思議かもしれないし、ある意味つらいかもしれません。

このアルバム、デニス、カールにも捧げられてます。
posted by mono-mono | 2008/09/11 9:49 PM |
聴きます!(笑)
次のお給料待ちです(笑)

mono-monoさん、DVD付きですか。いいですね〜。
私もDVD付きにした方がいいのかなぁ。

ブライアンって、兄弟の中で一番長生きしちゃったんですよね。不思議ですよねぇ。ものすごい生命力があるのでしょうね。一度廃人になったっていっても言い過ぎではないですものね。
30歳前後にいったん人生閉めちゃって、50歳前後にまた人生始めちゃったんですからねぇ。すごいですよ。普通の人の何倍のパワー、そして才能の持ち主なんでしょうか。

ラブ、ブライアン。待っててね♪
posted by モスコ | 2008/09/11 1:12 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/406
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/12 5:55 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/10 7:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/09/10 12:38 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>