MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「村上春樹」のサイン本 11:16

いやいや気が付けば今年もおわりですね。
私は昨日、仕事納めとともに「レコード買い納め」をしてまいりました(笑)。
今はその1枚「バド・シャンク・カルテット」のモノ盤聴いております。
さすがのウェスト・コースター、からっとしたトーンのアルトが実に清々しいですな。
小淵沢みやげのコーヒーのほろ苦さと良くあいます。
まさに至福の時間でございます。

続いては、デューク・エリントンの「ELLINGTON INDIGOS」。
6つ目のモノ盤でございます。
B面ラストの「TENDERLY」が実に素晴らしい。
ジミー・ハミルトンのクラリネットが静かにしずかに唄います。
それをそっと支えるエリントンさんのタッチがまたニクイ。
グッときます。
思わずニヤリとしてしまいます。
もっともこれは皆が寝静まった夜に一人じっくり聴きたい雰囲気ですね。

そうそう今回は村上春樹氏の話をするつもりなのでした。

以前の仕事場のとなりには彼の事務所がありまして、結構な頻度でお見かけしていたんです。
そこは都心の一等地に立つとても素敵なマンションです。
散歩帰り風だったり、ご夫婦での買い物帰り風だったり、ジョギングに出掛ける姿も見たことがありました。
もちろん、私はかなりなファンを自認しておりますので「サインほしいな」と思いながらすれ違っていました。
でも、なにしろエッセイなど読みますと「声をかけてほしくない」とか、「そっとしていてくれ」とか、直接的にではないまでも、そのようなことを書いていますので、

 スイマセン。ファンなんです。サイン下さい!!

なんてとてもいえませんよね。
もちろんこんなこと、他の有名人にもほとんどいったことないですが。
つまり、そんなすれ違いの(?)日々を過ごしていたんです(笑)

そういえばうちの妻とブルックスブラザースにいったら村上さん夫婦がいたこともありました。
妻は春樹氏に扉おさえてもらって喜んでおりました。

ではなぜ、この写真のサイン本があるのか?

これまた奇跡的な話なんですが、忘れもしません、明治公園のフリマでこのハードカバーを手に取ったら、

 「それサイン本ですよ」

ナンて言うじゃないですか!!
びっくりしてしまいましたよ。
しかもプレミアなしの中古値段。
ありがとうございました。
今時こんな話ってあり得るのかな?

それでは また来年。 良いお年をっ!!
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| 村上春樹 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 11:16
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








散歩さん、どういたしまして&どうもありがとうございます!

『あのひとと語った 素敵な日本語』、早速図書館に予約入れてしまいました。
陽子さんの言葉が読めるなんて知りませんでした。
楽しみです。

私のブログの他の記事もご覧いただけているだなんて!
とても嬉しいです。
祖父の作品発見は私だけでなく家族にとって大きな出来事でした。

またコメントいただけたなら、これに勝る喜びはありません。
今後とも宜しくお願いいたします。
posted by mono-mono | 2013/03/05 8:57 AM |
mono-mono さま

まさか、まさか、教えて頂けるとは……。
なみだ、なみだです!! わ〜ん、うれしすぎる。

今の気持ちは、PETER CAT刻印入りレコードを
見つけたぐらいです!!!

ありがとうございます!(気持ちは100回言っているつもりです。)

村上陽子さんのインタービューの本は
『あのひとと語った 素敵な日本語』というタイトルで
ユビキタス・スタジオから2006年に出版されています。
Yさんという名で対談されています。
本は品川図書館で借りました。

イメージと違うなと思う所ももあれば、
村上さんと同志だなと、思うくらい似た所もあります。

『高級』という題材で、家具やマンションやバックについて、
語られています。

本当にありがとうございます。
私は建築家なので、村上さんの好んだ場所を散策したかったのです。
感謝しています。

※mono-mono さまの、ブログをこれからゆっくりと、
全部拝見して行きたいと思っています。
2005年11月、ご祖父様の作品雑誌の発掘の件、とても素敵でした。
posted by 散歩 | 2013/03/03 9:02 PM |
散歩さん、コメントありがとうございます。

村上さんの旧事務所は南青山4丁目のデンマークハウスというマンションに入っていました。
もうないマンションなんので言っても問題無いかと。
青山墓地のとなり、とても素敵な佇まいの「超」高級マンションでした。
http://uratti.web.fc2.com/architecture/remond/denmarkhouse.html
私も一度住んでみたかったのですがその夢は叶いませんでした(笑)。
村上さんとご近所(?)という夢も。
あの辺は散歩にとても良いところだと思います。
お薦めです。

> 陽子さんが、本(あのひとと語った素敵な日本語)で、
> 格差がなくて、住むのに良いと書いてありました。

この本について教えていただけたら嬉しいです!
posted by mono-mono | 2013/03/02 11:17 PM |

はじめまして。

私も、村上ファンです。

何度もお会いして、一度もお声をかけなかったのですね。
立派ですね。 出来る事ではありません。
私なら、後ろから、そっと手を振るでしょうね…。

ところで、mono-monoさんの以前の仕事場は、
どのあたりだったのでしょうか?(笑)

一度、今はもうない事務所跡地を散策してみたいのです。

陽子さんが、本(あのひとと語った素敵な日本語)で、
格差がなくて、住むのに良いと書いてありました。

南青山5丁目?ではないかなぁ?と、ぼんやり想像しています。
嶋田洋書店の南側とか、モロッコ大使館の東側とか、
おおよそな感じで結構です。
旧マンション名なんて、無理ですよね?(笑)

散歩してみたいなぁと思っています。
お手すきの時に、そっと教えて頂ければ幸いです。

※ カンガール日和は、私が初めて読んだ村上さんの本です。
  いいなぁ。
posted by 散歩 | 2013/03/01 5:59 PM |
haTshさん、ありがとうございます!
コメントを嫌がるだなんて、そんなとんでもありません。
ほんと嬉しいっすよ。

そうなんですよ、村上さんとは勝手に縁があるんです(笑)
ただ、村上さんの事務所があったマンションが取り壊されてしまったので、どちらに移転なさったのでしょうかね。
その事務所があったマンションは青山にあるそれはそれは素敵な建物だったんです。
当然、チョウがつく高級物件でしたが。

あんまり自慢すると嫌がられると思うのですが(スイマセン:笑)こちらはご覧になりましたか?
http://mono-mono.jugem.jp/?eid=203
posted by mono-mono | 2011/06/23 11:33 PM |
あんまりコメントしていると、嫌がられるといけないのでほどほどにしておきます。
と、思いましたが・・・このサイン本、うらやましいです。
いいなぁ、いいなぁ。
しかも本人をちょくちょく見かけたなんて、いいなぁ(しつこい)

声をかけなかったmonoさん、偉いです。
エッセイであそこまで予防線張られたら、ファン度が高い人ほど声かけられないですよね。
posted by haTsh | 2011/06/23 10:55 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/38
<< NEW | TOP | OLD>>