MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
PET SOUNDSについて語るとき私が語ること 07:46

1枚のレコードにどれだけ夢中になれるのか?
私にとっての基準となる音楽がここにある。
ブートレッグを買ったのも後にも先にもPET SOUNDSとSMILEだけだ。
いや待てよ、若干他にもあるぞ(笑)

過去にこのブログでBEACH BOYSが好きだとか、BRIAN WILSONは凄いとか結構いってるような気がするが、実際にレコードを年間どれくらい聴いているか?………両手で足りるくらいかな。
せいぜい多く見積もっても両足をプラスすれば十分だろう。

BEACH BOYSのレコードならかなり揃っているし、ボックスセットだって3つくらいあるし、PET SOUNDSならレコードとCD合わせて6・7枚は持ってるし、オリジナル7インチだって、オリジナルLPだってボチボチあるし………。
なんて言ってみても何の意味があるだろう(笑)
私はBEACH BOYSを年に十数回程度しか聴かない男なのだ(笑)
こんなんで「大好き」とかいってて良いのか?
まずいよなぁ。

PET SOUNDSを最初に聴いたのは大学の先輩に借りたCDだった。
一緒に借りた2in1のSURFER GIRL / SHUT DOWN Vol.2とともに繰り返し聴いた。
カセットに落とし、何度も何度も聴いた。
最初は2in1を中心に、そしてだんだんとPET SOUNDSばかり聴くようになっていった。
なんて素敵な音楽だろう、と。
聴けば聴く程新鮮な発見があるのだ。
メロディはどこまでも美しく、複雑精緻なコーラス&アレンジ、天国の響きといっても大げさではないのではないか。

その頃、「最近何を聴いてるの? 」なんて尋ねられれば「BEACH BOYS!」と胸を張って答えたものだ。
「へえそうなんだ…」なんて困ったようにいう相手は「ふんッ、分かってないなァ」と見下していた(笑)
まあ、BEACH BOYSに夢中な大学生なんて相当なマイノリティ、一般的には変わり者扱いだったのではないか(笑)

それからもう少し経って歌詞を読んで驚いた。
恋のわくわく感やその反面の不安に揺れる気持ち、世間に感じる違和感や苛立ち、大人になることへのとまどいそして青春期喪失の不安。
まるで自分の想いが唄われているようだった!
それまでに体験したことのない感動だった。

私の抱えるPET SOUNDS的な不幸といえば、ボーナストラック入りのCDでPET SOUNDSの世界に入ってしまったこと。
キャロラインノーから続くサウンドコラージュでは終わらなかった…。
バナナ〜、ルイーズ〜(笑)

そんなことを思ったのは写真の本を読んでいるから。
村上春樹訳のPET SOUNDS本ということで躊躇なく購入いたしました。
これはアメリカの作家、ジム・フジーリ氏の実に個人的なPET SOUNDSの感想本なんです。
基本的には大変共感して読みましたがところどころ「それはどうかな」と感じる箇所がないではなかったです。
とはいえ、PET SOUNDSを愛するものどうし、軽く聞き流してあげましょう(笑)

それにしてもこの本の帯に「ブライアン・ウィルソン × 村上春樹」ってあるのは、ずるくないですか?(笑)









JUGEMテーマ:音楽



MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BEACH BOYS | comments(10) | trackbacks(7) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 07:46
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








> ステレオ・ヴァージョンを聴いてハッと良いな〜と思いました。

どうしてもモノ至上主義になりがちですが(笑)ぜんぜんありです。
PET SOUNDS BOXのヴォーカルのみのトラックはご存知ですか?
あれ、そうとう来ますよ。

> 遠い昔、この来日公演、テレビで観た記憶があります。

本当ですか!
見たことを疑っているのではなく、そんな番組があったことにビックリです。
いいなぁ。
ビートルズだとビデオになってましたが、ビーチボーイズの来日番組は
歴史に消えていってしまうのですねェ(涙)

> サーフィン&ホットロッド、黄金の60年代♪

ALL SUMMER LONGってカンジですね!!
posted by mono-mono | 2008/03/10 8:30 PM |
「PET SOUNDS」は以前モノラル盤CDを聴いていた頃あまりピンとこず、
ステレオ・ヴァージョンを聴いてハッと良いな〜と思いました。
ふつう逆ですかね?

確か裏ジャケの写真は来日公演のヤツですよね。
遠い昔、この来日公演、テレビで観た記憶があります。

BEACH BOYSは初期のものが断然好きです。
サーフィン&ホットロッド、黄金の60年代♪
posted by bob | 2008/03/10 1:27 AM |
> じゃあカバーをはずして
> 読むようにしますね(笑)

いえいえ、カバーがなくとも本文で分かりますから(笑)
わたくし目が異常に良いんであります。

> わたしにとってのビーチボーイズは、
> 「サーフィンサファリ」なほうです。

hiyohiyoさん、参りました。
素敵すぎでクラクラきますよ(笑)

ちなみにあのジャケットでBB5が着ているペンドルトンのシャツって復刻されているんですよ。
わたくしは愛用しております。
posted by mono-mono | 2008/03/09 10:51 PM |
じゃあカバーをはずして
読むようにしますね(笑)

わたしにとってのビーチボーイズは、
「サーフィンサファリ」なほうです。
なんかきらきらしてて、
それだけでいいのです。
posted by hiyohiyo | 2008/03/09 10:19 PM |
SONG CYCLEのオリジナルですか!
羨ましいっす。
でも私にはまだかなり遠〜い存在です(涙)

> どんな時期においても光り輝く曲が存在します。
> 評価の低い後期のどんなアルバムでさえも。

私、サーフズアップ以降(かな?)はほとんど知りません。
持ってても全然聴いてません(笑)
やばいなァ。
posted by mono-mono | 2008/03/09 10:19 PM |
>私にとって「VAN DYKE PARKS / SONG CYCLE」がそんなカンジです。

えっ!、mono-monoさんもですか、ぼくもこれのオリジナル盤持ってはいるんですが。かなりの間寝かしたままで(笑)
これは、やっぱアメリカ人なら受け取り方違うのでしょうかね。
やっぱ、ぼくだけじゃなかったんだ。

>それにしてもPET SOUNDS以前のBEACH BOYSも皆に聴いてほしいなァ。
そう思いませんか?

いやーこれは本当にそう思います。「ラバー・ソウル」以前のビートルズ。ブライアン在籍時のストーンズ聞いていないのと同じですよね。

ぼくにとってのBEACH BOYSは今だ自分の中で複雑なグループです。
くり返すことにもなりますが、好きな曲とそうでもない曲にあまりの格差があって。
とはいえ、どんな時期においても光り輝く曲が存在します。評価の低い後期のどんなアルバムでさえも。 
posted by せんりくん | 2008/03/09 10:13 PM |
「PET SOUNDS」はこだわって聴き込む価値のあるレコードです。
せんりくんにもそのまま受け入れられる日が来ることを願っております。
私にとって「VAN DYKE PARKS / SONG CYCLE」がそんなカンジです。
これが気になって折に触れて聴いてみるものの今イチピンとこないのですよね。
あ、せんりくんの「PET SOUNDS」のほうが先行ってますね(笑)

それにしてもPET SOUNDS以前のBEACH BOYSも皆に聴いてほしいなァ。
そう思いませんか?
posted by mono-mono | 2008/03/09 8:24 PM |
BEACH BOYS好きになったのはかなり遅くて三十を過ぎてからです。

それまでは、PET SOUNDSはジャケットから、修学旅行、京都・奈良、鹿という連想しか出来ませんでしたし、グループそのものも、サーフィンとビキニの女の子について唄う夏の風物バンドくらいにしか思ってませんでした。

たいぶたってその「PET SOUNDS」を英再発盤を買いましたが、なんだかピンとこなくて長い間寝かせていたくらいです。

そして今は・・・。
「PET SOUNDS」不朽の名盤だと思います。素晴しいと思います。ブライアン・ウイルソンは天才だと思います。無人島レコード!そうですよ絶対ですよ。

だけど、、実は今だにピンとこない部分もあって!(笑)
ぶっちゃけ、好きな曲とそうでもない曲にあまりの格差が。
だから、トータル・アルバムとしてなにかこう・・・。

だが、だが、だけど!(冷や汗)
ぼくはBEACH BOYS大好きですし、(こんなんで大好きといってよいのか、まずいだろう)これからも「PET SOUNDS」を聞き続けることは間違いないと思います。そして、そのピンとこない部分もいつかはピンと来る日が。だって、そんなにカンタンに解ってしまうようなモノでもないような気が。

>基本的には大変共感して読みましたがところどころ「それはどうかな」と感じる箇所がないではなかったです。
とはいえ、PET SOUNDSを愛するものどうし、軽く聞き流してあげましょう(笑)

そうです。このせんりくんのコメントも軽く聞き流してあげましょう。(笑)
posted by せんりくん | 2008/03/09 6:59 PM |
> いわゆる「名盤」としてとり上げられることが
> 多い1枚ですよね。

私自身、PET SOUNDS再評価の時代に知ったので偉そうなことはいえませんが、
サーフィン&ホットロッドのBEACH BOYSも聴いてほしいな、とも思います。
hiyohiyoさんはサーフィン&ホットロッド、かなりいける口でしたよね(笑)

> この本も、バッグの中に入れておいて、
> 少しずつ読んでおります。

電車で隣り合った女性がこの本読んでいたら思わず声掛けてしまうかもしれません(笑)
まさに「素敵じゃないか」です♪
posted by mono-mono | 2008/03/09 5:55 PM |
こんにちは〜。
わたしも買いました。
村上春樹に惹かれて(笑)

「PET SOUNDS」(CD)も持っていますが、
そんなに思い入れがあるわけでなく
聴いているのですが、
いわゆる「名盤」としてとり上げられることが
多い1枚ですよね。

わたしの場合、すぐに読んじゃう本
(ストーリー性のあるもの)と、
ずっと読んでいる本
(短編、評論、エッセイなど)
がるのですが、
この本も、バッグの中に入れておいて、
少しずつ読んでおります。
posted by hiyohiyo | 2008/03/09 11:35 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/05/17 6:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/10 8:03 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/09 7:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/09 2:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/09 12:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/09 10:34 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/03/09 8:44 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>