MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
終わらない夏、永遠の夏 07:35

ビーチ・ボーイズのキャピトル・ドーナツ盤とくればもういうことはありません。
永遠のときめきアイテムでしょう(笑)
黄色とオレンジのくるくる見ただけで胸が高まるというものです。

The Little Girl I Once Knew / No Other (Like My Baby)

タイトルだけみて「キャロライン・ノー」を筆頭とするブライアン・ウィルソンお得意の青春の喪失感がテーマの曲と思っていました。
彼女はもう私が知っていたあの娘じゃないんだ…、みたいな。
ところが歌詞を読めば、かつての小娘が最近見たら超可愛くなってた!という曲なのだった。
ナ〜ンダ(笑)

ヴァイブがポーンとなったあとの異常に(?)長いブレイク。
それが災いして、ラジオでオンエアされなくてヒットしなかったという噂は本当なのか??
クリス・ペプラー氏も「この曲のブレイクはビビル」っていってたな、そういえば(J-WAVEのピストンさんだったかも)。
いきなり音がとぎれるので放送事故と思うらしい(笑)
アルバムには入ってないし、リリース当初は不遇な曲だったかもしれませんが、ブライアン完全復活以降は毎回ライヴで取り上げられるお馴染みのナンバーです。
そうそう、あの長いブレイクと畳み掛けるようなコーラスこそがこの曲のチャームポイントなんですよ。
そしてこのシングル、B面がNo Otherというフィル・スペクター ナンバーというのも素晴らしいではありませんか。
これはおそらくBEACH BOYS' PARTYのセッションでの曲だと思うのですが、このアルバムがまた大好きなのです。
アットホームなカンジでリラックス感全開で仲良さそうで楽しそうで。


The Little Girl I Once Knew / No Other (Like My Baby)
THE BEACH BOYS




Little Girl I Once Knew - Help Me Rhonda
The Fendertones


うっかりこんな素晴らしいモノをYouTubeにて発見してしまった(笑)
フェンダートーンズなるアマチュアバンドらしいのだが、完コピしてるし。
かなり原音を忠実に再現すべくがんばっているのが分かる。
それにしても間違いなく、きっちりスコアに起こしてから演奏してるもんなァ(笑)

JUGEMテーマ:音楽


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| BEACH BOYS | comments(10) | trackbacks(6) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 07:35
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








> カップリングの2曲とは!

そうなんですよ。
この時代の便利さには、ただただもう笑っちゃいます。
レコードなんて買ってる場合か?
もちろん買ってる場合ではあるのですけど(笑)CDすら買わない人たちの
気持ちも分からないではないと言うか、学生なら買ってる場合じゃないよね(笑)
女の子とかケータイとか友達付き合いとかゲームとか他にいくらでもお金かかりますしね。

> 「帰ってきたヨッパライ」とは、あのフォークルのですよね?

そうです。
でもアメリカ盤ではなく普通の国内盤シングルがくるくるのレーベルなんです。
レーベルが見える度に「ハッ」として手に取って、なんだフォークルかァなんて(笑)
posted by mono-mono | 2008/01/28 8:40 PM |
mono-monoさん、お気づかい感謝いたします。
カップリングの2曲とは!
しかも、ヒジョーに興味深いヴァージョンまで。

「帰ってきたヨッパライ」とは、あのフォークルのですよね?。
あれのアメ盤ってあるんですね。 タイトルとかってやっぱ英語なんでしょうね? なんかそれはそれでレアかも(笑)。
posted by せんりくん | 2008/01/28 7:39 PM |
> この盤持っていないどころか、我家には確認する音源もありません。

そりゃ誰でもあらゆる音源を手元においておくなんて無理ですからお気になさらぬよう。
「くるくる」の話が出来る人なんて超貴重ですので(笑)

そんな訳で、本文記事にYouTube動画を追加いたしました。
上のは映像なしでカップリングの2曲が聴けます。
下のはフェンダートーンズヴァージョン。
個人的にビックリ&大受けでした。
よろしければどうぞ。

> ぼくは最近買ったレコードを立てかけておくクセがあるので、この記事読んだ時は、マジで驚きました。
> なぜなら、その“くるくる”が自分の目の前にあるのですから(笑)。

盛り上がる気持ちよく分りますよ。
私も同じような状況で、あるブログにコメントしたことがありますから(笑)

> あれっ? ビーチ・ボーイズじゃないみたいな。

せんりくん、最ッ高ですね(笑)
私も「帰ってきたヨッパライ」に何度ハッとしたことか(笑)
これもくるくるラベルなんですよ。
posted by mono-mono | 2008/01/27 8:09 AM |
この盤持っていないどころか、我家には確認する音源もありません。なんせ、アルバム未収録。ずっと以前にレコード屋さんで一度聞かせてもらったきり。その程度の無責任コメントです。今、聞き直してみれば、まるきり感慨が違ったりして、いや、なんとも、お恥ずかしい限りです。

ぼくは最近買ったレコードを立てかけておくクセがあるので、この記事読んだ時は、マジで驚きました。なぜなら、その“くるくる”が自分の目の前にあるのですから(笑)。

レコード盤面の絵柄みて、興奮しているってのは確かに病んでますよね。世の中、もっと楽しいこといっぱいあるわけだし。

とはいえ、レコード屋の7インチコーナーで、キャピトル・ドーナツ盤を抜く、おっ! 価格は? 手ごろ! うーむ盤質は? まあまあ。 よし!買ったれ!(喜び大)

あれっ? ビーチ・ボーイズじゃないみたいな。


posted by せんりくん | 2008/01/26 11:24 PM |
このくるくる見ただけで胸が高鳴るなんて、せんりくんもなかなか病んでますねァ(笑)
っていうか、私以外にもそのような方がいらっしゃるとは「ホッ」といたしました。

> 恐らくそれは、数多くの失ったもの、それを追悼する意味での沈黙なのではと・・・。

凄い深読みですねェ〜。
こりゃ、私なんかより全然先に行っちゃってます。
とても追いつけません(笑)
追いつけないどころか、既に周回遅れだったのか?!
posted by mono-mono | 2008/01/25 11:16 PM |
ぼくも黄色とオレンジのくるくる見ただけで胸がドキドキします。
そして、偶然、先週、ビーチ・ボーイズのキャピトルのシングル
「SURFIN SAFARI」を買ったばかりです。1000円でした。それもそのはずの汚れありのC盤でしたが。レーベルにもチョコレートもしくは血痕のようなものが付着して。でも、アメリカのティーンエージャーがこの盤聞きながらチョコ食べて興奮して鼻血出したのだとしたらそれはそれで趣きあるのかと。

さて、「The Little Girl I Once Knew」いいですねぇー。ぼくこれ持ってません。しかも、ピクチャースリーブ付き。

これ以降、ビーチ・ボーイズはブライアンの内に秘めたる憧憬を吐露する世界へと入っていきますよね。それをとりあえずのポップスでくるんで。そうしなきゃ商売になんないよと。とはいえ、そこは
ビーチ・ボーイズ。そのとりあえずのものなんかにはなりはしないという・・・。その辺のバランス感覚、シーソー感覚が絶妙のブレンドをかもし出していくわけですが。

“小娘が最近見たら超可愛くなってた!”この単純明解な歌詞こそが実はブライアン・ウィルソン特有の青春の喪失感を端的にあらわしているような気がします。
なぜなら、自分が歳をとった。もう若くないと感じるのって案外そんなことであるような気がするのです。
かってその娘に会った時から、長い年月がたち、あらためて失ったものの存在に気付く、気付かされるような。

単純明解なだけに真実なその歌詞が、もし、自分がすぐ理解できる言葉で、この旋律によって耳にしたら、やっぱ、グッとなってしまうだろうなぁと、そんなことを思います。

“ヴァイブがポーンとなったあとの異常に(?)長いブレイク。”
恐らくそれは、数多くの失ったもの、それをを追悼する意味での沈黙なのではと・・・。

posted by せんりくん | 2008/01/23 11:12 PM |
> BEACH BOYS' PARTYは好きですよ。選曲が素敵じゃないですか。

オオッ!
なんだなんだ(笑)
嬉しいではありませんか。
サーフィン&ホットロッド原理主義って決めつけちゃってました。
最後の行は消去させていただきますゥ。

そうかァ、satoさんはそういうことだったんだ(笑)
その気持ちよく分かりますが、私はあえて(だからこそ?)「大好き!」って言うようにしてます。
まあ、私もその流れの中にいるっちゃいるので(笑)
posted by mono-mono | 2008/01/22 8:51 PM |
> ブライアンが多重録音でボーカルトラック仕上げちゃったそうですね。

「Surfer Girl」って、そんな頃から!
他のメンバーの責任ばかりでなく、ブライアンがやりたかったし出来ちゃったんでしょうけど…。
なんという人生…。

今のブライアンが音楽を心から楽しいでいることを願うばかりです。
posted by mono-mono | 2008/01/22 8:51 PM |
このプリPET SOUNDS期の曲ってのも、また味わい深いモノがありますよね。コーラスのリフとか夜中に酔っぱらって一緒に唄っちゃいますwww
BB5=Brian的な風潮はブライアンを評価する為に反動でなっちゃんでしょうけど。今更ながらですが他のメンバーもブライアンがやばかった時期にもう少しフォローしてくれたなら、評価も変わっていたかもしれません。
蛇足ながら、大瀧さんも指摘していましたが、アルバム「Surfer Girl」で既に多くの楽曲はブライアンが多重録音でボーカルトラック仕上げちゃったそうですね。。。BB5=Brian Wilson 5人分働く?
posted by ひぃ〜 | 2008/01/22 1:18 PM |
こんにちは。
BEACH BOYS' PARTYは好きですよ。選曲が素敵じゃないですか。
SUNFLOWERだってたまに聴きます。
勿論、PET SOUNDSだって音楽的にキライな訳じゃないんです。

BB5=PET SOUNDS/SMILE、というかBB5=Brian的な風潮が大キライなだけです。
posted by sato | 2008/01/22 11:12 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/296
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/27 1:12 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/22 3:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/22 11:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/22 10:28 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/22 8:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/01/22 8:02 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>