MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
モノを大事にするということ 10:37
もうすぐクリスマス。今年ももう終わりですね。ハァ〜
私は好きなモノに囲まれて暮らしたいと強く思っている。
些細な生活道具でも、できれば気に入ったモノを使いたいと思うのだ。
好きなモノを探しながら生活してきた結果、古いものに囲まれて暮らすことになった。
古いモノが必ずしも良いとは思っていないつもりだが、気に入った多くが古いものだった。

音楽が好きだ。
うちでは常に音楽が流れている。
その音楽を奏でているアンプとスピーカーは50年も前のアメリカ製だ。
当時のレコード盤をせっせと買い集めては楽しんでいる。

いま何時だろう? と時計をみる。
壁に掛かる時計は古い日本製である。
時間を知るためだけならどんな時計でも良いはず。
でも私はある日この時計に「出会ってしまった」のだ。

ダイニングテーブルと椅子は北欧からやってきたヴィンテージである。
テーブルの表面は使い込まれてはげはげになっている。
椅子は座面がぼろぼろになり、先日自分で張り替えた。

その上にぶら下がる白磁のランプシェードは、戦前の日本製。
ほのかに黄色い明かりの下、生活している。
ちなみにうちには蛍光灯というものが、無い。
うちの子たちの「あかり」に対する感覚は、他のうちのことはずいぶん違うかもしれない。

このように、うちにあるモノは、どれも私にとって価値あるものである。
他の誰にとっても価値のあるものでは決してない。
私が気に入り、私たち家族が楽しく暮らせるように使っている。
それが私の「価値観」であり、生活の「基準」なのだ。

私の好きなモノの多くは、壊れたからといってすぐに買い替えることができない。
もちろん機能として同じようなものはたくさんあるだろう。
でも、モノとして交換可能ではないのだ。
だから、大事に、長く使っていきたいと願っている。

私にとってモノを大事にするということとはつまり、好きなモノに囲まれて暮らすことなのです。


JUGEMテーマ:アート・デザイン


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| etc | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 10:37
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








haTshさん、どうもッス。

あのとき実は「断捨離」にハラを立ててた時期でして、記事に対して少しピントのずれたことを言った気がします、スイマセン。
断捨離ってなんだか消費社会を循環させるための方便に聞こえるのです。
買うだけ買わせて飽和状態になると「断捨離」させて、まっさらな状態で新たに買わせるという(笑)
だって断捨離に類する言葉って定期的に流行ってませんか?
スイマセン、また怒りがぶり返してきてしまいました(笑)

堀江敏幸さんは読んだことがありませんでした。
がぜん興味が出てきました。
「もののはずみ」から読みたいと思います!
posted by mono-mono | 2011/09/11 7:38 AM |
mono-monoさんが、「断捨離ってよくわからない」と言われるのが
よくわかるエントリーでした。

雑誌「考える人」に作家、堀江敏幸さんのお宅が
載っていたことがあるのですが、
まさしくmonoさんがここで書かれているような感じの部屋でした。
(一緒にしてゴメンナサイね)
posted by haTsh | 2011/09/10 8:46 PM |
> 冷たい色合いと変な音がするので
> 心が落ち着きません。

そうなんですよね。
あの音、気にならないのでしょうかね?

> 炊飯器はありますが それも妻の嫁入り道具で
> 20年近く 壊れずに今も働いていますよ。

おそらくはこのシリーズの先祖でしょうか。
http://ctlg.national.jp/product/lineup.do?pg=03&scd=00001136
わが家でも以前これを使っていたのですが、壊れてしまいました。
それを機に鍋で炊くようになったんです。
もともと保温できないタイプでしたし、炊飯器なんて必要ないじゃん、と(笑)
つまり、うちの子たちは「炊飯器」を知らないで育つんですよ。
posted by mono-mono | 2007/12/10 10:00 PM |
こんばんは。。。
私も蛍光灯が嫌いで嫌いで。。。
冷たい色合いと変な音がするので
心が落ち着きません。
仕事では 仕方が無いのですが
自宅では台所が電球色の蛍光灯以外は
全て白熱灯です。
照度を抑えていますので 電気代も安価。
リフォームを実施後は スタンドを多用して
分散照明にて 落ち着いた雰囲気を楽しんでいます。
炊飯器はありますが それも妻の嫁入り道具で
20年近く 壊れずに今も働いていますよ。
松下製のとてもシンプルな機器でお気に入りです。
便利さは ほどほどな日本製家電が少なくなりましたね。
posted by yayoishibianu | 2007/12/10 7:54 PM |
> ここまでは徹底はしておりませんが。

実は、キッチンと風呂の2カ所に蛍光灯がありました(笑)

気に入ったものがなければ無理して買わない、なんてこともしょっちゅうなんですが、その状態が続くと「そうか、いらないんだ!」ってことに気が付きます(笑)
ちなみに、うちに炊飯器はありません。
壊れて以来、ゴハンは鍋で炊いてます。
posted by mono-mono | 2007/12/09 8:51 PM |
こんばんは
う〜ん、同意見というか同じ主義です。

もっとも、mono-monoさんみたいに
>ダイニングテーブルと椅子は北欧からやってきたヴィンテージ
>ちなみにうちには蛍光灯というものが、無い。
ここまでは徹底はしておりませんが。

子供の頃から店にあって、日常的に使っている物や
画材や筆記具はいまだに学生時代の物が多いです。
posted by cozy | 2007/12/09 5:34 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>