MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
DIG! 21:13

久々に、キタァ〜っていうレコードをハントいたしました。
やった!
行きつけのレコード屋さんの新入荷の箱からサクっと抜いたのがこいつでやんす。

DORIS DAY / WHAT EVERY GIRL SHOULD KNOW

コンディションも上々で、ジャケットに軽いリングウェアと天割れがあるものの、盤はピカっと美しい状態です。

それにしても、女性ボーカルのおいしいところがぎっちりと詰った1枚です。
ソフィスティケイトされた大人の魅力だったり、都会的な雰囲気だったり、そうかと思えば可愛さだったり、コケティッシュさだったりもうたまりません。
曲ごとにヴォーカルの表情が変わります。
これはもう、「永遠の年上女性」的憧れの気持ちがくすぐられますナァ。
実年齢に関係なく、年上感があります(笑)

しかし、いいなァ(笑)

時にこんな出会いがあるからレコード屋通いはやめられません。
このレコードに呼ばれたのではなかろうか? なんて思えてきます。
いやもうまいったな。


またレコードに呼ばれちまったヨォ〜。


裏ジャケットに写るスタジオ風景。
ドリスが編み物してるなァなんて見ていると、その後ろにズラッと並んでるのは銀箱ではないか!


ドリス・デイといえばこれでしょ! というおまけヴィデオです。




JUGEMテーマ:音楽


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(6) | trackbacks(1) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 21:13
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








> ふーん、なるほど、どれどれ、ぼくのレコードは・・・?
> あれっ!二つしかないや!

でも2つあるなんて…うらやましッス。
うちのは時代のずーっとおりた国内盤ッス。
US盤だと全然音違うんだろうな〜ほしいな〜、と思っております。

> クリスマスの足音が少しずつ近付いてきた今日この頃、

もうクリスマス!
そうでした!
あせります、驚きます、時間の早さに。
この時期しか聴けないので、手持ちのクリスマスアルバムを出しとかなきゃ(笑)
posted by mono-mono | 2007/11/24 8:23 AM |
「永遠の年上女性」的憧れの気持いいですねー。
同年代の女の子との交際とはまた違った趣がありますな。
曲がったネクタイをさりげなく直してくれたり、ワインの銘柄を教えてくれたり、ロードショーで初めて座る指定席とか・・・・。(あくまでも想像でやんす)
そして、そうまさに、ドリス・ディにおいては太陽のごとく明るさで、どんな時においても、ケセラ・セラと、年下者を品位公正まっすぐな道に導いてくれそうな気がします。

columbiaの6 eyesについては、ぼくはそれをマイルスのカインド・オブ・ブルーで知りました。オリジナルのそれにはレーベルに目玉が六つあると、ふーん、なるほど、どれどれ、ぼくのレコードは・・・?
あれっ!二つしかないや!

なには、ともあれ、クリスマスの足音が少しずつ近付いてきた今日この頃、monomono邸の古き良きオーディオシステムより流れる温かきドリス・ディの歌声、さぞかし素敵なことでしょう。
posted by せんりくん | 2007/11/24 12:44 AM |
ひぃ〜さんらしい切り口ですね!
しかしテリー・メルチャーさん、お亡くなりになっていたとは…。

そういえばうちにも何故かドリス・デイ「センチメンタル・ジャーニー」の国内盤SPがあります。
posted by mono-mono | 2007/11/23 5:53 PM |
ドリス・デイというと、まずテリー・メルチャーがでてくるBB5マニアが、今ではドリスのSP盤聴いてたりするから不思議なものです。。。
posted by ひぃ〜 | 2007/11/23 11:20 AM |
> これも何かの縁なのでしょう。

「縁」かァ、良い言葉ですね。
まさに一期一会です。
買い逃した忘れられない盤ってありますよ…(泣)
あれ買っとけばよかった!なんてね。

> 重くて厚くて、この時代のレコードはホントに存在感がありますね。

以前、村上春樹氏がエッセイで「手に取った瞬間オリジナルは分かる」といったことを
書いていました。
その頃は、ウソだァ〜??なんて思ってましたが、今は分かるようになりました(笑)
なにごとも経験ですな。
posted by mono-mono | 2007/11/23 8:57 AM |
おお、Columbiaの6 eyesレーベルのドリスデイですか、いいですね。何気なく店に行って、何気なくよさそうなレコードを買って帰ってくる。深いレコードとの出会いですね。

その日その時その場所に行かなければ、買えなかったレコードですから(失敗する事も多いでしょうが)、これも何かの縁なのでしょう。

6 eyesといえば、sarah vaughan/after hours CL660が家にあります。monomonoさんと一緒で、レコード屋でサクッと抜いたものでした。重くて厚くて、この時代のレコードはホントに存在感がありますね。
posted by pink island | 2007/11/23 8:20 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/22 10:16 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>