MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
水色のインパルス 22:25

ジャズに興味を持ってレコードなどを聴いていると、好きなアーティストができて、その人の作品をいろいろ聴いてみたくなってきます。
好きなアーティストのレコードを次々聴いていくと、一緒にプレイしているミュージシャンの名前も気になりだします。
ピアノはいつもこの人が弾いているな、なんていうように思っていると、その人がリーダーのアルバムが出ていたりするのです。
じゃ、その人のも聴いてみよう、なんて思い買ってみたりします。

そんなことを繰り返して、ある程度まとまったレコードが棚に並ぶようになってくると、それらが実は特定のレーベル(レコード会社)からリリースされていることに気付いてきます。
ブルーノート、プレスティッジやリバーサイド、コンテンポラリーなど、レーベルはいろいろあります。
ある日、レコード屋さんで手にしたレコードが、知らないミュージシャンのモノだった時に「おや? リバーサイドから出てるし聴いてみるか」と購入してみたりするようになるんです。

これが「レーベル買い」です。
カッコいいジャケットを一目見て買う、「ジャケ買い」は一般的にも認知されていますが、「レーベル買い」する人は少数派でしょう。
かなりの音楽好きといって間違いないでしょうね。

「レーベル買い」するようにまでなってくると、当然いろいろなレーベルが気になります。
ジャズの世界において有名なレーベルの多くは独立系(インディーズ)です。
つまりは規模の小さな会社が多く、メジャーのレコード会社のようにたくさんの枚数をリリースしていないことが多いのです。
カタログを見ると、数十〜数百枚程度しかなかったりするんです。
そんなとき、ふと良からぬ考えが頭をよぎります。

このレーベルのカタログを全部集たらきっと素晴らしい音楽体験ができるのではないだろうか?

いけません。
ここまでくるとさすがに一線を越えているといって良いでしょう(笑)
間違いなくまともではありません。
誰に頼まれた訳でもなく、ぜんぜん興味のないミュージシャンでも、あるレーベルのカタログに載っているからとりあえず欲しい、だなんてことになるのですから。

前置きが長くなりましたが、写真のレコードの人、「MICHAEL BROWN」をご存知でしょうか?
私はこのレコードを見るまでまったく名前を聞いたことがありませんでした。
ネットで調べてみてもあまり情報は得られないようです。
では何故これをレコード屋さんで見つけて買ってきたのか?

実は「impulse!」というレーベルからリリースされているという意外に理由はないのです。
このレーベルのレコードを集めてみてはどうか、と企んでいるのです(笑)
いまのとこ30枚くらいしか持ってないんで先は長いのですが、impulse!は全部で確か200枚くらいだったので手が届くかな? なんて思ったりしてます。
しかし馬鹿ですねェ(笑)
何やってるんでしょう。
この他にもちらほら気になるレーベルもあったりしております(笑)

「impulse!」は、1960年と比較的新しく設立されたレーベルです。
コンセプトは「THE NEW WAVE OF JAZZ」。
このレーベルは、60年代以降という時代性を反映して、ジョン・コルトレーンやフリージャズの諸作がたくさんラインナップされているのですが、その一方でスウィングジャズ以降の中間派といわれるベテランミュージシャンを起用したセッションも多数あり、私はむしろそちらに魅力を感じているのです。
録音エンジニアは、ジャズ好きならば知らない人のいない、RUDY VAN GELDAR。
かのブルーノートのサウンドは彼の仕事です。

また、ジャケットの美しさもこのレーベルの大きな魅力です。
印象的な写真が配され、コーティングされた見開きのジャケットに、黒とオレンジ色で統一されたデザインが特徴です。
このジャケットの美しさはオリジナル盤を手にした方ならご存知でしょうね。
つまり、「impulse!」は、演奏よし、録音よし、ジャケットよし、と3拍子揃ったジャズレーベルなのですよ。

で、このMICHAEL BROWNのジャケット裏には「THE NEW WAVE OF FOLK MUSIC」と書かれています。
つまり「impulse!」なのに、フォークなレコードだということ。
そして、このレーベルに特徴的な黒&オレンジの色使いではなく、黒&ブルーの配色なのです。
これでセンターレーベルが水色だったら素晴らしいのですが、これには単に白黒の味気ないものがついてます。
これって通常サンプル盤に使用されているものなので、ひょっとすると通常盤として水色のセンターレーベルがあるかもしれません。

このレコード、激レアな気もしますが、果たして欲しい人っているのか?(笑)
「impulse!」のコンプリート目指しているコレクターの間で最も入手困難な1枚だったりして(笑)
内容はなんともほのぼの系カントリーフォークってカンジです。
バンジョーなどの入ったにぎやかで楽しい1枚ですが、「impulse!」のイメージからすると!ビックリ!な内容のレコードでした。

♪♪チャンチャン♪♪
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(13) | trackbacks(5) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:25
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








> この謎は今後の課題にします!

RVGな国内盤ってCTI以外にもあるのでしょうか?
その辺りもどうか是非(笑)
posted by mono-mono | 2007/10/03 8:01 AM |
追記です。
更に確認した所、1500シリーズ全てがRVG刻印入りではないですね。
手持ちの国内盤のシングルジャケは、ほぼ1500シリーズでした。
この謎は今後の課題にします!

因に、CTIの5000番(1976~77)はRVG録音ではありません。
通称PS(Pop Series)というもので、ジャケのCTIロゴにPSの文字が付きます。
posted by sato | 2007/10/03 12:45 AM |
> 手持ちを調べてみますと、1枚だけありました。Freddie Hubbard/First Lightです。

「CTIオリジナル1500シリーズ」の「オリジナル」ってとこに反応してしまいますが、まさか、全部VAN GELDERカッティング?
だったりしたら驚きますね(笑)
posted by mono-mono | 2007/10/03 12:36 AM |
>CTIの国内盤でVAN GELDERカッティングってご存知ですか?
手持ちを調べてみますと、1枚だけありました。Freddie Hubbard/First Lightです。
コレ、キングの「CTIオリジナル1500シリーズ」という1,500円で再発したモノですね。
基本的に原盤で集めていますので、国内盤は気にして見ていませんでした。
今度から1500シリーズは要チェックですねw
posted by | 2007/10/03 12:06 AM |
Eric Dolphyも大変そうですが、スピッツも追いかけるとけっこうなアイテムがありますよね!
CDシングルとかヴィデオだDVDだ、初回盤だ通常盤だアナログ盤だ…こりゃ大変そ〜。
posted by mono-mono | 2007/10/02 11:40 PM |
スピッツと
posted by cozy | 2007/10/02 11:29 PM |
Eric Dolphyくらいです・・
コンプリートと思っているのは
posted by cozy | 2007/10/02 11:28 PM |
> ひぃ〜はそんな大それたこと考えたことありません。
> 慎ましくMilesの演奏が入ったSP盤が全て手に入ればそれで満足ですw

慎ましくって、ひぃ〜さん。
枚数はともかく全然庶民的じゃなさそう(笑)
結局は「全て」だし。
posted by mono-mono | 2007/10/02 11:12 PM |
> 30枚程集めましたが、サブレーベル抜きで150枚位リリースされています。
> まだ1/5ですねw 

インパルスは、200タイトルくらいでしょうか。
まだまだですねェ(笑)
どこまで本気かと問われれば…自分でもわかりません。

CTIの国内盤でVAN GELDERカッティングってご存知ですか?
一枚持っているのですが。
http://mono-mono.jugem.jp/?eid=109
posted by mono-mono | 2007/10/02 11:11 PM |
レーベル・コンプリート・コレクション目指すなんてマニアックな人たちですなぁ
ひぃ〜はそんな大それたこと考えたことありません。
慎ましくMilesの演奏が入ったSP盤が全て手に入ればそれで満足ですw
何枚あるか知りませんが。。。
posted by ひぃ〜 | 2007/10/02 8:46 PM |
30枚程集めましたが、サブレーベル抜きで150枚位リリースされています。
まだ1/5ですねw 

実は、CTIもRVG録音なんですよ。
送り溝に刻印も入っています。
posted by sato | 2007/10/02 6:40 PM |
クリード・テイラーってセンスの良い方ですよね。
でもって見開きジャケ&コーティングが大好き。

http://ja.wikipedia.org/wiki/CTIレコード
で知ったんですが、CTIレコードって、Creed Taylor Issueだったとは!

> もう戻れません・・・・・・・・・・・・

GO! GO! 突っ走れェ〜(笑)
posted by mono-mono | 2007/10/01 10:45 PM |
こんばんは。
クリード・テイラーつながりという事で・・・
ボクはCTIのコンプリートを目指している、一線を越えた者ですw
ジャケットを撮っていた写真家の写真集まで買ってしまいました。
もう戻れません・・・・・・・・・・・・
posted by sato | 2007/10/01 10:35 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/241
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/27 7:21 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/02 8:51 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/02 1:57 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/01 11:47 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/01 10:56 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>