MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
そしてレコードは今日も増えてゆく… 22:59

レコードを必要以上にもっているような「過剰」ともいうべき音楽好きには、特に好きと言うこともないのに気が付けば意外に枚数を持っている、ある意味、「縁のある」ミュージシャンがいたりするのではないでしょうか。
レコードがたくさんある人って、それだけレコード屋を覗いているということなのではないですか?
よせばいいのに(笑)、けっこう頻繁に行く訳です(でしょ?)。

基本的には、欲しいのがあれば買おうかな、程度の気持ちで覗くのですが、実際は欲しいレコードなんて星の数ほどあるのです。
そもそも欲しくないレコードなんてあるのか?(笑)
とはいえ、レコード屋さんをひとしきりチェックしてみるとそんなに欲しいモノがない、なんて日もまああるのですね。

そんなときどうするか?

それまでは、絶対評価としての欲しいレコード探しなのですが、ここで相対評価に頭を切り替えてしうんですねェ(笑)
つまり、今日チェックした中で欲しいのはどれか? と考るのですよ。
ようは、何か買って帰りたいんです、困ったことに。
オケラでは帰れないぞ、と。
そんなことしてるから、ただでさえレコードの収納スペースに頭悩ませてるくせに、どんどん増殖を続けていくのではないか。

私にとっての縁のあるミュージシャンと言えば、このベニー・グッドマン。
キング・オブ・スウィングなんて言って、誰もが知っている名前でありながら、案外きちんと聴いたことない人もいるのでは。
カーネギーホールでの「シング・シング・シング」聴いときゃ良いでしょ、なんてね。
もっとも私も人のこといえたものではないですが、彼のレコード、何故か少しあります、あんまり聴いてないけど(笑)
そんな中、このレコードは時々ターンテーブルに載る1枚。
この10インチは、演奏も録音も素晴らしい好盤なんです。

メンバーは、Red Norvo、Teddy Wilsonに、Slam Stewart。
ドラム、Morey Feld。ギター、Mike Bryan。
曲目も、Just One of those Things、She's Funny That Way、I Got Rhythm なんて美味しいところがいっぱいです。
She's Funny That Way での June Harvey とからむベニーグッドマン御大の音色の素晴らしいこと!
I Got Rhythm で上手いなァ、なんて思ったりして。

おまけにこの盤の面白いのが、ジャケットのつくり。
裏ジャケはボール紙、表にいったっては普通のざら紙なんですよ。
私はこんなジャケットほかに見たことないです。
かなりの廉価版ですねェ。
その点、こいつははじっこちょっとちぎれてるくらいで状態良いです。
盤もピカピカです。

おそらく40〜50年くらいの発売でしょうか。
この時代にはこういう形態での発売はよくあったんですかね?
ご存知の方いらっしゃいましたら情報くださいませ。
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(14) | trackbacks(8) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:59
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








私もデザインに片足の小指のつめの垢ほどに携わってる身でありながら自身のブログはそれらしきことを出来ていないので何も云えませんwww・・・
もちろんmono-monoさんのおっしゃることは良くわかります!
posted by ひぃ〜 | 2007/04/15 1:39 PM |
ダイアルのパーカーとか! 凄い人っているもんですねェ。

ひぃ〜さん。
こういうページだと、もう少しデザインがきれいならもっと素敵に見えるのにって思ったりしませんか?
posted by mono-mono | 2007/04/15 12:30 AM |
>そうそう、この盤ってそもそもSPがオリジナルなんですよね?

こちらでオリジナルSP紹介されていますヨ!
http://www009.upp.so-net.ne.jp/JAZZ-78rpm/78rpm5.htm
posted by ひぃ〜 | 2007/04/13 8:58 PM |
>>ひぃ〜さま
>>Shaolinさま
お二人には感服いたしました。
これまでも、わたくしなんだか知ったようなこと書いてきましたが、はずかしい限りです(笑)
多分これからもとんちんかんなこと書くのでしょうけれど笑って赦してやってくださいませ。

>>Mercury の時みたいにマニアック(?)なコメントができなくでごめんなさい (笑)
いやいや十分ですって。

そうそう、この盤ってそもそもSPがオリジナルなんですよね?
posted by mono-mono | 2007/04/13 8:51 PM |
> RIAAってこともあるのですね?

あ、えっと、1954年だか1955年だかより前にプレスされたものであれば、NAB ということで間違いないと思います。ファーストプレスが NAB でも、のちのちプレスされたものは RIAA でリカッティングされているんじゃないかしら、という意味で書きました。


> Shaolinところのコロンビア盤はどうですか?

えー、それがですね、枚数維持の為売り払ったりして、実はいまうちにはこの時代の Columbia LP が1枚もないんです ... おはずかしい限りです。

けど、このジャケット形状といい、レーベルの特徴といい、RIAA 統一よりずっと前にリリースされたものということで間違いないんでしょうね。Mercury の時みたいにマニアック(?)なコメントができなくでごめんなさい (笑)
posted by Shaolin | 2007/04/13 11:44 AM |
いつもShaolinにはミスを訂正してもらいありがとうございます。
ウチのプリ(マッキンC20)にはNAB (turnover at 500Hz, rolloff -16dB) =LPと表記されているのですが、LPカーブだと判りづらいと思いコロンビアカーブと、とりあえず書いたのでした。。。でも録音カーブ表は完全に見誤ってました、、、
因みに米コロンビア盤10インチはキャピトルの様にRiAA混在はほとんど見受けられない様に思います。ウチの12インチ初期盤でもLP-LPばかりです。自社カーブにこだわりがあったのでは?と推測しています。Shaolinところのコロンビア盤はどうですか?
posted by ひぃ〜 | 2007/04/13 9:44 AM |
ということは、Shaolinさん、RIAAってこともあるのですね?
この時代(1949年)は統一規格がないのですものね。
同じレコード会社でもいろいろなイコライザカーヴがあったとShaolinさんのところで読んだ記憶があります。
しかし凄いなァ。
posted by mono-mono | 2007/04/13 7:43 AM |
mono-mono さんがお持ちのこの盤が RIAA か否かはさておき、
RIAA 前の US Columbia LP だといわゆる NAB (turnover at 500Hz, rolloff -16dB) だと思います。

http://geocities.com/midimagic@sbcglobal.net/mixcompn.htm

のサイトに、グラフィックイコライザで各種カーブを再現する場合のパラメータが掲載されていますが、この表でいうと 500B-16 が NAB にあたります。
posted by Shaolin | 2007/04/12 10:37 PM |
私の駄耳ではこのレコード全然問題ないと言うか、良い音するなァぐらいに思ってましたよ(笑)

>>ぴたっと合わせるとびっくりするくらいいい音に化ける盤もありますヨ。
マジすか! ぴたっと合った音で聴いてみたい!!
ひぃ〜さんはどんなイコライザー(?)使ってるんですか。

うちだと、低音を上げて高音下げるカンジでいいのですかね?
posted by mono-mono | 2007/04/12 9:50 PM |
低音・高音共にコロンビアカーブですと多分ハイ上がりロー下がり。RIAAと差が結構あるカーブですが聴いておかしくなければオッケーだとは思います。でもぴたっと合わせるとびっくりするくらいいい音に化ける盤もありますヨ。。。こちらがお詳しいです。http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~jazzsp/topic/curve.htm
posted by ひぃ〜 | 2007/04/12 9:06 PM |
ひぃ〜 さん、まいりました。
うちにまさかRIAA意外のモノがありうるとは想像すらしたことありませんでした。残念ながら質問にはお答えできません…(泣)
コピーライトが49年のコロンビア盤ってどんなイコライザー・カーヴなんでしょうか? コロンビア独自のカーヴもあったらしいですが…。
トーンコントロールしかないのですがどうやってこのレコードを聴くのがよいのでしょうか?
posted by mono-mono | 2007/04/12 8:31 PM |
うちのEDDY WILSON FEAT BILLY HOLIDAYも表裏剥離しておしますw。同じ大手企業でもcapitalなどはいまだにコーティングのてかりが残る良い仕事をしているのに・・・因みにmono-monoさんの盤はRIAAでオッケーですか?
posted by ひぃ〜 | 2007/04/12 6:40 PM |
67camperさん、とんでもないです、こちらこそコメント&情報ありがとうございます。
そんなんですか、ザラ紙とか封筒仕様とか普通にけっこうあったんですか。こういう素材だと破れやすいので保存に少々気を使いますね。
posted by mono-mono | 2007/04/11 8:53 PM |
mono-monoさん,自分のBGのログにコメントいただきありがとうございます。やはりこの音色ですね。素晴らしいです。
コロンビアのこのシリーズのカバーはこういうザラ紙ですよね。ダイナ・ショアやエリントンの10インチもこんなカバーでした。ブルーベックのファンタジー10インチには封筒にジャケ写を貼付けたような奴もありますね。当時のジャケ制作技術では当たり前なんでしょうね。
posted by 67camper | 2007/04/11 6:24 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/01 7:03 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/06/02 1:19 PM |
カーネギー・ホールカーネギー・ホール (Carnegie Hall) は、アメリカ、ニューヨークのマンハッタンにあるコンサートホールである。古くからクラシック音楽、ポピュラー音楽などのコンサートが頻繁に開催される音楽の殿堂となっている。かつてはニューヨーク・フィルハ
| 『ホール』全国一覧。 | 2007/05/19 2:09 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/30 3:35 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/10 3:40 PM |
スキースノボーアウトレット商品に関する情報のご案内です。
| スキースノボーアウトレット商品案内 | 2007/04/09 4:36 PM |
広島中古マンションに関する情報の特集です
| 広島中古マンション案内 | 2007/04/09 12:00 PM |
サマンサタバサ 財布
| サマンサタバサ 財布 | 2007/04/09 6:34 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>