MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「THE PAUL SIMON SONG BOOK」というタイトルからして素晴らしい 18:18

このポール・サイモンの1st(?)ソロアルバムはいわく因縁のある一枚だ。
その辺の経緯を萩原健太氏がまとめていたので引用させていただく。

  64年のファースト・アルバム『水曜の朝、午前3時』が売れなかったことでガーファンクルが
  大学に復学。
  仕方なくサイモンが渡英し、単身ギター1本で録音した盤だ。
  イギリスでは65年に発売されたが、サイモンに無許可だったため即刻回収。
  なのに、なぜか69年に日本発売。
  その後、74年にサイモンがソロで来日して日本盤の存在を知り、これもまた発売中止に。
  本国アメリカでは81年に5枚組LPボックス・セット“Paul Simon: Collected Works”の1枚と
  してリリースされたのみ。
  以降、収録曲中「リーヴズ・ザット・アー・グリーン」1曲がサイモンの3枚組ベストに収められ
  た以外CD化されることもなく幻となっていた曰く付きの盤だ。

とのこと。
2004年になってCD化されるまではコレクターズアイテムとなっていた訳ですね。
国内でもリリースされていたので激レアってほどではないのでしょうけれど。

私はCDリリース時にこの盤のことを知り、聴いてびっくり!
それまで聞き流していた「The Sound Of Silence」や「I Am The Rock」といったサイモン&ガーファンクル(S&G)のおとなしめな曲が、ここでは実にイキイキとポール・サイモン自身のギターと唄で奏でられているのだ。
商品としてよくできたS&Gヴァージョンに対して、ここでは彼の曲の本質を見ることができる。
さまざまな思いを抱えた、怒れる青年としてのポール・サイモン(といったら言い過ぎかな?)が垣間見れる名盤ではないでしょうか。
ポール・サイモン自身は失敗作と考えていたのかもしれませんが、とんでもない、素晴らしいですよ。
なにせ全編荒削りな弾き語りです。
彼の唄もギターもヨ〜ク聴こえます。

萩原健太氏によると、65年に発売されたイギリス盤は即刻回収、となっていますが、このイギリス盤には2種類のジャケットが存在しているんです。
写真はイギリス盤1stジャケットですが、写真は同じで文字の入り方が違うという2ndジャケがあります。
ひょっとすると2ndジャケのほうがレアだったりするかもしれませんね。
そして、日本盤はまた違うジャケットと、なんだかトッ散らかっているレコードです。
まあ、なにせ本人に内緒でリリースされていたってくらいの怪しい(?)モノですからね(笑)
個人的には、イギリス盤の2ndジャケのデザインが一番好きかな。


☆↓おまけヴィデオ↓☆

こりゃ、けっこう凄いことになってるので↓↓↓是非ご覧下さいね。
STILL CRAZY AFTER ALL THESE YEARS かぁ(笑)
しかしポールのアートへのコメントは洒落になってるんですかね?
全然なってないよね(笑)
このへんに二人の力関係が見えるようで…。



MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(12) | trackbacks(1) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 18:18
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








ワガママおやじさん、情報ありがとうございます。

英国盤の裏ジャケに「Recorded in the U.S.A by CBS Records, a Division of Columbia Broadcasting System, Inc.」という表記があり、これって、アメリカにて英CBS向けにレコーディングしたというように読めませんか?

SONX60054の解説は、やっぱり!ってカンジです。
ポールからするとあのままでリリースしたものの、後で、失敗した!なんて思ったんでしょうね。
posted by mono-mono | 2007/03/25 9:11 PM |
mono-monoさん今晩は!
昔聞いた話では、録音は英国で行われたと聞きました。
傷心旅行かはたまた気分転換かは定かではないですけれど
渡英していた事は事実でして録音日時までは判りませんが、
ロック関係の中古レコード店でも英国録音で有ると言っていました。
もしかしたらその後録音場所がUSだったとの説があるのかも知れませんけど・・

英国で発売はしてみたけれどもポール自身が
「顕現される精神性が余りに生々しすぎ」と考えたためか
回収を行ったらしいです。

SONX60054の解説で回収の見解として↑の一文が載せられています。
そこには日本だけ特にポールサイモンが発売を承諾したもので諸外国では発売されていないとも書かれています。
posted by ワガママおやじ | 2007/03/25 7:40 PM |
NOTさん、コメントありがとうございます。
なんとなんと、NOTさんといえば、「these music suit me well」。
更新が実に楽しみなブログでございます。
いやいや、楽しみというより勉強させていただいております。
コメント頂き恐縮です。

>>以前取上げられていた「BOBBY CHARLES」や「ロデオの恋人」は長年の愛聴盤です。
そんな記事もお読み頂いているとは、お恥ずかしい限りです。
しかしフォーク・ロックも大好きとは嬉しい発見です。
是非「these music suit me well」でも取り上げてくださいませ。
楽しみにしております。
posted by mono-mono | 2007/03/25 11:46 AM |
bassclefさん、どうもです。

>>自分の若い頃の「気合入りまくりの青臭さ」みたいな感じが、
>>どうにも恥ずかしかったのですかね?
>>音楽として、とても魅力的なのに。
まったくおっしゃる通りではないかと。

S&Gでアルバムリリースしたものの思ったようにいかず、ガーファンクル氏はいなくなっちゃうしで、思わずこんな生々しいレコーディングをしてしまったのかな(録音はアメリカのようです)。
それを知らない間に英国でリリースされてしまったら…本人怒り心頭!ってカンジで、ほとぼりが冷めるまで30年必要だったってことなのですかね。
posted by mono-mono | 2007/03/25 11:24 AM |
こんにちわ、bassclefさんや67camperさんのところで時々ご一緒させていただいているNOTです。最近はJAZZ方面に大きく針が振れていますが元々はフォーク・ロックも大好きです。MONO-MONOさんが以前取上げられていた「BOBBY CHARLES」や「ロデオの恋人」は長年の愛聴盤です。さて、うちにも国内盤ダブルジャケの「SIMON BEFORE GARFUNKEL」があります。時々ひっぱりだして聴いていますが、これを聴くと、どういう訳かいつもMONKの仏SWING原盤のソロ・アルバムが浮かんできます。原点は全てココにあるという意味で共通するからでしょうか・・。
posted by NOT | 2007/03/25 10:52 AM |
mono-monoさん、こんにちわ。
ポール・サイモンは、僕も好きなミュージシャンです。この発禁盤?は、CBSソニー盤を買って聴きまくりました。一人でギターを叩いたりしながら怒ったように唄うポールサイモンに痺れました。
サイモンは(どうやら音楽的には完璧主義者らしいので)自分の若い頃の「気合入りまくりの青臭さ」みたいな感じが、どうにも恥ずかしかったのですかね? 音楽として、とても魅力的なのに。
posted by bassclef | 2007/03/25 8:52 AM |
ワガママおやじさん、こちらこそ今後とも宜しくお願いいたします。
是非ともS&Gへの想いたっぷりな記事を書いてくださいませ。
楽しみにしています!
posted by mono-mono | 2007/03/23 11:45 PM |
mono-monoさんさっそくレスありがとうございます。
私ブログネタに困ったいたところなんで
早速ソング・ブック取り上げました。

2枚のジャケUPしました。
SONX60054の方が絶対いけてます。

S&Gに反応してしまうおっさんですが
今後ともよろしくお願いします。
posted by ワガママおやじ | 2007/03/23 9:50 PM |
ワガママおやじさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ「夢見るレコード」経由でサイトなど見させていただいておりましたのでビックリしました。

それにしてもこのアルバムへの思い入れ素晴らしいですね。
私もほんとうに好きな1枚なのでお気持ちはよ〜く分かります。

SOPM107のこと調べさせていただいたところ、イギリス盤の2ndジャケットと同じもののようです。
1stジャケとは反転していますが、どっちが正しいのでしょうかね〜?
posted by mono-mono | 2007/03/23 8:27 PM |
67camperさん、コメントありがとうございます。
このアルバムは全編「あら削リですが良い」ですよね。

実はyouTubeのヴィデオを紹介したくてこの記事書いたんです。
しかし、かなりキワドイい内容ですよね(笑)
posted by mono-mono | 2007/03/23 8:19 PM |
mono-monoさん初めまして!
bassclefさんのブログ夢見るレコードから辿ってまいりました。
私S&G好きで1970年代に集めました。
とはいえ当然田舎の中・高生でしたので、
CBSソニー盤で集めていました。
でこのソングブックですが
SOPM107がUKと同じ写真を使ったジャケが1974年発売
但し2ndジャケと思われるmono-monoさんのとは違うものです。
これはステレオ盤
1970年頃発売のSONX60054
「SIMON BEFORE GARFUNKEL Recorded In 1964」
中身はソング・ブックと同じなんですけど
こちらはモノラル盤なんです。
ジャケは見開くでポールがモノクロで写っている盤です。

ポールが失意のうちに渡英して苦悩の中で録音した盤で有ると思っています。

UK盤幻の一枚ですよね
但し自分は国内盤ですが2枚持っていたので
幻盤て認識は無いです。

尚SOPM107なんですがジャケの写真が
UKオリジナルとは違うんですよ
同じ写真を使っているのですが
何故か人物が左右逆になっています。
mono-monoさんのジャケ写みてなんか違うなと思ったんですが・・

posted by ワガママおやじ | 2007/03/23 1:31 PM |
mono-monoさん,嬉しいな。このアルバム、自分が尊敬するポール・サイモンの中でもとくに好きなアルバムですね。自分のはCDですが、英国盤ですか?mono-monoさん御指摘の"Sound of Silence"の弾き語りバージョン、あら削リですが良いです。あのbass runningを駆使したアコギワークが好きでねぇ。随分研究しました。
追加のyoutubeもしっかり見ましたよ。"Still Crazy ~"は???ですが、幻のギルドF30-Rを抱えてのボクサー!最高です!!!やっぱり自分のアコギの原点です。TBも入れさせてもらいました。
posted by 67camper | 2007/03/23 5:53 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/195
The Paul Simon Songbook/Paul Simon  もうひとつポールサイモン関連でこのアルバムを紹介します。このアルバムは彼らの代表曲サウンドオブサイレンスが大ヒットする前、ポールがイギリス滞在 中に制作されたアルバムです。全編、彼のギターとボーカルのみ
| 67camper's Blog | 2007/03/23 5:52 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>