MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
レコードジャケットの印刷に関する考察 09:33

全国のレコードコレクターの皆様こんにちは。
本日はレコードジャケットの印刷方法に関する私なりの推測をご披露させて頂こうと思います。

古いジャズのレコードを集めているような酔狂な人なら、レコード屋さんなどでジャケットを見ていて、「あれ? 同じレコードの同じジャケット写真なのに、どこか雰囲気の違うものがあるぞ?」なんて思ったことはありませんか?
ふと「どうやらステレオ盤とモノラル盤では写真の使い方がかなり違ってようだ」なんて。
そんな疑問が解決する日がついにきたのです!(笑)

ステレオ盤とモノラル盤のジャケットを並べてみましょう。
すると、思った通りステレオ盤とモノラル盤では写真のトリミングの仕方が全然違う!
これはもちろん、かなり重症のコレクターがかかる名誉ある(?)病ですね(笑)

上の写真はマイルス・デイビス「サンデイ・マイ・プリンス・ウィル・カム」。
コロンピア・レコードから1961年にリリースされた、名盤中の名盤ですね。
ちなみにマイルス御大、コルトレーンともに35歳時の傑作です。
録音時のミュージシャンの年齢なんてほとんど意識しないので新鮮でしょ(笑)
しかもこの2人が同じ年なんて恥ずかしながら初めて知りました。
このレコードは名録音でも有名です。
私はこれのステレオ盤をオーディオチェック用に使用しております。

このジャケット、印刷物としてはこのような状態での刷り上がりなのだと推察されます。
これを青線、緑線でカットします。
そうすることによりステレオとモノラルのジャケットを別々に用意する必要がなくなるという訳です。
ステレオとモノラル、それぞれの売り上げ枚数に応じてジャケット写真を切り分ければ、臨機応変に対応できるという優れた方法ですね。

左の写真はリバーサイド・レコードからリリースされた、ビル・エヴァンス「ポートレイト・イン・ジャズ」のモノ盤です。
ジャケットの裏側上部を裏から見ると、「ステレオ」という文字がちょこっと覗いております。
これでリバーサイドもコロンピア・レコードと同じ印刷方法でジャケットを製作していたことが分かります。

またコンテンポラリー・レコードでもこの写真のようにやっていますので、各社、ジャケット印刷時にはこのような方法でコストの削減をはかっていたのですね。

この手法を使わなかったレコード会社としては、ブルーノート・レコード、インパルス・レコードがあげられます。
このへん贅沢な感じがしますよね。
ある種の誇り高さすら感じるのは私だけでしょうか。
これだけ聞くと当然、

  さすがブルーノート!
  さすがインパルス!!

なんて誉めたくなってしまいますがそう誉めてばかりはいられないのです。

つまり、この2社の場合はステレオとモノラルでジャケットを別々に印刷するので、売れ行きの見込み違いが生じた場合どちらかのジャケットが余ってしまうなんてことが生じてしまいます。
でも会社としてはロスはできるだけだしたくない。
で、どうしたか?

シールを張って対応したんですねェ。
つまり「モノラル盤のジャケットが余ってしまった!」という場合、「ステレオ」ってシールをベタッと貼付けてしまうという強引な方法をとるのです。
う〜ん、これでいいのか?
もちろん、ようは足りてるけれど…、こうなるとコロンビアのほうがスマートなやり方に思えてきます。

とはいえこれはオリジナル盤でのはなし。
コロンビアなどで後年、レコードを再発するときにはジャケットデザインで多少は苦労したでしょうね。
ステレオ盤とモノラル盤どっちのジャケでいくか? なんて会議が開かれたかもしれないと思うと少し笑えます。
それとも何にも考えずに手元にあるどちらかを使ったのかな?
(イメージを刷新するために、まったく別のジャケットに差し替えてしまっている例もありますが、これはまた別の厄介な問題です。)

再発する際には多くの場合、音源もステレオを使用するためステレオ盤のジャケットデザインを使っているようです。
国内盤の場合には、最初からステレオ盤&ステレオジャケットでのリリースが圧倒的なため、オリジナルモノ盤と比べると下の部分が2センチくらい切れた状態になってしまうのです。
つまり、マイルス・デイビス「サンデイ〜」の場合だと、女性の青いドレスは永遠に見ることができないという…。
そうなると青いドレス見たさにオリジナルモノ盤がほしくなったりして…やはり病気ですね。

今回は、67camperさんのブログに触発されて書きました。
ありがとうございます。
またモノ盤の写真は67camperさんのブログよりお借りして私のステレオ盤のと合成しています。

67camperさん、モノシステムの調子はいかがですか?
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 09:33
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








bassclefさん、恐縮です。どうでもいいはなしではありますが、なかなかトリビアなカンジでしょ。
実は、私的にもコンテンポラリーからこのジャケ問題はスタートしてたんです。ある日ふとこのことに気付いて「オオオ!!そうだったのかッ」とひとり大喜びでした。
posted by mono-mono | 2006/04/24 7:20 AM |
おおっ!こういう訳だったのか!と大いに納得できる話しです。
僕も以前からcontmporary盤で「ステレオ」と「モノラル」の表示がなぜ上や下に分かれるのかなあ?と素朴疑問を持ってました。オ同じ写真の1枚の印刷物からでも、上下のカットする位置を変えることで、2種の違うものが創り出せる理屈・・・素晴らしい!(笑)こういう話し・・・なかなか出ませんものね。どうも、thanksです!
posted by bassclef | 2006/04/23 11:27 PM |
表張り、裏張りに分けるメリットを考えていたら「背文字」の入る位置をステレオとモノで同じ位置に出来るからかな、と思っていました。
でもBrubeck、Time Outモノ盤の例だとこの仮説は違っているのでしょうかね。
ちなみにコンテンポラリーではステレオもモノも表張り。
リバーサイドではステレオもモノも裏張りが基本のようです。
当然発売年代にもよるのでしょうけれど。
posted by mono-mono | 2006/04/22 1:37 PM |
さらにわからなくなってきました。BrubeckのTime Outもモノラルオリジナル盤を所有してますが、これは裏ばり方式です。やはりモノ、ステレオで事なるのではなくって工場ですかねぇ???
サムデイ〜は裏のカバーはモノ用、すなわちalso availablle in streoのロゴがあります。
今回は勉強になりました。
posted by 67camper | 2006/04/22 1:20 PM |
67camperさん、こんにちは。
早速ジャケットみてみたら私のステレオ盤は裏ばり方式です。
モノとステレオでジャケットの作りって違うのでしょうかね?
米盤って複数の工場で作られていたらしいので、工場によって作りが違うってこともありそうですね。
しかしここまでいくと推測だらけになってしまいます。
そして新たに気付いたのがジャケ裏。
ここは白黒印刷でステレオ専用のものが張ってありました。
おそらくモノ盤もモノ用ではないでしょうか。
まあ、時代を考えてみるとカラー印刷は高くついたということなのでしょうね。
いや〜、ほんとレコードは奥が深い!!
posted by | 2006/04/22 11:34 AM |
mono-monoさん、TBありがとうございました。フランの服でここまで議論が沸騰するとは思いませんでした。自分のモノ盤カバーまでご採用いただき恐縮です。columbia, riverside, contemporaryがこの方法というのは“確かにね”というかんじです。サムデイ〜に関してはモノラル盤では最後にフロントカバー写真を貼った格好ですが、ステレオオリジナル盤はどうなんでしょう?再発盤では最後にバックカバー写真を貼付ける格好です。だからbottom部分に服の青い線が見えるものがあるんじゃないかと推測しています。
完全な病気ですね!
自分のモノシステムも中域が厚くガッツのあるサウンドで気に入ってます。お薦めいただき、ありがとうございます。ステレオはトーレンス、モノはデノンで聴いてます。セレクターボタンはワンタッチで便利ですが、音を真に追求される方には邪道かもしれませんが・・・
posted by 67camper | 2006/04/22 10:47 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/106
<< NEW | TOP | OLD>>