MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ハワイで買ったランバート、ヘンドリックス&ロス 22:18

先日のジム・ホールに続いてのパシフィック・ジャズからのご紹介。
いやいやこれはワールド・パシフィック・レコードでしたか。
一時期ジャズコーラスにはまった時期がありまして、はまったといってもたいしたことはなく、ジャッキー&ロイとかミルズ・ブラザース、フォー・フレッシュ・メンなんか買い集めたくらいなんですが、そんな中でもこのランバート、ヘンドリックス&ロス(以下、LHR)とジャッキー&ロイは別格に好きでしたね。
音楽性の洒落っぷりも、男女の混声ってところも私のツボにぐっと、ぐぐっときました。

LHRは色んな意味で画期的なコーラスグループといえるのではないでしょうか。
まずはその構成。
黒人白人の男女がひとつのグループになることって、50年代後半のアメリカにおいて結構勇気のいることだったらしいのですよ。
今では当たり前のようになってますが、人種問題って思いのほか新しいというか。
公民権運動だって60年代の話ですしね。

そして音楽性。
「ヴォーカリーズ」ってコンセプト、それはもう画期的です。
数あるジャズの名演奏をアドリブソロを含めて、声(ヴォーカル)で再現してしまおうという、無謀なことに真っ正面から取り組んでしまったわけですね。
そういえばこの辺のことは以前にもここで紹介済みでした。
お時間ありましたらこちらもお読み下さい。

このレコード、表題の通りハワイに行ったときに入手したもの。
たった7ドルだったように記憶しています。
安いですねェ。
バックは、ズート・シムズ、ラス・フリーマン、フレディ・グリーン(!)、ジム・ホール、エド・ジョーンズにソニー・ペインと笑っちゃうくらい素敵なメンバーが参加してます。
これは写真の通りのワールド・パシフィック・ラベル。
WP-1264なんでオリジナルですよね?
ご存知の方いらっしゃいましたらお知らせ下さい。

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS - JAZZ | comments(5) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:18
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








mono-monoさん、自分が所有するインパルス盤はどこにもジャスミンのロゴは入ってないです。センターレーベルは”青空に虹”のレーベルで1980のreissueです。ちゃんとレーベルにMCAのカリフォルニアの住所がありますから米国盤と思います。疑似ステかどうか良くわかりませんがステレオって記載がありますからそうじゃないかなぁって思うのですが・・・
もう一枚はabc paramountのオリジナルモノです。
posted by 67camper | 2006/04/21 12:06 AM |
疑似ステ!?って驚いて手持ちのインパルス盤を聴いてみたら確かにそれっぽいです。ジャケットにそのような記述はみあたりませんが。なお、これはMCAインパルスを英ジャスミンが再発しているというかなり特殊な(?)盤です。
もう1枚の手持ちのABC盤はモノですが、国内モノです。つまりこれのステレオマスターはないってことなんですね。
posted by mono-mono | 2006/04/20 8:55 PM |
自分のインパルスは米MCAの再発です。白抜きのインパルスのレーベルマークの下に"TECHNICALLY AUGMENTED STEREO A-83"と記載されていますので、コレって疑似ステかなぁ?音・・・オリジナルが良いに決まってますよ!
posted by 67camper | 2006/04/20 5:27 AM |
67camperさん、いつもコメントありがとうございます。
ワールド・パシフィック・レコードは'58にパシフィック・ジャズから社名が変わったらしいですが、番号でいうと何番からワールド・パシフィック・ラベルなんでしょうか? ご存知でしたらご教授頂けると嬉しいです。
"Sing a song of Basie"はabc paramountが初出だと思いますが、音はどちらが良いのでしょうか? 個人的にはRVGカッティングのインパルス盤に興味があります。できればオレンジ・ラベルで欲しいですよね。
「LH&Rの白人版」があるとは全く知りませんでした。ドン・セベスキーのアレンジですか、面白そうですね!
そういえば、ロイ・クラールに妹がいるんですね、これも知りませんでした。どちらも興味津々です。
posted by mono-mono | 2006/04/18 8:00 AM |
自分も大好きです。LH&Rいいですね。mono-monoさんのがオリジナルと思いますよ。このアルバムは、自分のは再発盤のヘラヘラカバーの奴ですが・・・伴奏陣が素晴らしいですね。カバーも良いですね。"Sing a song of Basie"はちょっとややこしいですよね。abc paramountとimpulseと両方から出ていますがどちらがオリジナルでしょうかね?
あとLH&Rの白人版ってご存知です?
下のリンクからどうぞ!
http://mb.scatv.ne.jp/~masa10/group.html
posted by 67camper | 2006/04/18 12:56 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/105
<< NEW | TOP | OLD>>