MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
土曜日の夜 22:33

土曜日の夜、渋谷へ行った。
週末の渋谷は、人であふれている。
人ごみをぬって一人ずんずん進む。
センター街を抜けたところでユナイテッドアローズの栗野さんとすれ違った。
黒のロングコートの足許にニューバランスのスニーカーをのぞかせていた。
バス通りを進みHMVが見えてきた。
HMVの店内は珍しいくらい混んでいた。
誰かのインストアライヴがあるらしく、店の奥に機材がセットされていた。

サウンドチェックの音が響く中、レコードを探した。
ロックとジャズの棚をざっとチェックしていった。
カントリーを集めたコーナーを見つけルーヴィン・ブラザースを2枚抜いた。
古いキャピタル盤と、発掘ライヴのラウンダー盤だ。

インストアライヴがはじまった。
ステージの方を見ると少女のような背の小さな女の子だった。
手には包帯が巻かれているのが見えた。
キッチュなエレポップだ。
1曲目が終わるとしゃべりだし、転んで腕を怪我したが骨折はしていないので大丈夫、といった。
会場からはやさしい笑いがもれた。
テンテンコと名乗るそのアーティストは2曲目を唄ってあっさり終わった。

私は再びレコードをチェックしだした。
しばらくの後、耳をつんざくノイズが店に響いた。
エンジ色のギブソンGSを抱えた男性と、ミキサーをいじる男性、その間で金切り声をあげる黒サングラスの女性が見えた。
三人はそれぞれすさまじい騒音を出している。
客の多くは胸の高さにスマホを構え、演奏者を撮影している。
店頭のイベントリストを見ると、「非常階段&テンテンコ」と記されていた。

「非常階段」というバンド名、文字の並びに懐かしさで胸がいっぱいになった。
私が中学生だった80年代、インディーブームのさなか雑誌で見かけていたバンド名だ。
30年の後、渋谷のHMVでその音とメンバーの姿をはじめて知った。
その頃は、スマホもPCも、YouTubeも無かった。
ずっと続けてるんだ。
なんだかジーンときた。


JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| RECORDS | comments(0) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 22:33
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/1011
<< NEW | TOP | OLD>>