MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
「日本がテロに屈することは決してない」と首相は言った 08:50

「イスラム国」と名乗る過激派組織に日本人が二名捕えられ、殺された。
この一連の事件により今私たち日本人の置かれている状況がはっきりしてきた。
「イスラム国」に日本は、「イスラム国」と敵対する国、として認識されている。

次の瞬間、自分のいる場所がテロの標的になるかもしれない。
どこかに安全な場所はあるのだろうか。
自分や家族に被害が及ぶかもしれない。
どこかにそんな恐怖を覚えながら日本で暮らす。
そんな日がやって来た。

日本人の殺害を受けて、安倍首相は「日本がテロに屈することは決してない」と言った。
「テロリストたちを絶対に許さない。その罪を償わせるため、国際社会と連携していく」とも言った。

テロに屈しないとはどういうことだろう。
「テロに屈する」とは、身代金を支払うことなのだろうか。
先方の要求に応じることが、ただちに「テロに屈する」ことなのだろうか。
少なくともこの事件で、国際社会および「イスラム国」との間では、身代金を支払うことはテロに屈することであるという共通認識があることが分かった。

私は決して、身代金を払うべきだった、といいたいのではない。
どうすべきだったのか、私にはまったく分からない。
ただ、こんなことがもう起きないで欲しいと思っているだけだ。
誘拐や拉致、爆弾テロだって起きるかもしれない。
今回同様の、あるいはさらにひどい悲劇が起こるかもしれない。

不謹慎な想像だが、身代金が誰にでも払える金額だったとしたら、日本政府はどうするのだろう。
「彼をとりもどしたかったら日本政府が1ドルを届けにきなさい」などと言われたなら。
1ドルだろうと、身代金を支払うことがテロに屈することなのだとしたら、身代金が支払われることは無いということか。
身代金を支払うことはテロに屈することなのだろうか。
テロリストの要求に応えることがテロに屈することだとして、テロに屈することは「悪」なのだろうか。

テロと引き換えに失われる人の命とはなんだろうか。
何が正義で、何が悪なのだろうか。
私には分からない。
私には、ほんとうに、まったく、どう考えたら良いか分からない。

私は、世界に渦巻く憎悪の感情がただただ恐ろしい。
あるものは憎悪から過激な行動を起こし、あるものはその被害から憎悪をつのらせる。
そんな、感情の連鎖が恐ろしい。


JUGEMテーマ:つぶやき。
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| mono-mono | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
スポンサーサイト 08:50
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








goldenblueさん、どうも。

彼らの行動に対するリアクションがさらなる悲劇を生むかもしれない現状は大変に恐ろしいです。
ニワトリかタマゴかじゃないですが、どっちが先に手を出したかをうんぬんしてもしょうがないです。
悲劇の連鎖をさかのぼっても無意味です。

単なるリアクションではなく、どうこの事態をおさめるか。
難しい問題ですね。
そういう動きは表立っていませんし。

未来にむけて相互理解は大変重要です。
私たち生活者レベルではコツコツ積み上げていくしかありませんね。
posted by mono-mono | 2015/02/10 10:30 PM |
非双子さん、どうも。

世間では、排他的な意見の層が厚みを増しているような気がして不安です。
相互監視社会が助長されないことを祈るばかりです。
人々がイメージする「より良い社会」の幅が狭まっているとしたら残念です。
多様性、他者を受けれる姿勢、を無くしてはいけないような気がするのです。
posted by mono-mono | 2015/02/10 10:25 PM |
mono-monoさん、こんばんは。
彼らがどうしてこういう行動を起こすのか、ということを、狂信的だと一方的に決めつけずに、本当に掘り起こして対応しない限り解決はされずに憎悪の連鎖が広がっていくのだろうな、という気がします。
武力でねじふせると必ず遺恨が残ります。
彼らの事情を掘り下げることと、テロに屈することは違うはずですが。
「外国人が殺されると世界は騒ぐけれど、シリアでは空爆で民間人の命が奪われている」というもう一方からの事実(見てないので事実と断言はできませんが)から見たとき。結局ひとの命というものは力を持っている者が恣意的に決めてしまえるものなのかな、と悲しい気持ちになります。
このことに乗じて世論が海外派兵などの方向へ流れてしまわないために、声をあげなくては、と思います。
posted by goldenblue | 2015/02/10 12:00 AM |
身代金で「イスラム国」は何人の兵士を雇えるんだろう?
そして、その兵士が敵対する国民を何人殺害するんだろう?

「ヨルダン軍パイロット」と「日本人ジャーナリスト」
人間の価値って誰が、如何して決めるの?

結論は出ませんが、、、、

世の中、何かおかしい、でもどうすればいいんでしょうか?
平和な生活に必要なのは、宗教だけではないような気がします
posted by 非双子 | 2015/02/09 8:21 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://mono-mono.jugem.jp/trackback/1010
<< NEW | TOP | OLD>>