MONOmonologueモノ(物→コレクション)とMONO(モノラルサウンド→レコード)をこよなく愛するオヤジの徒然日記。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ひとりWILCO 07:41

アメリカのオルタナバンドWILCOの中心人物、ジェフ・トゥイーディがソロアルバムをリリースすることを知り、楽しみにしていた。
アマゾンに予約を入れて、早速買ってみた。
届いてみたら、ソロ名義ではなく、息子とのプロジェクト「TWEEDY」だった。
息子のスペンサーは18歳のドラマーで、すでにWILCOのヴィデオクリップの監督もしているのだそう。
そういえばYouTubeで共演している動画などを見たことがあった。

WILCOをご存知の方であれば、ジェフ・トゥイーディこそがWILCOであることは周知の事実である。
彼が作ったバンドであり、ほとんど彼の曲を演奏しているのだから。
そのジェフのソロとなれば内容の想像はおおよそできると思う。
実際、そのとおりである。
アメリカンロック、オルタナティブロック、フォーク、カントリーなどが混ざりあった「ロック」である。
つまり、ひとりWILCOである。
予想を裏切らない素晴らしい出来である。

WILCOの音楽は90年代の結成当時、オルタナカントリーとよばれていた。
ポップなメロディに、カントリー音楽の文法を引用しその香り漂わせつつ、ひずんだギターの爆音で演奏する、というスタイルであった。
WILCOはアルバムごとに、少しづつ音楽性を変化させているが、バンドの音楽性に大きな変化と人気に飛躍をもたらしたのが4枚めのアルバム「YANKEE HOTEL FOXTROT」であった。
このアルバムからWILCOは、カントリー色を排し、オルタナ寄りの音作りへ大きく方向を変えたのだった。
このアルバムからドラマーとして参加したのがグレン・コッチェである。
ソニック・ユースやジム・オルークなど、オルタナ〜音響系にも人脈をもつモダンロックドラマーである。
グレン・コッチェの参加についてジェフ・トゥイーディは当時「彼のサウンドが今のWILCOにフィットした」というような発言をしていたのだが、この言葉が私にはとても印象に残った。
それまでのドラマーは、オルタナカントリーサウンドにフィットするスタイルであった。
グレン・コッチェは、一見なにげないシンプルなドラムのように聴こえる。
が「YANKEE HOTEL FOXTROT」以降のWILCOサウンドの要は、グレン・コッチェのドラムである。
グレン・コッチェが脱退してもWILCOは続くかもしれない。
が、今のWILCOサウンドは確実に失われるであろう、ということなのだ。

WILCOは、ジェフ・トゥイーディのバンドと言って間違いないと思う。
そのジェフのプロジェクト「TWEEDY」である。
CD2枚組20曲。
ハードな曲から、メロウな曲、秋風を感じるような枯れた曲など聴きどころ満載である。
そしてスペンサー・トゥイーディ。
彼のドラムが良い。
若々しい溌剌としたプレイでありながら、ときに奇妙で変態的でもある。
モダンであり、古風でもある。

このアルバムを、ジェフ・トゥイーディが目に入れてもかわいい息子と遊んでるんでしょ、なんて思って聴かないでいるとしたら、損をするので買うように(笑)。


このヴィデオクリップにグレン・コッチェがちらっと出ているのがまた良い。






JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| WILCO | comments(7) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
THE WHOLE LOVE 20:33


みなさ〜ん、忘れちゃいませんか?
ウィルコの新作がリリースされていますよォ〜。
早く手に入れないと■□なことになりますよォ〜!

なんてネ(笑)。
しかし、■□なことって何だろう?

そう、WILCOの二年振りの新作がリリースされました。
待ちに待ったニューアルバムです。
考えてみれば、彼らが今の6人のメンバーになってから三枚目のリリースです。
メンバーが固定されている期間がWILCO史上もっとも長いのではないでしょうか。
今作においても作詞作曲はすべてジェフ・トゥイーディとなっていますが、彼の各メンバーへの信頼が随所に聴き取れるような気がします。

特にリズム隊のジョン・スティラット(b,vo) 、グレン・コッチェ(ds) への全面的な信頼を感じます。
一曲目の「ART OF ALMOST」は、ジェフが得意とする、テンポは決して速くないのに疾走感を感じさせるハードな曲です。
これまでとは少し印象の違いを覚えました。
それがどこにあるのかと考えて、リズム隊が主役と言える仕上がりになっていることに気付きました。
ある意味ハードバップジャズのようにリズムが主体となっているといったら言いすぎでしょうか。
グレン・コッチェのシンバルワークが、ジョン・スティラットのうねるベースがぐいぐいと曲を疾走させるのです。

アルバムを通してネルス・クライン(g) には要所で完全に自由な空間が与えられています。
パトリック・サンソン(key, g) は共同プロデューサーに名を連ねています。
では、マイケル・ヨルゲンセン(key) は?
彼は完全なる黒子にしてリズム隊の一員と考えるのが一番しっくりきます。
彼らリズム隊の三人を現代の「オール・アメリカン・リズムセクション」といったら誉めすぎでしょうか。

webサイトでの全曲試聴は我慢していたので、まだ聴き込んでいない段階なのですが、このアルバムの印象は「アメリカン・ロック!」というカンジです。
WILCOはそもそもアメリカン・ロックじゃん、とあなたがおっしゃるのなら確かにそうかもしれません。
しかしこれまで「オルタナティブ」な雰囲気を多分に感じさせる音作りをしてきた彼らが、今作において初めて「オルタナティブ」な要素より、曲そのものの輪郭を際立たせたよう思われるのです。
際立たせたというと言いすぎかもしれません。
平等に扱ったと言ったほうが良いかもしれません。
もちろんもちろんいつだって、ジェフ・トゥイーディの書く曲はギター1本で成立するしっかりとしたメロディが核となっています。
だからこそ、これまでは曲に頼り切らない音作りを行ってきたのでしょう。

ジェフ・トゥイーディは、今回のニューアルバムの制作にあたって何かを吹っ切ったようです。
「WILCO」に対して必要以上に追い込んでいた自分を解放することが出来たようです。
インタビューでそのように語っているのを読みました。
つまり、セルフタイトルをつけた前作以上に「WILCO」なニューアルバムという訳です。
ではじっくりと聴き込むことにしましょう。

みなさんも、是非聴いてみてください!

個人的にはボーナスディスク付きの限定盤をお薦めいたします。
ボーナスディスクはDVDではなく4曲入りのCDです。
56ページもあるブックレット付きです。
こだわりのデザインがとても良いです。

あと、クレジットをみていたら、マスタリングはボブ・ラディック※でした。
CDに「RL」の刻印は入ってません(実は未確認:笑)。
いやあ、さすがWILCO、分かってるなァと思って過去のアルバムクレジットをみてみたら、ここ3作くらいは
すべてボブ・ラディックでした。
分かってないなあ、自分(笑)。

※ボブ・ラディック
数多くの名盤制作にかかわっているマスタリングエンジニア。
彼がマスタリング&カッティングを手がけたレコードの内溝には「aterling RL」という刻印が入っている。

 

 




 

 


 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:No Music, No Life

 

 

 

MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| WILCO | comments(2) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
WILCOのドーナツ盤 20:49

アマゾンで注文したWILCOのドーナツ盤が届いた。
「入荷が遅れておりお届けは8月下旬」ていうメールが来てたのに、嬉しい誤算だ。
やったやったと大喜びしながら開封してみると・・・





ああなんてことだ、がっかりだ…。
思ってたのと違ってるじゃないか。
だって、オフィシャルサイトで見た時には、青系の透明なディスクだった。
なのに届いたのは素っ気ない普通の黒いディスク。
エエ〜、そんなァ〜。
透明と黒だったら黒がレアなんだよ、とか仮にいわれても私はだんぜん透明がよかった!(笑)
オフィシャルサイトをあらためて確認してみると、透明と黒の両方写ってる…。
…まさか選べたりはしなかったんだよね…。
ま、しょうがない。

このシングル「I MIGHT」は9月発売予定のニューアルバムからの1stシングル。
疾走感あふれる、しかしちょいすかすかしたカンジのナンバー。
ファズベースがブリブリいって、チープなシンセがピーピー鳴って最高にイカシてる。
ローギアでぐっとアクセルを踏み込むような疾走感が気持良い。
そして新しいウィルコを感じさせる「I MIGHT」に、アルバムへの期待はいやがおうにも高まる。

カップリングはニック・ロウのカヴァー。
このシングルは自身で立ち上げたニューレーベル「dBpm Records」からの第一弾リリース。
だから「I LOVE MY LABEL」なんだね。






JUGEMテーマ:No Music, No Life
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| WILCO | comments(4) | trackbacks(0) | posted by mono-mono
Exclusive Wilco Song 22:57
Thursday, October 30, 2008
Wilco performs "Wilco the Song," an exclusive Colbert Report world premiere. (03:19)




10月30日に「The Colbert Report」という番組に出演した際に披露されたウィルコの新曲。
カッコいいなァ。
シンプルでエッジが立ってて、そのくせ肩の力が抜けている。
カル〜イかんじでドライブしてるのが素敵。
そしてジェフはますますオヤジ度を増し、どんどんかっこ良くなっていく。
いいぞ(笑)

あと、ウィルコのサイトでは、WilcoとFleet Foxes の“I Shall Be Released”が無料ダウンロードできたりします。
いつまでできるか分かんないんで急げッ!


では折角なんでもう一曲。




こんなのもあった↓
ご当選おめでとうございます。
私が思う以上に凄いことなんだろうなァ。




JUGEMテーマ:No Music, No Life


MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| WILCO | comments(0) | trackbacks(2) | posted by mono-mono
BLUE SKY BLUE 16:32

WILCO 待望の新作「SKY BLUE SKY」が5月15日にリリースとなった。
1カ月くらい前には彼らのオフィシャルサイトで全曲試聴可能になっていたが、CDが来るまで聴くもんか、とがんばっておりました。
3年ぶりの新作がやっと私にも解禁となりました。

実は全曲試聴可能になる前に、1曲試聴期間ってのがあって、「WHAT LIGHT」は聴いておりました(笑)
MP3ダウンロードができたので、iTunesに入れて聴き込んでいたんです。
1曲くらいいいですよねぇ。

この「WHAT LIGHT」がホントにいい曲でね。
60年代のボブ・ディランっぽくもあり、ラップ・スティールがス〜っと気持ちよく鳴っています。
ちょっとヤンキーホテル以前のWILCOっぽいともいえる名曲。
ざらついたアコースティックな質感が気持ちいいんです。

前作「A GHOST IS BORN」でオルタナ部門のグラミーをとったあと、新メンバーが加入し、その間メンバーのソロ活動もあり、長いツアーがあり、その集大成のライブアルバムは米各紙で絶賛。
この「SKY BLUE SKY」は、ライブで鍛え上げた新生ウィルコの真価を問うニューアルバム、な訳ですな。

「A GHOST IS BORN」とその前の「YANKEE HOTEL FOXTROT」は、完璧に作り込まれたオルタナティブにしてミニマルなポスト・ロックサウンドでした。
その雰囲気を期待して聴く人にはどうだろう?
ジム・オルークやソニック・ユースといった流れでウィルコに辿り着いた人にはあまり楽しくないかも。
楽しくないとは言い切れませんが、オルタナな雰囲気は弱まり、なんというか、当然ですが、バンドサウンドな訳です。
オルタナなWILCOに私もどっぷりとはまっておりましたが、オルタナカントリーの最高到達点ともいうべき名盤「BEING THERE」でWILCOと出会い、前身バンドともいうべきUNCLE TUPEROに遡っていった人間なので、今作もかなりよい出来映えです。

このCDには、箱庭的精密模型から壁を取り去ったら見えてきた広い世界、とでもいうような開放感があります。
まさに、「SKY BLUE SKY」。
「A GHOST IS BORN」や「YANKEE HOTEL FOXTROT」はもちろん素晴らしいけれど、そにずっととどまっていることはできないんだよなァ。
だよね、ジェフ。

レーベルとの契約問題、メンバーとの対立・葛藤、薬物依存。
「YANKIE HOTEL FOXTROT」以降、ジェフ・トゥイーディは実にいろいろなモノと戦い続けてきた。
「I am trying to break your heart」と宣言せずにはいられないくらい追いつめられてもいたのだろう。
そして今や、WILCOはアメリカを代表するバンドにまでなった。
そして今、ジェフはやさしく語りかける。

  If you trying to paint a picture
  But you're not sure which colors belong
  Just paint what you see
  Don't let anyone say it's wrong
    ーWHAT LIGHTー


しかし、今作においてもロッキン・オンは完璧に無視を決めこんでいる。
洋楽各誌も同じようなものだろう。
なぜ?
私の知っている限り、唯一ミュージック・マガジンがWILCOを追いかけているくらい。
最新号にレヴーがのってます。
ザ・バンドやデッドの「アメリカン・ビューティー」などを引き居合いに出してのベタボメ状態。
まあ、ザ・バンドやデッドより、もっと素直に、ディランにビートルズ、ニール・ヤングのほうがよっぽど分かりやすいし直接的じゃん、と思いますが、まあいいか。

「ザ・バンド」に「デッド」、そしてWILCO。
どれも日本では売れてないよね〜(笑)

驚いたのは、東京メトロのフリーペーパー「metropolitana」で「SKY BLUE SKY」がお薦めされていたこと。
ライターの方の一方的な好みだとは思いますが、嬉しかったなァ。
オオ!こんなところにWILCOの記事が!って。
これをきっかけにCD買う人がいたらいいなァっておもいました。


しかし、東京メトロっていくつフリーペーパーだしてるの??
MONO商店入口

WEBショップ「MONO商店」は小さなお店です
音楽が大好きなあなたへ
もっと音楽を楽しむための
ささやかなMONO(モノ)をお届けします
>>上の画像をクリックしてください<<

| WILCO | comments(0) | trackbacks(28) | posted by mono-mono
| 1/2 | >>